2017年01月03日

2017年 初詣

amaterasu.jpg

sinnen.JPG

本年も皆様のご健勝、ご多幸を心より御祈願申し上げます。


札幌を住まいにして四半世紀強、初めて三ヶ日中に初詣に行ってきました。

八時前に訪れたのですが、すでに参拝客が大勢、日本人にとって天照大御神様は特別な存在なのでしょうね。

ワタクシですか? 我家の一匹息子の誕生日だったのでこれからも健やかに育ってくれることをお祈りしてきましたよ。


境内では朝早くから初詣客を迎える準備に裏方さんが精を出しておりました。

junbi.jpg

そして境内に通じる通路両脇には、もう開店をした出店が所狭しと並んでおりました。

sando.jpg





今日1月3日で満6歳になったちゃ太郎です。

cha 6th.jpg


皆様、本年もよろしくお願い申し上げます。 m(_ _)m
posted by key (キィ) at 10:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

2016年末

久々にブログを開いてみたら2ヶ月も更新しておりませんでした。

仕事が少しばかり忙しかったこと

釣りに行こうかと思えば天気とのタイミングが合わず更新するにもネタがなかったこと

でも、まったく行かなかった訳でもなく、11月の終わり頃にはカジカ狙いで日高方面に行ってきました...が

hidaka1120.jpg

唯一釣れてきたカジカは20cmにも届かないチビで、海に返してやろうとするのに鈎をガッツリ呑み込んで外すのに悪戦苦闘、坊主ではなかったことの写真も撮り忘れました。


この連休前は札幌も爆雪となりまして、なんでも60cmを超す降雪量だそうで50年ぶりの大雪だったのだそうです。

気温も例年よりは低く、早や真冬日も数日ありました。

今冬は寒いのだと感じさせることがもうひとつ、普段は人間様の膝の上になんか乗ってこない奴が最近は甘ったれて世話係の膝にチャッカリと乗ってることがあります...毛むくじゃらの猫も寒いのですね。

chataro.jpg


さて、今年も残すところわずか、今日はクリスマスです。

夕べ買出しのついでに大通公園を見てきました。

St.oodori3.jpg

日本語で会話する人々の多くはカップル、理解出来ない異国語で話すファミリーの多くはお隣の大国人。

観光立国ともろ手を挙げて外国人をお迎えするのはけっこうですが、日本を敵視する国の人々が圧倒的に多いと言うのも違和感を覚えます。

これはあくまでも個人的な意見ですが、国民が自殺に走らねばならないほど仕事に追われて企業が栄えるだけの経済大国や先進国でなくてもいいし、自己満足のために無理をしてローンを組んだ高級車をこれ見よがしに乗回すような豊かさではなく家族隣人を大切に思う心の豊かな国民であって欲しいと今年は特に感じました。

大通りのイルミネーションを見て帰った企業人の中に心が休まるよりテレビ塔の時刻を見て仕事の締切時間を連想した人が多くいたはずと心寂しい日本の現状を憂いたくなります。

St oodori.jpg

St.oodori2.jpg

で、大通りに行ってもうひとつ感じたのですが

3・11以降、国民の多くは原子力発電に猛反発しています。

さりとて火力発電に原子力発電が置換えられたら増え続けるCO2問題はどうするのでしょう。

再生エネルギーを推奨する多くの人は太陽光発電のために広大な森林が無造作に伐採されて土だけが現れている現状を考えたことがあるのでしょうか。

市町村名まで書きませんが十勝地方や胆振地方を通る時があったら気にかけてみてください。

大企業・零細企業問わず太陽光発電のソーラーパネルが所狭しと並んでいます。

風力発電の設置地域に隣接して生活をする住民の多くが風車の音や発電モーターから発される磁気に健康を脅かされていることを知っているのでしょうか。

原子力反対、CO2削減と言う人は多いけど、クリスマスのイルミネーション反対と言う人はあまり聞きません。

でも、日本中のイルミネーションの電力使用量はどれくらいになり原子力発電所の何基分にあたるのでしょうね?

そして、イブともなれば深夜まで灯りやネオンをともし、カラオケだ、TVだと電気使い放題の生活をしているのが現状だと

クソオヤジは思いましたよ。



話は変わって、昨夜は我家もつつましく真似ごとをしました。

ケーキは『ショコラティエ・マサール』のショートケーキ

Ive.Cake.jpg

個人的には今迄のケーキの中でNo1かも

この日、お店は激混みでした。

chocola.masaru.jpg

ショコラマサール.jpg

そして、七面鳥の代わりに布袋のザンギ(鶏のから揚げ)をいただきました。

Ive.zangi.jpg


久々にアップしたらなが〜い記事になりました。

では、皆様良いクリスマスをお過ごしください。

メリー クリスマス

posted by key (キィ) at 09:33| Comment(8) | TrackBack(0) | 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

某食情報口コミって誰が投稿してるの

ここ2週間は釣りをお休みしている。

下宿人の身なので大家から部屋の改修命令が出たり、他人様の果樹園へ盗人に入ったり。

なので貯めておいた、この夏からの食べ歩きをアップすることに。


毎年のことだが盆入りの前に大家の実家のあるE市に墓参りに行く。

今年は墓参り後に昼食を摂ったが何所に入るか迷った挙句、ネットで口コミを見たらまあまあだったのでここに入店した。

160807gyohoannoren.jpg

手打そば 魚峰庵

入店したら昼時なのに客は私たち二人だけ、、、「やっちまった」と即座に思った。

二人で注文した天ぷら蕎麦

160807gyohoan.jpg

ノーコメント・ ・ ・ ・ ・ 私の味覚にはまったく合わない。もう入店することもない。


ある日、仕事が終えて帰り道、大家から電話が入り今夜は食事の仕度が出来ないので外食をして帰るように指示が入った。

なので以前から一度は入ってみたかったそば店、以前行った時は昼時で激混みだったので諦めた店に2度目のチャレンジ。

160902tatibana.jpg

手打ち田舎蕎麦 たちばな

オーダーは盛り

160902tatibana mori.jpg

蕎麦の切り方が不揃い、厚かったり薄かったり、不揃いは不揃いで味があるものだが、ネギの切り方も不揃いで厚かったり薄かったり、そば汁はカツオの香りするが寝かしが足りないようでまろやかさに欠ける。

蕎麦の香りもなく、食感も味も一般的な蕎麦店の域を越えてないな、が自分の感想で私の味覚からは離れていた。


日曜の夕方、ツマが知人と行ったスープカレーが美味しかったと言い出し、ツマの財布を持ち人生初のスープカレー店入店となった。

160904suge3.jpg

スープカレー スアゲ3 (なぜ3かと言うと3店目だから)

向かいにはカレークロックがあり、この通りは最近飲食店が多数出店し意外と激戦区である。

かなり力のいる扉を開けると

160904suageent.jpg

注文は任せたので名前を覚えていず、なんとかスープカレー

160904supecarre.jpg

カレー味のスープが付いたご飯。

これがスープカレーか、、、けっしてカレーライスと同類と思ってはいけない・・・へぇ〜。

でも、結構いけますよ、これ。


SWのど真ん中に某回転すしに行こうと出掛けたが、2時間待ちと言われ諦めてラーメン店を目指したが第一候補はばあちゃんがやっている店で18時で閉店。

第2候補は本日定休日、なので五丈原に行くことになり数年振りに店の前に行ってみると隣に新店を発見。

しかし、待ち客が凄い超激混み。結局この日の外食は諦める羽目となった。

ネットで検索すると札幌では今流行の一店らしい。

口コミの数も凄い。。。が、えてしてこんな店は自分の舌には合わない。

翌日の午後、再びこの店にチャレンジ

160919itigen.jpg

えびそば一幻

ツマはそのまま醤油味、自分はそのまま塩味。味にはそのまま、ほどほど、あじわいがあるそうでだんだんに濃い味になる。

160919ebisoba.jpg

左が醤油味、右が塩味

私の貧乏な舌ではこの真ん中に乗っているエビ粉が曲者で折角味わいのあるスープに仕上がっているのにくどくしてしまっている様に思える。

シンプルな中に味わいがある・・・が好みの自分には、こんなに混む理由が?でした。


先週、そろそろぶどう狩りの時期だなと思い、小樽市でブドウ園を営む知人の畑に葡萄を盗みに行ってきた。

本当は数日前にわざわざ「そろそろ時期だと」連絡をくれたので留守の菜園に収穫に行ってきた。

収穫したのがこれ

161016yamyfarm.jpg

ちょっと欲張って14.2kgもいただいてきた。

回りの知人数名に御裾分けをしたら「甘くて美味しかった」と好評でした。

近頃、色々食べ歩いた中で、この葡萄が一番美味しかった。

私も何も手を加えない自然の味が分る年になったのだ・・・(爆

posted by key (キィ) at 08:28| Comment(8) | TrackBack(0) | 食いしん坊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

16年秋 鮭も連休

人生の折返しを過ぎた私には体育の日と言えば10月10日でした。久々に体育の日を10月10日に向えた2016年。(なんのこっちゃ)

天気が良ければオホーツク出撃も考えたのですが8日午後の天気概況では峠に積雪の可能性もあり断念、今年もギンピカ計画は夢に終わりました。


なので9日早朝、いつもの場所に行ってみました。

連休と言うこともあり釣人は沢山いましたがいつもと様子が違います。

自分が浜に立ったのは日の出もしていない4時50分、

いつものように地元人がいないのです。なぜ地元人が居ないとすぐ気付いたかって言うと、鮭鱒捕獲規制ライン内で釣りをしている人が全く居ないからです。

皆さん規制標柱からほぼ外側に行儀良く並んで釣りをしています。

胆振方面、この処釣果が芳しくないのはウエブ上で知っては居ましたがこれほど地元人が居ないと言うことはよっぽど釣れないのだと改めて認識しました。

日の出が始まった頃、見慣れた地元人が集まり始めたようです。

なぜ気付いたかって言うと、規制内で釣りをする人が出始めたからです。(爆

それまで規制外で正しく釣りをしていた人々も規制内で数名が釣り始めるとそちらに集まるから人間心理とは不思議なものです。

そして5時半過ぎ頃、その規制内で2・3本釣れ始めると一気に規制内に人がなだれ込みます。

Riv.NB.jpg

これは9日の写真ではありませんがおそらくこんな感じ。

それでも釣果が見れたのはこの一瞬のみ。


6時半頃、何故か自分の周りに釣り人が集まってきます。

けっしてここで釣れ始めた訳でもないのに。

皆が駐車場を見るので視線をやってみると警察官が4名 ・・・・・写真撮り忘れた〜

状況からして違法釣り人を取締りに来たようではない様子。

7時少し前、警察が引上げたので自分も引上げてきました。

法令に則り釣りをしていた人にこの早朝釣果は有りませんでした。


帰り、白老虎杖浜・竹浦・萩野・ローソン前、苫小牧錦岡とみてきましたが釣果はあまり良くないようです。

2016bukkomi.jpg

それでも連休ともなれば血が騒ぐのか磯は竹林化していました。

ブッ込で釣りをしていた人に「釣れました?」と聞くと「なんもだぁ」と北海道弁でリポートいただきました。

私の今年の鮭漁はこの日をもって終りです。(の予定)

161009 NKO.jpg
posted by key (キィ) at 08:21| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

16年 シーズン中盤の鮭

10月1日、

日当労働者と同じく土休の無いブラックに勤務ですが、一日は代休を取り今シーズン初の土曜のサケ釣り

釣果はメス1本 オス1本

しかし、オスを浜にあげた時に

オス : 「やっぱり捕まっちまった。こんな年寄りで良ければ煮て食うなり焼いて食うなり好きにしてくれ」 と

百戦錬磨だったのか片目は潰れ、体は真っ黒に焼け、精根尽きたのか鮭なのに砂浜でまな板の鯉

もう少しで里の河川に帰れた筈、その姿を見て鈎をそっと外してやり急いで海に帰してやりました。

良い話でしょう?

本当はすっかり黒くなった魚体を見てキープする気になれなかっただけなんですがね。

と言うわけで、今週のキープはメス1本のみ

161001sake.jpg

小さな群れが数日前に入ったようで稀に銀ピカも居るのですが、ほとんどはブナがかりでした。



ところで、砂浜にはこんな屍があちらこちらに、全体では20本近くありました。

161001saigo.jpg

昨年も目にしたのですが、河口規制の取締りが入ると釣上げて砂に隠された鮭を掘出し海に戻すと言う光景

おそらく、その死絶えたサケが荒れた日に浜に打ち上げられた、今年も同じ光景だと思われます。

法は守らねばなりません、が死んで誰の役にも立てなかった鮭の死はなんだったのでしょう。


つい数日前、何気にTVを見ていると、各地で名物の大盛りメニューを出す飲食店を紹介する番組が放送されていました。

カツカレーだと、お米がkg単位、カレールーもkg単位、カツもkg単位、これで1人前の大盛りだとか。

食べ切れるのなら何も申しますまい、しかし残されたカツカレーは当然廃棄処分

この番組は見る気になれずチャンネル変えました。スポンサーもしっかと確認しました。

近年豊かな筈の日本でさえ、貧困で満足に三度の食事も摂れない子供たちが多くいるそうです。

そんな人々のためにフードバンクも各地にNPOとして設立されているそうです。

そして世界の各地では飢餓に苦しむ人々が大勢います。

今日、一日無事に食生活を送れたことに我々はもっと感謝をせねばなりません・・・・・と思う土曜でした。


陽が昇って帰りがけの浜の様子

161001NB.jpg
posted by key (キィ) at 07:37| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする