2017年06月12日

飼い主に運命を預けるペット

この仔は私が勤める会社の町内会にある運送会社で番犬を務める若かりし頃のライ君です。

rai1.jpg

回りは住宅街ではないので夜になると広い敷地の一角にひとり、大雨で暴風の日も猛吹雪の日も飼い主から与えられたハウスで番を務めます。

ある夜、もう少ししたら犬小屋も床上浸水になるような大雨に小屋の上に乗り心細そうにしていた日、雨水が流れる様に溝を掘ってやり頭を撫でてあげたのがライ君との付合いの始まりでした。

次の日から飼い主に見つかって「いらぬお世話だ」と叱られても困るので帰りがけこっそりとおやつをあげる様になって1年ほど。

rai3.jpg

keyの車の音を覚えたようで、帰りがけ通ると囲いに手を掛けておやつをねだるようになりました。

ある日、飼い主である運送会社の社長と思しき人から「いつもすみませんね〜」と声を掛けられ運送会社の関係者の皆さんとも会話かわすようになりました。

今年の冬、仕事の関係で運送会社は地方に出稼ぎだったようで、給仕を頼まれたであろう男性が朝晩ライ君にご飯だけを与えに来ているだけで遊んでもかまっても貰えず3ヶ月ほどが過ぎました。

その頃、私は現場を持っており現場へ直行・直帰の毎日でおやつをあげることも、撫でてあげることも出来ませんでした。

そして春、3月頃、いつもならおやつを持って行くと早くと急かすのですが元気が有りません。

身体の調子が悪そうだと直感した私は、出過ぎた事とは思いながらも従業員の方にその旨を訴えたら数日後に動物病院に診てもらったようで皮膚がただれているとのことで塗薬で手当てしてもらったそうです。

薬で治療してもらっているはずなのに元気は元に戻っていないような気がしてました。

そして5月下旬頃、いつもの様におやつを持って傍まで行ってもハウスから出てこないのです。

だるそうに出て来ておやつはいつもの半分も食べずにハウスに戻って行きました。

身体も痩せたままで元気な頃のライ君の影がありません。

「これは絶対おかしい。病気なんじゃないか」と思ったkeyは飼い主の方にそう尋ねると「最近元気がないんだ。近い内に病院に連れて行こうかと思ってる」と言われたのでその時は安心しました。

そして日も長くなった6月の初旬、帰りがけふと囲いの中を見ると、リードが網に無造作に掛けられていたので「やっと病院に連れて行ってもらったのだな」と思っていましたが、数日経ってもライ君は戻ってきません。

きっと病院で診た後、自宅に連れて帰ったのだろう、完治するまでしばらく逢えないのだと安心しておりました。


ところが今日、帰りがけに見ると犬小屋も囲いの金網も跡形なく片付けられていました。

「まさか」と思い車をとび降り、会社の方に聞くと「死んじゃったのさ、社長もあんたに伝えたくて寄ってくれないな」って言ってたんだよ。

「あまり元気がないので皆で社長に散歩でも連れて行った方が良いんじゃないかってことになって社長が散歩に連れて帰ってきたら、その場にばったり倒れて慌てて病院に連れて行ったけどダメだった」

「なんでも肺に水が溜っていたらしくて・・・・・」

お父さんに散歩に誘われた時ライちゃんは身体が辛くて歩くのも嫌だったと思います。

でも、久し振りにお父さんに散歩に誘われてそれはそれは嬉しかったに違いありません。

身体の辛さを忘れて散歩に行ったもののそれはそれは辛い散歩だったはず、それが読み取れるだけになお更不憫でなりません。

飼い主でもないkeyが病院へと催促も急かすことも出来ません。

会社とはいえ全ての会社が利益が順調な訳でも、高額な動物病院に繁盛にペットを連れていける経済状態とは限らないかもしれません。

具合が悪そうでも忙しくて時間が無かったのかもしれません。

これがライ君の運命だったのかもしれません。

でも、余りにより所がなかった宿命に涙が止まりませんでした。

生き物には寿命が有ります。その天寿を全うした上での運命なら黙って見送りも出来ましょうが、わずか6歳で逝くとはこの世に未練もあるだろうと思えてなりません。

ライ君は去勢を受けてはいないのですが二世はいないそうです。

その時期が来るととっても辛そうだったその姿を覚えています。

願わくば、直ぐに病院に連れて行ってくれたならと思えて、残念で残念でなりません。

どうかペットを飼われている皆さん、小さな我が子を育てている皆さん、ペットも小さな子供も周りが気付いてあげなければ自ら訴えることが出来ない事を肝に銘じてください。

子供が親を選べないように、ペットも飼い主を選べないのです。

親の思いの分、飼い主の思いの分だけしか命をもらえないのです。

ぶつけようのない気持ちでまとまりのない更新になってしまいました。

ライちゃんの冥福を心から祈ります。

rai2.jpg

ライちゃん、長い旅をどうかご無事に。

posted by key (キィ) at 22:26| Comment(6) | TrackBack(0) | ちゃ太郎日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

春の山菜料理

cacoo2.jpg
最近は札幌近郊でも渡り鳥カッコーの鳴き声が繁盛に聞かれるようになりました。
カッコーも恋の季節なのか日暮れ時にいつまでも鳴いておりました。
「恋の季節」と言って「ピンキーとキラーズ」が真っ先に頭に浮かぶワタクシは壊れているのでしょうか 。
今週は春の山菜を美味しくいただきました。
蕗の炒め物。我家は野で採れない季節はスーパーから買ってくるほど蕗好きです。
Fuki nimono.jpg
やはり採り立て、天然物は断然美味しいです。
udo warabi nimono.jpg
こちらはワラビとウドの炒め物。これに薄くスライスしたコンニャクがあれば尚goodなのですが生憎冷蔵庫に在庫有りませんでした。
udo sumiso.jpg
ウドと言えば定番、ウドの酢味噌和え
今年初めてチャレンジしたウドとワラビの酢漬けです。
suduke.jpg
レシピはクックパッドを利用したのですが米酢に30%ほど黒酢ブレンドしたことです。
そして甘味はてんさい糖を使用することです。
酢漬けして一週間ほど冷蔵庫で寝かせると酢の角がとれてまろやかな味になります。
warabi suduke.jpg
食べる2日ほど前に昆布を入れるといっそう旨味が増します。
内浦湾はマガレイ釣りも今がピークだと情報が出ていますがマガレイはもう十分です。
さりとて今年から始めてみようと準備したイナダ狙いも、春のイナダは匂いが着いて美味しくないとか、なので秋の戻りイナダに狙いを変えました(笑
そろそろ大型の宗八が釣れる時期のはず。
明日は釣りはお休み、大通公園に各地のアイスクリーム万博(あいぱ)が開催されているとか.....
次の日曜は宗八狙いを企てております。
以上、UP記事が無いので無理やり山菜料理のお話でした。
posted by key (キィ) at 13:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 自給自足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

札幌中心部での駐車は料金にご注意!

昨日3日、土曜日だと言うのに札幌駅前付近の某所で講習会があり受講してきた。

開始時間が12時20分、何とも中途半端な開始時間でもある。

職場の仲間と自分の社有車で相乗りしてパーキングに車を入れ5時終了の講習を受けることにした。

会場となるビルの側に青空パーキングがあり11時過ぎに駐車して会場があるビルの1階喫茶コーナーで昼食を摂り受講会場に入ることとなった。

ここで大失態をしてしまったというか「まさかこんな事になっているなんて」思いもせずパーキングに駐車してしまった。

5時に講習会が終了し帰るべく駐車場へ行くと何やら精算機の前で車を出せないドン臭い車があり、なかなか駐車場から出られない。

やっと順番が来て車を出そうと料金精算をしていたら.....駐車料金が4,800円也 (超!オドロキ)

思わず機械の故障かと思い確認すると駐車時間6時間・・・・・これは正しい、同じ駐車場に駐車していた他の人達も精算にあたふた。

どうやら駐車料金は正しいのだそうだ。

あいにく千円札は財布に2枚、小銭が千円...駐車料金が高額なのに精算機は一万円札が使えない。

一旦車を戻し慌てて近くのコンビニで万券をくだき再び精算したら時間経過が響き、料金は5,200円になっていた。

いくら中心部と言え今までなら駐車料金は時間当たり400円が相場だった。

Parking Fee.jpg

これが一般的で、せいぜい高くてもプラス80円

いくら会社で精算してくれると言っても、とんでもない料金に腹立たしくネットで検索するとこんな記事が載っていた。


Profiteer Price.jpg

この料金が高いと感じる皆さんは札幌中心部で車をパーキングに駐車する前に料金のご確認を。

念のためお断りして置きますがこのパーキング、決して違法ではありません。

駐車料金は2面に大きな文字で掲示してあります。

確認をしない利用者が悪いのですが、まさかこんな事になっているなんて思いもしない人は沢山いるはずです。

2、3百メートル歩けば料金は大きく下がります。

でも、こんな駐車料金バブルが始まっているなら、ある日突然高騰していたなんて事もありますから、

入庫前には必ず料金確認しましょう!
posted by key (キィ) at 19:20| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

山菜採り

何かと帰宅後は忙しくブログアップも出来ないので昼休み職場で更新です。


道央圏の山菜もそろそろ終盤になりました。

170528 sansai.jpg

日曜は樹海のトンネルをくぐり、砂利の道を走りあっちの原っぱへ、こっちの山麓へ

すっかり写真を撮り忘れて茹で処理後の画像しかありません。


ウドはそろそろ季節の終わりの様で、その多くは本物のウドの大木化しておりました。

170528 udo.jpg

こちら蕗も雪解け水が残っている湿地の場所意外は赤蕗となり虫が入り食用には不向きです。

170528 fuki.jpg

この日は朝からシトシト雨状態にあり昼頃からようやく雨も上がり陽が出て気温も上昇がワラビの成長に好条件だったようで一気に丈が伸びたようです。

170528 warabi.jpg

おかげで収穫は楽でしたが車まで藪の中を五百メートル以上歩くことを考え控えめな収穫としました。

実はこのワラビ畑、以前に山菜採りをしている時に見ず知らず人が教えてくれた場所でこの場所を知っているのは地主さんを含め3名程と思われます。

今回も朝収穫したぞという跡を見付け自分が入る前に先人が現れたことは間違えありませんが雨後の竹の子のように育つワラビは多少の先陣者がいても採り逸れることはありません。

おかげで紫ワラビの太物が収穫出来ました。



山菜で一番楽しくないのが下処理。楽しくないので妻は一切手を貸してくれません。

水洗いをして、茹でて、皮を剥く。この皮剥きが下を向いたまま長時間立ち放しなので腰にも堪えます。

下処理をしたら今年は新メニューに挑戦

ワラビ、ウドの酢漬け。このまま冷蔵庫で2昼夜ほど。

170528 picls.jpg

ちなみにレシピはクックパッドを利用、2・3日後が楽しみです。

今年の春の山菜採りはこれで最後でしょう。

来年も豊かな恵みに会えると良いのですが。

以上、職場ディスクから簡単UPでした。 さて、昼寝・ひるね

posted by key (キィ) at 12:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

マガレイ求めて内浦湾へ

自宅を午前1:00出発 ・ 現地着3:40  所要時間2時間40分 、 走行距離145.3kg 長万部に行ってきました。

到着直ぐにキャリーに荷物を載せ、竿ケースを担いで外防波堤へ

目的の場所に行くと三脚がズラリ、わずか10mほど空いた場所に釣り座を確保しました。

この時期、4時を過ぎるとヘッドライト必要がありません。

170521 asa.jpg

4時30分、第一投完了

170521 manbe2.jpg

自分の釣座より右側

170521 manbe.jpg
自分の釣座より左側の様子 (この写真と自分の釣座の間にあと三脚が数台場所確保で置かれています)

まもなく左隣の釣り人3名も来た頃、内浦湾には陽が昇り、爽快な朝が来ました。

この時はまだ、この後のトラブルなんて予想だにしませんでした。

まもなく、竿先に海底からの糸電話がつながり、仕掛けを回収すると右隣の方のラインとかぶりテトラ上でラインを外していると、なんか自分のもう一本の竿先が揺れています。

直ぐに先ほど左隣の人のラインが自分のラインを越して目の前に落ちたのを回収しているのだと気付きました。

右の竿のトラブルを直し、左の竿ラインを見ると大きく糸ふけ。

ラインを巻くと異様に軽い、まもなく先ほどテトラで隣の人が何かをしていた場所でラインが切れていることに気づきました。

しかし、左隣の釣り人は何も言ってきません。

短気なkeyは隣人に「トラブルは付き物だから仕方ないけど、他人のライン切ったなら言ってほしい」と言いに行きましたら、とぼけて?な顔をし「気付かなかった」と言います。

証拠の写真がある訳でもないのですがピンと張られたラインが何もしないで切れるはず等ありません。

実はこの3名の内の一人は並継で遠投派のグループの以前にも見たことがある方でその方も知ってか知らずか、後に話しかけて来られたのでその後のライントラブルは有りませんでした。

6時過ぎ、最初のキープサイズがやっと来ました。

170521 36cm.jpg

本日のお持ち帰り第一号、36cm

今回、スナガレイはサイズが小さくから揚げ用4枚を残す以外は全てリリース。

7時過ぎ、この日初めて竿尻が上り大きく糸ふけし、三脚が倒れそうになる元気サイズが

170521 38cm.jpg

結果本日のNo1サイズ、38cmが来ました。

この後も、サイズ物を数枚追加して気分も上々。

所が、右隣は自慢話しと自分にはミスが無いと思い込んでいて周りのラインにかぶって迷惑をかけても周りが被って来たと思う年配の方で、流石に開いた口が塞がりません。

時間も9時を過ぎており、朝切られたPEラインが傷ついていたのか、当りを取った時再びラインが途中から切れたのを機に本日納竿としました。

本日キープ10枚

170521 choka.jpg

リリース数は覚えていません。

回りではスカリのロープが切れるのじゃないかと思う30枚以上キープしている人も数名居ました。

帰宅して身厚で38cmの大きさを知る。

170521 choka2.jpg

今回の真カレイは全て抱卵ものでした。



釣りは満足したものの、気分爽快とならない釣りでした。

釣り場では隣人に気を遣い、釣り天狗にならないことを自問させられる日曜でありました。

posted by key (キィ) at 07:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする