2016年07月10日

そろそろでないSO港

このツキ・・・・・恐ろしい

160710 big39.5.jpg

日本海でフロックでマガレイ40cmクラスを2枚釣った春

そのツキはまだ残っていた。

写真ではいかにも40cm以上に見える

・ ・ ・ ・ ・ が実は40cmに5mm足りない。

しかし、激渋の中、この1枚は値千金である。


土曜の夕方、改めて天気と波浪情報を確認すると、胆振と渡島方面は明方までに雨は上がり、波も悪くはない情報

日曜の深夜、仮眠を取り過ぎて遅れ気味の2時半自宅出発

目的地に到着したらすっかり明るくなっており、荷物を担いで長い防波堤を歩く。

それにしてもこの時期のこの時間にこの場所ががら空きとはなんだべな・・・・・と思いながら600m以上歩く。

適度に渡りやすいテトラの加減を選び、竿をセット、第一投は5時に数分前。

160710 am5.jpg

まもなく竿先に生体反応あるものの鈎掛かりしない。

掛ったと思えばペラペラのソウハチ・マガレイ、たまに手の平もあるかどうかのタカノハ

いつもの年ならこの時期マガレイの最盛期のはずのこの港

例年より遅れているのか、はたまた今年はXデーはないのか



開始から2時間も経とうかと言うころ、やっとキープサイズのマガレイが来た。

160710 mini.jpg

その後、から揚げにでもなるかな程度の2枚を一応キープしたが鳴かず飛ばずのこう着状態なので

手術からやや1年と2ヶ月、気候も暖かくなってきたしと思い久し振りにフルキャストしてみた。

「あら〜飛んだんでねぇ」 4色ラインではないが裕に200mラインの半分以上は出てるし。

それから10分も過ぎた頃竿先が小さく震える。でも糸ふけしないのよ。

また小さい奴かと思い合せを入れてリールを巻き始めると、これが意外と重い。

もう直ぐ力糸なのに魚が浮いてこない。足元のテトラ下まで来て「でかい!」が

今日は一人だし今更タモを取りにも行けないし、ここはごぼう抜き。

テトラにあげたら暴れて鈎が外れて、慌てて手で押さえた。

測って見たのが最初の写真。

9時半まで粘ったがその後が続かず納竿した。

今日のkeepは4枚

160710 keep.jpg

日本海でも太平洋でもマガレイは満足のいくサイズが出た。

そろそろ投げ竿をルアーロッドに持ち変えるかな。

あっ!選挙に行かなくちゃ

posted by key (キィ) at 15:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
keyさん、こんばんは〜♪

やりましたね〜おめでとうござます!
それにしてもデカぁ〜
このあと〜どういうお料理に変身したのかも〜気になります

Posted by うえくみ at 2016年07月10日 18:58
うえくみさん

こんにちは
今年は平物の調子が良かったです。

そうね〜、一応5枚に卸したのですが
刺身になるか、揚げ物になるか、カルパッチョになるか
料理人に任せてあります (^o^)
Posted by key at 2016年07月11日 18:08
残り少ない「運」、今年は使いまくりですね(笑

ところで、奇数年は豊漁年、偶数年は不漁年のカラフトマスですが、
最近は、その傾向が不明瞭だそうです。

でも、大丈夫ですよ!
たぶん、まだ運が残っていると思い鱒。
Posted by 弟子 at 2016年07月11日 21:53
弟子さん

実はですね、運はもう使い果たしましてね・・・

代わりに実力がついてしまいましたので、もう安心です v(^o^)
Posted by key at 2016年07月12日 17:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック