2009年08月16日

カラフトマス巡業

慣例のオホーツク海カラフトマス巡業

今年も心置きなく・・・いいえ、まだ未練はたっぷりあったのですが巡業を終了いたしました。

結果から言うと今年のカラフト釣行における条件は厳しいものでした。

@ 盆休み前の天候が悪く河川は汚れがひどかったこと

A 気圧配置上海は底荒れの日が多かったこと

B 降雨量が例年より多いはずなのに河川の水量が少なかったこと

それでも何とか今年もカラフトマスに巡り会えました。


 良かったしょ! 何卒クリックもお願いします。
src="http://fishing.blogmura.com/saltlure/img/saltlure80_15_pink_2.gif" mce_src="http://fishing.blogmura.com/saltlure/img/saltlure80_15_pink_2.gif" width="80"
height="15" border="0" alt="にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ">



この後も楽しいよ!
posted by key (キィ) at 22:52| Comment(10) | TrackBack(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

カラフトマス巡業 その二

3日連荘で釣行直後の休み明けで本日は流石に疲れてました

そして、釣って、食べて、寝ての繰り返しで体重が激増

明かに投げ竿も振り切れないくらい脂肪が腰周りに(汗

鮭シーズンも間もなくなのに

誰か7日で4kg痩せるダイエット麻薬ありましたら教えてください


さてさて、つづき

14日夕方にKIJIさんより15日深夜にオホーツク海岸で待つとのメールが携帯に入り、ならば待合わせ場所を決めkeyの車で向うことに

午前3時KIJIさん到着、車に荷物を積込み

イザッ!ウミ〜〜〜ッ
この後も楽しいよ!
posted by key (キィ) at 22:48| Comment(12) | TrackBack(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

カラフト備忘録

 m(_ _)m 何卒!何卒、先ずはクリックをお願いします!
src="http://fishing.blogmura.com/img/fishing88_31_lightred_2.gif" mce_src="http://fishing.blogmura.com/img/fishing88_31_lightred_2.gif" width="88"
height="31" border="0" alt="にほんブログ村 釣りブログへ">



例年のトラウト巡業は2巡業のサクラandカラフトが終了し残りのサケも道央太平洋はまもなく最盛期に突入です。

その前に今シーズンのカラフト巡業の反省をここに投稿し来年の為の備忘録としたいと思います。

来年の事、言うとカラフトが笑いますが

皆様の参考になれば尚、幸いであります



この後も楽しいよ!
posted by key (キィ) at 23:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

オホーツク見参 2010

久々の更新です

お盆休みが終わった方、今日で終わる方

keyは明日までお休みです



唐突ですが、総理大臣をお辞めになったら議員バッチも外すとおっしゃりながら最近不穏な動きをされ

愚作だとおっしゃりながらその愚作をそのまま最終結論にしたり

早く過去の人になって欲しい、あのお方の愚作のおかげで悲劇に遭われた方もこの盆にはいかほどいらっしゃるかと・・・・・



12日深夜に帰郷の予定が事情により13日朝に札幌を発ったら道北に向う高速道路は多発する事故の為、大渋滞となりました

社会実験だとかで無料化になった道央縦貫道の岩見沢−士別剣淵間

このときばかりにと普段利用した事も無いドライバーが大挙して高速道路に押し寄せ

一般道と同じ走行をするものですから事故多発です




続きがあります
posted by key (キィ) at 12:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

年に一度のオホーツク巡業

今年も先祖の墓参りに名を借りたオホーツク巡業に行ってまいりました


無料化社会実験も終了したと言うのに札幌ICで道央道旭川方面に入るといきなり渋滞


その渋滞距離は北海道では考えられない札幌から岩見沢まで23km


いつもは30分もあればと通り抜ける区間も所要時間1時間半


流石に我家のちゃ太郎までが退屈したらしく揺れる車で夢心地状態

chataro.jpg


いつもより2時間も多く費やして吾田舎に里帰りです



つづく
posted by key (キィ) at 23:07| Comment(8) | TrackBack(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

今年も樺太巡業

いよいよ明日からお盆休み

明日朝発って道北オホーツクに里帰りしてきます

主目的はあくまでもお墓参り

ご先祖様に、春に旅立った母に感謝を込めて手を合わせてきます



ついでに、荷物にはこんなものも詰めました

karafuto.jpg
カラフト用ルアー



昨年は前評判ほど結果は良くなかったカラフトですが今年はどうなのでしょう?

毎年、もしもの時のために準備はして行くのですが必要になったことがありません

でも、今年も準備だけはしていきます



sake.jpg
鮭用ルアー



もし爆釣してもアップは出来ません(爆
posted by key (キィ) at 22:26| Comment(12) | TrackBack(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

恒例お盆巡業 '13

今年の盆休みは会社により前後半の二通りに分散していたようで帰省の道の混み具合もさほどでもなく例年よりは短時間で帰省できました


今年は入院中の父親を退院させ自宅に連れて帰るなど釣りの用意はしていったもののいつもの年のように釣りバカにはなりきれませんでした


しかし、某漁協に勤める姪からは「今年のカラフトは去年の3倍の漁獲量だよ」と情報を貰ってはいたもののなかなか時間と快い視線が貰えず


やっと16日の朝、オホーツクに出撃することができました






今年は去年までと違うポイントに入ってみようと雄武町のMS川河口へ



日の出は4時半頃、しかし3時頃より周りでは準備をして河口へ向かう人ばかりでついつい気をせかされ準備して3時40分には河口左岸に場所を確保して砂浜に腰を下ろして薄暗い中、目を凝らして自分の前の沖を見ると何やら定置網が入っているような様子



立上り再確認、、、、、やっぱり網が入ってるw・・・・・即座に右岸側に移動
(陽が昇った頃、漁師の船がやって来て定置網の設置位置を直していたのでやはり網は仕掛けられていた)





空も白み始めキャスト開始





'13BonSunRise.jpg

オホーツクの夜明けです 見える岬は日の出岬





'13karahuto.jpg

メジャーじゃないこのポイントも結構釣り人入ってます



ところがこの河口、遠浅がつづき、岸から25mもキャストすると底には一面に海草があるようでキャストの度にルアーが掛りチョイキャストでしか釣りにならない



遠浅なポイントは陽が昇る頃には沖目にポイントが移動するので浮きルアー仕掛けをしない自分には向いていないポイント



即、場所移動することに



・・・・・・・こんな時は結果が決して良くない



次に向かったのは同じ町内のMI河口



が、河口は狭くなっており水量は例年の半分もなく2・3度キャストするがここも即移動





'13oumu.jpg

そして6時半も過ぎた頃、O河口に到着



20分もキャストした頃、目の前で急に仕掛けが何かに引っ掛る・・・・・?



えっ?・・・・・思わず合わせを入れると、ほんとーに久しぶりの引き



慎重に引き寄せ



'13Karahutu♂.jpg

えーーー、実に2年ぶりのカラフトマスです





1本釣れたところで満足度120%   まもなく本日、納竿



翌日夕方、再び同じ場所に入釣するも何事もなく今年のオホーツク巡業は終了しました 。。。  。。
posted by key (キィ) at 21:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

カラフト軍団は?

今年も道北の田舎に帰省してきました

枝幸から網走あたりまで今年も(昨年も盆のカラフトは良くなかった)情報が芳しくないカラフトを狙ってオホーツク海に繰り出してきました

出撃先を何処にしようか考えた末、紋別は河川に濁りが入り易く抜けにくいので台風11号の影響が抜けていないと思い沙留か雄武と考えまず沙留へ

4時に海岸に立ち4時半にたった一度だけライズを見たもののあとは音沙汰なし

5時半には釣り人ほとんど退散

カラフト'14.jpg
退散時に撮った一枚

続いて雄武川河口に入ってみたものの、河川敷を歩いて行くと帰りの人々が次々と

誰もカラフト抱えていません

一時間ほどロッド振ってみますが当り無し、周りに釣果なしでロッドをたたみました

ちなみに雄武では40〜50人ほどが入っていましたが釣果を確認できたのは3本のみ

一人2〜3本が当り前の時期に全体で3本、カラフト軍団はこの付近の海岸にはまだ到着していない模様

人伝いによると稚内から枝幸まではそこそこ良いらしいのですが・・・

翌日は出撃するほどの意欲もわかず、今年のカラフト巡業は終わりました

posted by key (キィ) at 08:30| Comment(8) | TrackBack(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

'15 カラフト

'15 のカラフトマス釣行も「アッ」と言う間に終わってしまいました

今年の盆休みは仕事の都合ですごく短かったので釣りもたった半日で終了です


久々に北の果て稚内在住のKIJIさんと4時過ぎには浜辺に立ってました

しかし、周囲に沈黙の時間が過ぎていきます

沈黙が破られたのは一時間以上過ぎて違う場所に移ろうかと話し始め一度は撤収決めた時

この日2本目の釣果が、すぐ傍でおきて

「やっぱり居るんだ・・・」と誰もが力が入った時でした

'15karahuto.jpg

しかし、その期待も期待に終わりました

この日の夜明け、この場所で上がったカラフトを確認できたのは全体で6本

実はアングルから外れたポイントでも多くのアングラーがおり全体で40名強くらいでしょうか

釣れた瞬間を確認できたのが5本、いずれも河口寄り

忘れた頃にポツラッと上がる釣果にテンションは下がりっぱなし

30分も当りがないとテンションが急降下する、持続力に欠ける私は午前5時には

もうやる気無くなってました(爆


結局、海でシャッターを押したのはこの一枚のみ

今年のオホーツク巡業は終了しました。(-_-)

・・・・・とさ

posted by key (キィ) at 20:38| Comment(12) | TrackBack(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

2016夏 竿おろします

昨年は良い情報も殆ど聞かれず不漁と言われたカラフトマス

遇数年の今年も不良なのか、13日の午後さっそく現地調査に向かい、某港に到着

陽も高く、おまけにオホーツクと言うのに猛暑、浜には釣り人4名ほど、いつもならずらりと砂浜に並ぶ車も殆ど見られず1台のみ

海水は濁りが入り、期待できるような状況が見当たりませんが、ここで一投してみましたが

160813saruru.jpg

予想通り、釣れる気配無くここを後に。


隣の河川に着いてみると例年ほどは車有りません。

さらに河口がすっかり様変わりしておりました。

夕マズメ、20名ほどもいたでしょうか、ポツポツと釣果は上がっておりました。

明朝の出撃はこの場所とすることで1日目は準備体操のみ


翌朝4時前、朝日が昇る前に磯に並び準備体操

日の出前から浮ルアーマンにはポツリポツリと釣果があります。

日の出頃には30名ほどが並んでおり

160804asa.jpg

陽が昇り始めると一気に釣果があちらこちらに出始めます。

辺りがはっきり見え始めると海面にはカラフトの背びれやモジリがあり、大挙して群れが押寄せていることがわかります。

あちらこちらで次々と釣果が上がり爆釣と言っても過言でないほどの成果です

・ ・ ・ ・ ・ が

この時点で私の竿は一度も曲がってません。

当りはあるものの乗りません。

浮きルアーにしか釣れていないのかと言えばそうではなく、スプーンにも釣果は出ています。

が、私のとっかえひっかえしているスプーンにはカラフトが乗らないのです。

隣の知人から釣果を上げているスプーンを借りても釣果は出ません。


これは、腕の無さを自覚するしかありません。

結局午前6時半、竿納めするまでに釣果は有りませんでした。

周りで釣果が無い人はきっといないはず、良い人では7本以上の結果を残しています。

3年ほど前までは同じスタイルで結果が出ていたので何が原因かは解らずじまい。

ただ単に、腕が落ちたとしか言い様が有りません。

もう、竿おろして釣り辞めます。

次回からは猫ブログに傾倒します (爆

2016年のカラフト巡業、備忘録でした。


そうそう、追記しておきます。
この河口で今シーズン初の鮭を釣り上げた瞬間を見てしまいました。
銀ピカ良型の鮭でしたが、この河口でこんなに早い時期に鮭を見たのは初めてです。
例年より早い遡上なのかもしれません。


posted by key (キィ) at 08:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする