2017年10月15日

今日はブリ釣りの準備日

釣果の伴わない釣りとは非情に疲れるもので、今週は釣行をお休みした。

しかし、秋の鰈シーズンだし、この秋から始めてみようと思ってロッドまで購入した鰆(サワラって魚辺に春って書くんですね)釣り。

真鰈釣りをするならタイミングは今月下旬までであろうし、陸っぱりからの戻りブリ狙いもそろそろ良い時期らしい。

なので今日はちゃ太郎に遊んでくれとせがまれながらブリ狙いの用具準備やらラインシステムの知識と指先の訓練をしていた。

ジグは60g程度の物とし腰への負担を減らすことにした。もっとも、ロッド購入も腰の事を考えてWtが80gと控えめにしたためJIGもこんなところが適当と思う。

JIG.jpg

JIGを揃えるのに費用だけはかけた。

そして肝心のラインシステムだが、ネットで検索するとやはり鮭釣り程度のラインではダメそうだ。

自分は投げ釣りの力糸もサクラマス狙いのラインシステムも、ノットで結ぶ全てをオルブライトノットで支障が無かったのでこれしか覚えていない。

今日初めてFGノットに挑戦した。

それが何回試しても自分の素手の力で簡単にすっぽ抜けるのである。

やっと5回目に足に掛けて引っ張っても抜けないFGノットが結べた。

FGノット.jpg

成功率20%では実釣でライントラブルにあった時はたして現地で出来るのか不安である。

もう少し練習の後に実践するのが正しい様だ。

ライン作りを練習していたら脇で紐に絡まりたいのが一匹邪魔をして練習にならないのである。

傍に来て悪戯をするものだから叱ると丸まって寝始めた。

くるまる猫.jpg

だがやっぱり糸が気になって寝付けず、横に来て爪とぎの上で待機して機を窺っている。

アンニュイな猫.jpg

横でアンニュイな顔をして遊んでくれるのをひたすら待つ猫。

やっとFGノットが成功してジャラシを振ると、待ってましたとばかりに飼い主作成のキャットタワーに登り遊びの待機中。

見下げる猫.jpg

「さぁ、とうちゃん、遊ぶよ」 今にも飛びついて来そうなちゃ太郎である。



今日は釣りの準備に、一匹息子の遊び相手にと、充実の日曜でした。

さて次の週末、シーズンに1本は結果を出したいサケ狙いにするか、マガレイ狙いで太平洋に行くか、初のブリに挑戦するか悩みは絶えない。

いただいたコメントは承認制にさせて頂いております。
posted by key (キィ) at 22:12| Comment(8) | ちゃ太郎日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

釣れない留めは退去命令

2017年 釣果の出ない鮭シーズンを締めくくるべく体育の日の連休は太平洋に出撃してきました。

結論から書くと第1日目8日はボ、2日目9日は竿を出すことも無くTheEndでした。

今年は鮭釣行初の日本海出撃を繰返しましたが結果は出ず10月に入り太平洋も鮭の姿が見られるようになったので、この連休は太平洋に出撃。

実は4日に鮭が入り、活性化し跳ねやモジリがあるのを下見に来ています。



8日

出撃場所は行き慣れたNBK

港では出港前の漁船が仕度中

171009 harbor.noboribetsu.jpg

朝4時に現地に到着するも連休なのに駐車場に車4台ほど?思わず海を見るとけっこう荒れています。

よく見ると浜には1ヶのライト。

早速仕度をして浜に降り先客と挨拶。4時半キャスト開始。

時折打ち寄せる波はうねりが付き2m以上の波高

171008 Fishing boat.jpg

沖では煌々と照明を焚いた漁船

何事も起きることなく5時を過ぎて釣人2名が追加されますが例年なら場所も無いほど混むこの場所に異変?

この後、7時半までキャストを繰返すも反応は無く、高波の間隔が狭くなりうねりも強くなって来て

171008noborribetsu.jpg

投げ止めとしました。


9日

再びNBK

3時半、現地に到着し海を照らすと大荒れ、高波が狭い間隔で打ち寄せて来て白波で覆われていました。

6時過ぎには落着く予報だったので車中でしばし仮眠体制に入ります。

しかし、5時前に警察車両が右来左来、結局5時半には高波の為海岸通りは通行止めとなり一帯で釣りを目論んでいた人々に退去命令がでて竿も出すことなくTheEndとなりました。

171009 taiheyo.jpg

171009 takeura.jpg

171009 yoshiwara.jpg
上)虎杖浜海岸 沖の消波堤を乗越える高波
中)竹浦海岸  白波と高波で釣り人が消えた海岸
下)北吉原海岸 護岸に打ち付ける高波

2017年の鮭釣りはこれ以上追っても他の釣りが出来なくなるのでこの連休を持って終漁の予定。

鮭が一本も釣れなかったシーズンは初めてです。

ところで日本海側で目にすることはないですが

171008TerritoryRope.jpg

ロープで囲い縄張りを主張する場所取り

171008 Territory.jpg

看板があっても平気な釣り人の自分ファーストは世界の流行なのでしょうか.....。



釣れないブログアップは止めようかとも考えましたが備忘録として残すことに。


鮭を追いかけていたら季節の移ろいを見落としていました。

道央はこんなにも色付いていたんですね。

171008 autumn.JPG

国道453号 支笏湖から札幌に通じる国道

171008yellow.jpg

鮮やかな黄色

171008red.jpg

鮮やかな赤色 (電線が俗化してます)

いただいたコメントは承認制とさせて頂いております。

posted by key (キィ) at 20:31| Comment(6) | サケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

10月一は古平河口

久々に日ノ出直前の空を仰ぐ

171001 sunrise.jpg

ここで手を合わせた所できっと結果は ・ ・ ・ ・ ・   


それにしても凄い数のアングラー、なんでも昨日は良かったらしい .....

171001 sea.jpg

そ し て ・ ・ ・



今日も 釣れねッ!
コメントは承認制とさせて頂いております。
posted by key (キィ) at 06:29| Comment(6) | サケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

かなり重篤かと思った

もう、長くはない様だ・・・



やっぱり受診してみた方が良いだろうか・・・



人生の中でこんな経験はない

    ・

    ・

    ・

かなり重篤なんじゃないか

    ・
    ・

    ・


さっぱり釣りに行きたくならないのだ

いや〜、秋の一番炎える時に釣りに行く気にもなれなかった。

この週末になって、2週間振りにやっと腰があがった。完全復調 (爆



鮭は寄って来ているが今年の鮭は捕食という動作を覚えないで故郷に帰って来たらしい。

早朝には100名は居たであろうアングラー、当然駐車場から車はあふれていた。

釣果は全体で10本程度

遠浅のこの河口、6時を向えたら釣果がさっぱり見られない。

7時過ぎても釣果を出せるアングラーが2名ほど

0923 Point.jpg

鮭がモジってるポイント(ボートの横の赤い楕円)まで約80m

その向こうへキャストが届く人が約2名

内1名が淡水を呑んでいないブナ無しを2本上げていた。

そう、朝抽選から外れたら100m飛ばさないとゲット出来ないのである。

0923 F.Riv.jpg

河口で釣る人(違法ではない)、浅瀬に入って沖に遠投する人

11時半まで粘ったが今週も

今年はマジで自前イクラ丼は口に出来ないかもしれない。


当分の間、いただいたコメントは承認制とさせて頂きます
posted by key (キィ) at 08:02| Comment(9) | サケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

活字に踊らされて古平へ

木曜日の夕刊に釣り情報があり、太平洋は至る所で釣果がパッとしていない中、そこそこの釣果が出ているらしい記事があった。

newspaper.JPG

釣り専門紙の情報は一字一句違わぬ同じ記事が次の年も載っていたのを見付けてからここ数年自分で購入したことは無い。

おまけに一週前の情報だから当てにしてならないのは分かっているが今年の太平洋は昨年よりも釣果が落ちている様なので、鮭釣りで行く事のない積丹方面に初めて行って見る事にした。

この場所、サクラシーズンには年一度は必ず訪れるので河口の状況は見当が付いていた。

現地に着いて仲間入り。

一時間ロッドを振るが自分ばかりか周りにも釣果は見られない。

諦めて磯上がりする人が増えて河口近くの場所が空いたのでそこに場所移動。

しかし、釣果が見られない。

7時過ぎテンション0%になって車に戻り休憩。

Riv.furubira.jpg

(明るくなってからの河口の様子)

鮭で日本海は数年前に増毛に行ったきり来た事がなかったが太平洋道央圏と違い

日本海のサケ釣りはアングラーが多いのに殺伐としていないし、何より駐車場、釣り場が綺麗なのにおどろいた。

いつも行く釣り場は駐車場に仕掛けや間食物の袋などゴミが散乱、釣り場にも多くのゴミが持ち帰られずに放置のままである。

この日、偶然隣にいた二人組の方は誰かが自分の車の前に放置して行ったゴミを分別して袋に入れ自分の車に積んでいた。

そして、ここでも勿論、河口規制があり標柱が立っているのだが、見ていた限り規制内に入って釣りをしている人を見掛けなかった。

磯に並んでいても隙間があれば割込んで来るようなアングラーはいないし、人の後ろからロッドを振るような気のふれたアングラーも居なさそうである。全体的にマナーの良さを感じた。

kinshi.jpg

この後、鮭の釣果を見ることはなく、ロッドをたたみ帰路に就いたが、日本海でのサケ釣りが好きになりそうである。

posted by key (キィ) at 06:40| Comment(6) | サケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする