2015年05月23日

こんな蕎麦屋には二度と入らない

今日は最後まで写真がない

先日買い物に出かけた折、店を出たらちょうど昼時だったので『盤渓蕎麦』でも食べようとお店に行ったら日曜は定休日、なので初のお店に行ってみることに


中央区にある「K庵」−−−店名の前に「高級そば処」とつけてやりたいところだと帰りしなに思った

今時、地下鉄や路面電車の沿線でもないのに2台がやっと停められる駐車スペースに駐車して入店

それだけ味が良ければ客が来るという自信の表れなのかもしれない


玄関には「店内撮影お断り」の張り紙が・・・・・

はっきり言ってこんなお店で美味しい食べ物屋に出遭ったことはない

日曜の昼時の割には客もまばら



店内は店装業者の新人担当者がいかにも好みそうなコンクリート直仕上げの床といかにも的な内装である

コンクリートの床に木の椅子なものだから客が椅子を押し引きするたびにガタガタゴトゴトと5月バエ(うるさい)

そう、育ちがいい高級な人は椅子の音を発てて引いたりしない・・・のであろう



メニュー表を見ると「蕎麦一枚がこんなに」とおどろく

おそらく札幌でも表彰台に上がれるランクであろう価格構成

いつものように「もりそば」を注文、消費税別途で¥900なり、大盛りはさらに¥200アップ



お店(きっと店主の妻)では、ヨレヨレのジーパンと着古したデニムのシャツ、生協の衣料コーナーで調達したようなハンチングの夫とファッションシセンターしまむらで上下を揃えたような妻、二人の装いを見て

「こいつらにうちの蕎麦が解るのか?」と思ったのかもしれない

しかし、食は人に順位をつけないと言う教えをこのお店にも説いてあげたい

もりそばが出てくると、ツユはこうなのでああして、薬味(辛おろし、おろしワサビ)はこうして食べろと箸の上げ下ろしまで指示されているようで落ち着かない

量は一般店より少なめ、せいろではなく皿で出てくる(なのにもりそばではなくせいろである)ので半分ほど食べると残りは水切れが悪い

蕎麦は更科系、ツユは濃口で多少辛みがついている

高級志向ならば汁の味は濃くてはいけない、薄くなければ食材の持っている味も香りをも殺してしまう

そばの味・コシも汁の味も「一般蕎麦店となんら変わらない」がkeyの感想である

なので、二度と行かない。。。いや、行きたくない。



札幌には南区にもう一店、二度と行来たくない「S家」という最悪の蕎麦店がある(ひょっとするともう潰れて閉店しているかもしれない)

知人に以前「ここのそば屋さんは美味しいよ」と言われメモしておいたお店で、教えられてから数年越しで入店してみた

ここの店主も「お前らに俺の蕎麦が解るのか?」という態度の店だというのはウエブで知っていた

蕎麦はかび臭い、ツユは足りなくて水で割ったのか?という店だ



やはり客商売のお店は店主・従業員がすべてを物語っているものだとつくづく感じた

二店とも私がミシュランの調査員なら星どころか調査に値しないお店である(でも、調査しないとわからない (-_-)自棄)

posted by key (キィ) at 21:53| Comment(8) | TrackBack(0) | 食いしん坊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれ、俺の行く薄野の高級銭湯も、店内撮影お断りだよ同じだね。

流石保険金が入ると勢いが増しますね。

まぁ、成金と申しまししょうか、下地が店員さんに見えたのかしら。

床材の仕上げは勿論Pタイルで、壁は化粧合板、

テーブルは花柄のビニルクロスと相場は決まっているんですけどね。

コップはビール屋の星印のついたもので

こういうお店が美味しいんだよ。


ところで、旦那もハンチング派では?

ハンチングは競輪場で結構かぶる人が多いからね。

Posted by ハゴトコ at 2015年05月23日 22:36
そうそう!keyさんらしいこの辛口コメントを待ってたのさ〜♪(笑)
食べ物屋は、なかなか自分に合った店に出会わないもんだよね〜(だから美味しい店にあたった時は嬉しいんだけど)
しかし…店員の態度が悪いと本当に食欲無くなるよね…
Posted by 釣りキチぺーぺー at 2015年05月24日 00:16
そこの主人に「この手の蕎麦はどの様に食するのが一番美味しいんですか?」と聞き
「これが一番かな・・・」と 薬味をパラパラ蕎麦に振り掛け 山葵をタレ瓶で直接溶き
ドバッっと そのタレをぶっかけ ワサワサと食ってやりましょう 
垂水の貯まった皿なんですから程よい塩加減になるでしょう(笑) 
どうせそれほどの蕎麦屋じゃないんでしょうから  
初めまして これからもよろしくお願いいたします 初コメの のりぞ〜でした
Posted by のりぞ〜 at 2015年05月24日 04:53
ハゴトコさん

まさか高級銭湯で撮影を許可するとこなんてないでしょう
ハゴトコさんの知ってるお店って皆TVに良く出て来る女郎屋みたいな造りなんですね
確かに美味しそうです(爆

ハンチングはね、元々ハンターの帽子だったんだけどね〜
どうもハゴトコさんの印象は悪そうだね、って言うよりハゴトコさん、そんな所ばかり好んで行ってるしょ
Posted by key at 2015年05月24日 07:39
釣りキチペーペーさん

本当に美味しい店なんてそうそう出会う物じゃないですね
味よりやっぱお店側の客に対する態度だよね、同感同感
Posted by key at 2015年05月24日 07:43
のりぞ〜さん

ようこそ、拙いブログにお越しくださいました

まぁ、この手合いの蕎麦やって本当に多いです
何を勘違いしているのか特に蕎麦打つ人には多いですね
私は態度の悪いお店には静かに支払いだけをして帰って来ます
物言わぬ客が多くなったら二度と来ないってこと経営者は忘れてます
本心は「早く潰れてしまえ」ですね

これからも宜しくお願いします
Posted by key at 2015年05月24日 07:49
う〜ん〜
分かる気がします

自分も同じ様な事が結構あるかも…
似てるかも(笑)

Posted by うえくみ at 2015年05月26日 12:18
うえくみさん

あるしょ!こんなこと
蕎麦打ちって変な自信家がおおいですよね
「それは思い過ごしだ」って教えてやりたいです
Posted by key at 2015年05月27日 20:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419467358
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック