2017年05月19日

季節からの贈り物

今年も自然の恵みをいただきました。

山菜の王者と言われるタラの芽。

自分が住まいとしている札幌近郊では競争率が高く現役の身では採ることなど不可能です。

なので、いつももっと疎開で高度の高い残雪が残る山の麓付近を狙います。

が、その場所も近年は多くの山菜好きに知れる処となり今年は収穫が半減しました。

新しい場所を開拓しなければならなくなってきました。

今年の収穫

170518 taranome.jpg

昨夜、ようやく天婦羅でいただきました。

山菜の天婦羅をいただくたびに思うのですが、

自家用に業務用高カロリーのガスコンロと銅製の大型鍋があればと

貧乏暮らしの人間には叶いそうもない夢をいだきます。

まぁ、生涯叶わないことは重々わかっちゃいますが.....

170518 taraten.jpg

ネット通販で仕入れた乾麺のザル蕎麦と一緒にいただきました。

山菜の天婦羅のお供はやっぱり蕎麦です。

美味しゅうございました。

お天道様、大地様、生き物様に感謝・感謝。
posted by key (キィ) at 06:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 自給自足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

今春初、サクラ狙い

先週、ドクターのお墨付きも貰ったので

17年初の海サクラ狙いに積丹東の河口へ

現着3時30分、東の空は白み始めていますが30分ほど車中で休憩して4時半に海岸に立ちました。

170514 asa.jpg

積丹はすっかり夜が明け、この河口では肉眼で10名ほどのルアーマンがキャスト

昨日の波浪状況が良くなかったためか底荒れしたようで波打ち際には多くの藻屑が打上げられています。

170514 umiare.jpg

キャストするたびに

170514 gomi.jpg

そして、周囲に釣果の様子はなく、自分のロッドにサクラからのサインさえありません。

ルアーを変え

170514 lure.jpg

振っても振っても、大潮の潮周りでも結果が出ません。
6時半過ぎ、痺れ切らして場所移動

170514 Toyohama2.jpg

170514 Toyohama.jpg

こんな磯でも振ってみました.....が、結果は出ませんでした。

170514 MtShakotan yukidoke.jpg

積丹岳も例年よりは残雪が多いような気がします。

今年、この周辺の情報も少ないようですしサクラの遡上も遅れ気味なのでしょうか。

170514 roasokuiwa.jpg

例年なら終盤のはず。
posted by key (キィ) at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 海サクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

大人顔な猫

一昨日、術後一ヶ月の受診に行ってきた。

退院後、時には太もも裏に軽い痛みや長く歩くと腰に重怠さはあったもののその翌日には症状も引き、至って順調な術後だと自分では思っていた。

170512 jutsugo.jpg

自分の肌ながらいつ見ても美しくない。

Drの問診で同じ思いを伝えたら「無理をしないでどんどん運動をして腰に筋力を付けましょう」とお言葉をいただいた。

自分の頭には直ぐに「フルキャストOK」の文字が浮かんだ。

と言うことで週末はサクラ狙い、来週は太平洋辺りにカレイ狙い、去年は行きそびれた日本海のあそこでカレイやホッケも狙いたいなどと釣り場の景色が頭によぎる。

「よし!バンバン釣りに行こう」と結論に至った。



GW、じいちゃんの所に里帰りしたちゃ太郎。

義叔母ちゃんに「ちゃ太郎、大人の顔になったねぇ」と言われた。

170507 chatower.jpg

確かに、年齢も6歳と5ヶ月になり人間でいうと42歳くらいで働き盛り、男盛り

飼い主も最近はすっかり大人顔だなと時々思ってきたが時々しか会わない人にはもっと顕著に老けたなと思わせるのだろう。

170507 chahako.jpg

窓から陽が刺そうが眠たくなれば寝る、そんな寝顔にも大人を窺わせる時がある。

飼い主にしてみればいつまでも子供子供でいて欲しいのだが。

しかし行動パターンはまだまだやんちゃ盛りで3歳児と変わらない。

そして、体重もまた増量してしまった。

170507 cha.jpg

ちゃ太郎よ、少しくらい(かなり)デブでもいいし、やんちゃでもいいから

いつまでも元気で飼い主や世話係りを困らせてくれ。

日曜には美味しいサクラマスミルクソティーでもご馳走してあげようではないか。〔ムフフ〕
posted by key (キィ) at 06:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ちゃ太郎日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

小樽市忍路で久々の投げ釣り

GW入りした初日、前日までの天気予報は雨っぽく釣りになるのか心配しておりました。

久々の釣りはマガレイ狙いで余市小樽忍路か積丹入舸を予定、

釣り友やみいさんにメール確認すると思惑が一致、ご一緒させていただきました。

4時に現地待ち合わせ、やみいさん、一年振りのKさん(ちなみに私もKさん)と3名。

空が白み始めた頃忍路の岬の岩場に渡しで到着。

船頭さんが薦める岩場で竿セット完了4時半

0429set.jpg

心配していた一時雨の予報も外れ釣り日和になりそうです。

投竿して10分も経たぬうちに竿先が揺れて回収してみると手の平級のマガレイとギスカジカ

両名、海にお帰りいただいて再び投竿.....竿先に反応があるものの本乗りせず

20分も経過した頃、大きく竿尻が上り、慌てて合せを入れるとカレイ特有の首振りがありスピンが大きく反り

0429_No1.jpg

揚げてみると満足のいくサイズ。

手尺で30cmオーバー。

この時お隣のKさんと共にクロガシラカレイだと思い込んでおりましたが、後にやみいさんに指摘を受け裏面を見ると尾に黄色い縁取りがありました。

メージャーで測ると34cm、結果この日カレイのNo1サイズとなりました。

この後カレイが付くもののサイズは手の平から25cm前後が多く、キープしたカレイは10枚程度でした。

この日投げ釣りを一番楽しませてくれたのはコイツでした。

0429ezoiname.jpg
40cmのエゾアイナメ(アブラコ)でした。

ラインを巻いている時の抵抗が半端ではなく投げ釣りを堪能させていただきましたが我家でアイナメは愛されておらず、やみいさんにご進呈させていただきました。

釣り座をお隣に構えたKさんは、フルスィングでブッ飛ばし型物が数枚、30枚以上のお持ち帰りをしました。

しかし、この場所もギスカジカの攻撃が頻繁にあり、カレイ狙いが楽しいのも終盤化かもしれません。


0429 Mt.shakotan.jpg

積丹の山はまだ多くの雪冠を被っており西から吹く風はまだまだ冷たいです。

0429 kabutomisaki.jpg

腰に持病を抱える私は、この海岸で釣りをするのは今年が最後となりそうです。

出来ればGW後半にもう一度訪れたいのですが、きっと希望は叶わないでしょう。

ありがとう、竜ケ岬。



ところで、鮭シーズンの太平洋で河口規制がかかる前、ここ数年狂ったように祭り化する苫小牧の河口海岸。

その数週間が過ぎると河口横の空地には膨大なゴミが残されます。

その駐車場を利用しているのは圧倒的に地元民ではなく札幌ナンバーの車。

そんな跡形を見るにつけ、きっと近い内に立入禁止措置が取られると思っておりましたが、ついに屈強な鉄剛が設置されたそうです。

周囲には空地はあるものの釣り場までは距離があり、その空地も同じことになれば即立入禁止になるだろうと地元の釣り通が教えてくれました。

近年は白老の外防波堤のゴミの散乱も殆ど見られなくなり釣り人のマナー向上を感じていたのですが、苫小牧の河口海岸の釣りはアングラーと言うより俄か鮭採り人が多く、旅の恥はかき捨てという狩人が多いことは残念なことで、この措置は当たり前と言えば当たり前。

マナーも無い人々によって釣り場がこれ以上減らないことを願って止みません。


posted by key (キィ) at 07:56| Comment(13) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

仕掛け作りの日々

日曜の今日、空は快晴、海は穏やかそうで絶好の釣り日和、道東の一部では降雪もあったとニュースになっておりましたが道央圏は春らしくなってきました。

しかし、長年腰を酷使しためこの春で3回目の手術により釣りの最盛期に出撃ももう少し我慢せねばなりません。

こんな日は来る日のために仕掛け作りに精を出しております。

ふり返ると16年の投げ釣りで周りの人や自分の釣果が良好だった仕掛けの鈎飾りはこんな物でした。

2016 jisseki.jpg

@ シリコン製エッグボール。日本海で好調なのを目にしました。意外と黄色ではなくオレンジがマガレイに食いが良かった様です。

A ルミックスサンダー。自分が日本海で釣れたマガレイのほとんどはこの飾りでした。なぜなら春のマガレイはコウナゴの子を捕食するからだと思われます。昨年日本海で釣った大型マガレイの消化器にはコウナゴの子がいました。

B ウイリー。太平洋での自分のカレイ釣りではこれが一番効果的でマガレイもクロガシラもこの飾りが一番でした。

C 黄色シモリ玉。遠投用の一本鈎の時に使用したのですが風の抵抗が少なくけっこう目立つのでソウハチやマガレイで効果的でした。

以上を踏まえて仕掛け作り。

自分の仕掛けは手間を掛けません。

消耗品なので糸は複雑に結ばず、かつ結び放し。

dotuki.jpg

↑ オーソドックスに胴付き仕掛け

katatenbin.jpg

↑ 片テンビン仕掛け

yudoh.jpg

↑ 遊動仕掛け (この仕掛け北海道の釣りからパクリです)

dansa.jpg

↑ 片テンビン段差鈎仕掛け。段差バリにしたときは上部に仕掛けを付けると飛距離が極端に落ちるので付けません。

先週、今週で投げ用の仕掛けは30以上作りました。17年分には十分だと思います。



腰を痛めてから岸壁でのサビキ釣りにも辛いものがありました。

↓ 車止めに竿掛けで竿を置くのですが、その度に腰を曲げるのは腰痛持ちには非常に辛いので立ち姿で釣りが出来るよう改良しました。

saokake.JPG

改良用品(寸切ボルト、アルミパイプ、ワッシャー、ナット)締めて3,000円くらいです。

さて今週末からはいよいよGWですね。

今週末で術後1ヶ月が経過します。

フルスィングは無理としても、何とかカレイかサクラを狙いに出撃したいと狙ってます。

posted by key (キィ) at 20:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする