2016年08月25日

16年黄昏の初鮭狙い

昨日(24日) 台風一過の後の黄昏にサケ狙いをしてきました。

釣り人は河口に大勢押寄せていますが釣果はさっぱり見当たりません

160824 ntk.jpg

稀に捕らえた人もいるようですがキャストしては浮きに絡まるゴミを解している時間ばかり

160824ntk-3.jpg

台風11号、9号と北海道には珍しく連荘で上陸したため海にはうねりが残り、ゴミが浮きとても釣りになる状況ではありませんでした。

160824ntk-2.jpg

この週末も天気がぱっとせず、今年のサケ釣りは天気に悩まされそうです。

posted by key (キィ) at 20:32| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

16年河口祭り

台風の影響だとかで太平洋沿岸は雨と高波で本祭りにも影響が出ているようです。

霧に包まれた磯には時々うねりが押寄せラジオ・TVでは警報注意報が頻繁に発令されております。

160820 nisikioka.jpg

台風も揃って北海道太平洋を目指していて、NoナインとNoイレブンは年に一度の逢瀬らしく人目もはばかることなく合体したいとNoナインが後ろを追い回しています。



そんな悪天候にもかかわらず某河口では今年も約二週間のロングラン河口祭りが始まりまして朝夕の山車が出る時間帯には大挙してロッドを持った観客が山車担ぎに参加しようと河口に押寄せています。

160820 nisikioka2.jpg

これは今日20日の夕方5時頃の様子です。

雨が降り、時々うねりが寄せる中、一心不乱にロッドを振っております。


そして時々高波で洗われる導流堤ではタモ網を持った人々が鮭をすくおうとライジャケも着けずに網活していました。

160820 nisikioka4.jpg

160820 nisikioka3.jpg

毎年繰り広げられる光景ではありますが、一たび災害が発生すると立入禁止や取締りやらと他人様にも迷惑となります。

どうか身の安全にはご留意頂きたいものだとしみじみ感じるしだいでございます。


そしてこれも毎年の事でありますがゴミの散乱には目を覆うばかりです。

せめて自分で出したゴミぐらいは持ち帰っていただきたいものです。

サッカーのサポータの姿を少しは見習えないものかと、釣り愛好家のマナーの失墜に情けなくなりますね。


さて、建設業界で生計を立てる身としましては夏の繁忙期に河口祭りに参加できるチャンスは日曜の2回ほど、なんとかこの週末に雨が止み、波が穏やかになるチャンスはないものかと天気予報とにらめっこをしています。


posted by key (キィ) at 20:00| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

2016夏 竿おろします

昨年は良い情報も殆ど聞かれず不漁と言われたカラフトマス

遇数年の今年も不良なのか、13日の午後さっそく現地調査に向かい、某港に到着

陽も高く、おまけにオホーツクと言うのに猛暑、浜には釣り人4名ほど、いつもならずらりと砂浜に並ぶ車も殆ど見られず1台のみ

海水は濁りが入り、期待できるような状況が見当たりませんが、ここで一投してみましたが

160813saruru.jpg

予想通り、釣れる気配無くここを後に。


隣の河川に着いてみると例年ほどは車有りません。

さらに河口がすっかり様変わりしておりました。

夕マズメ、20名ほどもいたでしょうか、ポツポツと釣果は上がっておりました。

明朝の出撃はこの場所とすることで1日目は準備体操のみ


翌朝4時前、朝日が昇る前に磯に並び準備体操

日の出前から浮ルアーマンにはポツリポツリと釣果があります。

日の出頃には30名ほどが並んでおり

160804asa.jpg

陽が昇り始めると一気に釣果があちらこちらに出始めます。

辺りがはっきり見え始めると海面にはカラフトの背びれやモジリがあり、大挙して群れが押寄せていることがわかります。

あちらこちらで次々と釣果が上がり爆釣と言っても過言でないほどの成果です

・ ・ ・ ・ ・ が

この時点で私の竿は一度も曲がってません。

当りはあるものの乗りません。

浮きルアーにしか釣れていないのかと言えばそうではなく、スプーンにも釣果は出ています。

が、私のとっかえひっかえしているスプーンにはカラフトが乗らないのです。

隣の知人から釣果を上げているスプーンを借りても釣果は出ません。


これは、腕の無さを自覚するしかありません。

結局午前6時半、竿納めするまでに釣果は有りませんでした。

周りで釣果が無い人はきっといないはず、良い人では7本以上の結果を残しています。

3年ほど前までは同じスタイルで結果が出ていたので何が原因かは解らずじまい。

ただ単に、腕が落ちたとしか言い様が有りません。

もう、竿おろして釣り辞めます。

次回からは猫ブログに傾倒します (爆

2016年のカラフト巡業、備忘録でした。


そうそう、追記しておきます。
この河口で今シーズン初の鮭を釣り上げた瞬間を見てしまいました。
銀ピカ良型の鮭でしたが、この河口でこんなに早い時期に鮭を見たのは初めてです。
例年より早い遡上なのかもしれません。


posted by key (キィ) at 08:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

ただいま増量中

先月から我家のマンションは13年ぶりに大規模修繕工事が始まり外部には工事用の足場が掛けられ毎日外壁を斫る音が一日中していたり

給水管が劣化したので取換え工事が家の中でまで行われて聞いたことのないオヤジの大声が響き渡っていたりと

初めて経験をするちゃ太郎には災難の日々が続いております。

朝8時半になり工事が始まるとちゃ太郎は押入の奥に避難し一日のほとんどを押入の中で過ごします。

なので、運動も殆どしません。

ですが、ストレスからなのか工事が終了した夕方から爆食いが始まります。

昼間運動しないから食事量が減ったかと言うと、これが食欲だけは全開です。

当然、ただでさえ太目が最近では完璧デブに変身しました。

開きネコ.jpg

二週間前の金曜日に体重を測ってみたら7.0kg

遂に超えてはならない7kgの壁に乗ってしまいました。

慌てた飼い主はその日の朝食から内緒でカリカリの量を4g減らしました。


食事に関してはなかなか几帳面なちゃ太郎は当然、量が減らされたことに気づき減らしたご飯を出せと猛抗議してきます。

おやつくれ.jpg

お母さんにご飯を出せと目で圧力をかけるちゃ太郎です。

急に減らしたのも可哀想と少し温情を見せ大好きなフリーズドライの鮭を出しますが

一週間後に体重を測ると減量が全くなく、ふたたび内緒でごはん量を減らしました。

ところがちゃ太郎は奥の手を使ったのです。

いつもは抱っこ大嫌い猫なのに、お母さんの膝に乗りお母さんをメロメロにし、いとも簡単に手玉に取ったのです。

ダッコネコ.jpg

なかなか策士です。

(本当は昼間は押入に入ったままなので夜になると人恋しくなるのだと思います。)

11月まで改修工事が続くわが家

ちゃ太郎の体重がどこまで増量されるのか戦々恐々とする飼い主なのですが

本猫はへっちゃら

ウェブ.jpg

自分がデブと自覚できない困った猫なのでありました。


posted by key (キィ) at 21:40| Comment(10) | TrackBack(0) | ちゃ太郎日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

まもなくシーズン

明日から8月ですね。

今年も残すところ5ヶ月、153日、季節の移り変わりは早いものです。

「50を過ぎたら一年が早いよー」とおっしゃる諸先輩の言葉の重みが身に沁みます。

加齢の為か最近は釣行回数も半分くらいになりましたが8月の声を聞けばやはり準備でもしようかと先日、釣り小物用品を買出しに釣具屋へ行きましたら鮭用品が並び、さながら鮭シーズン突入の様相でした。

今年はルアーの購入はやめることに、傷んだルアーをタチアップしたり、フックを多少作成したり程度で済ませ、鮭一尾におけるコストパフォーマンス重視でいこうと考えてます。

'16sake2.jpg

'16sake5.jpg

なぜか昨年は似た系統色ばかりを使っていたようで補修したルアーが同じような色使い

'16sake1.jpg

そして試験的に作成したフック、出来上がったら、なんか釣れそうにありません。

'16sake3.jpg


鮭の事ばかりですが、その前にオホーツクのカラフト巡業があります。

今年のカラフトはこれが2本あれば十分。

'16karafuto.jpg

やはり、カラフトには欠かせないアイテムなのでした。

posted by key (キィ) at 12:24| Comment(4) | TrackBack(0) | ルアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする