2012年01月11日

釣果をいただく(key家のニシン)

小樽のニシン網が入ったと新聞に出ていましたね


今シーズンは港の岸壁でも沖で捕るサイズと変わらない大きさのニシンが捕れました





釣った魚を美味しくいただくにはちょっとした手間を惜しまないことです



先ず、釣ったらその場で血抜きをしておくだけでも明らかに味が違います

nishin-0.jpg



そして持ち帰る時は雪などを利用し鮮度が出来るだけ落ちないようにします

nishin-1.jpg



下処理は先ずウロコをきれいに取り除きますがkeyはこの時カナ束子を利用します

nishin-3.jpg



内臓を出し歯ブラシなどを利用し血合いなどを取り除きます

nishin-4.jpg
こんな内臓の付着物、血合いを


nishin-5.jpg
せめてこのくらいキレイに洗い流します



【刺身でいただく場合】

3枚におろし皮を曳き小骨切りをします
いただくばかりとなったニシンを冷蔵庫で保存する場合は金属用器かアルミホイルに包み出来るだけ冷えた状態を保つようにします

nishin.sashimi-1.jpg


nishin.sashimi-2.jpg



おろし生姜、長葱又は万能葱を微塵切りしゆずポン酢でいただきます

nishin.sashimi-3.jpg



葱、生姜とともにタタキにしても美味しいです
この時葱を使い過ぎるとニシンの味が死にます(今回は少し葱多目で失敗しました)

nishin.tataki.jpg





【煮魚でいただく場合】

下処理したら塩を20分位まぶしておきます

nishin-6.jpg

時間が来たら塩を洗い流します

醤油、味醂、真水を1:1:0.7の割合にし砂糖を好みに合わせてだし汁を沸騰させます
ニシン、ニシンの子と薄切り生姜、一味唐辛子少々をいれ落し蓋をし15分くらい煮ます

nishin.shouyuni1.jpg



一晩置いてからいただくと味が滲みていっそう美味しくなります

nishin.shouyuni2.jpg





【〆ニシンでいただく場合】

3枚におろしたニシンを海水より濃いくらいの食塩水に30分位漬けます

simenishin1.jpg



食塩水をキッチンペーパーなどで拭き取り好みに配合した酢出汁に1.5日位漬け置きします

simenishin2.jpg



穀物酢:りんご酢:黒酢(玄米):赤酢(赤ワイン):梅酢(自家製)を1(180cc):1:大さじ2杯:大さじ1杯:大さじ2杯の割合に砂糖で好みに合わせ我家の酢出汁を造りました

simeyou.su.jpg



これをマリーネ風にしていただきます

nishin.marine.jpg

酢に漬けることで小骨もまったく気にならず食べられます




【身欠きニシンでいただく場合】

これが一番の難関でインターネットで検索しても参考になるものがなかなかありません

〆ニシンは〆サバを造るレシピを参考にしましたが身欠き鰊のレシピはほとんどネットでヒットしませんでした

唯一、ある女性のブログレシピを勝手にアレンジして今回は挑戦してみました

処理したニシンを2枚に卸し海水より辛い食塩水に5時間ほど漬けました

migakinishin1.jpg

これを水切りし干し網にて一週間ほど外気温で寒干します

migakinishin2.jpg



結果は一週間後に出ます
posted by key (キィ) at 18:44| Comment(10) | TrackBack(0) | 自給自足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。猫親バカから辿って来ました。
わたくしの地元ではニシンは釣れませんが、
買うことは出来るので、レシピを参考にさせていただきたいと思います。
Posted by みそちゃんの父 at 2012年01月11日 22:30
さすがに念入りな下ごしらえ、ここまでやれば
ニシンもきっとうかばれますね(^^)
身欠きニシン、結果が楽しみですがはたして?
Posted by やみい at 2012年01月11日 23:14
自分も圧力鍋を使って煮魚を作りました。
骨も食べれて良かったよ〜♪
そして〆ニシン…生姜醤油を付けて食べたら、ビールが進むこと進むこと(笑)
やっぱり旬の魚は美味しいね〜♪
Posted by 釣りキチぺーぺー at 2012年01月12日 00:17
みそちゃんの父さん

ようこそお越しくださいました
そちらで売っているニシンの産地は何処なのでしょうね
足が早いと言われる光物のニシン、刺身は無理でしょうか?
にそちゃんの父さんの料理は私の趣味程度を超えていますね
こちらこそこれから参考にさせていただきます
Posted by key at 2012年01月12日 06:52
やみいさん

特に光物の魚って下処理が悪いと味にまで出てきます
魚に限らず下処理の良し悪しが結果となってきますよね
身欠きにしん・・・結果が自分も楽しみです
この寒さでかなりいい感じなんですが
Posted by key at 2012年01月12日 06:55
釣りキチぺーぺーさん

やりましたか、圧力鍋
脂の乗っているいま時期のニシンの刺身、、、予想以上にいけますよね
今度はぺーぺーさん自前のニシンで・・・竿買った?(爆
Posted by key at 2012年01月12日 07:00
鰊の下ごしらえって大変そうですね。。
でも、いろんな食べ方があるんですね♪
新鮮なニシンでこの調理なら、お味も抜群だと思います^o^
私も釣りガールならぬ釣りオババに挑戦しようかな〜笑
Posted by のん福レオのお母さん at 2012年01月13日 14:12
のん福レオのお母さん

こんばんわ
そうですね、おっしゃるとおり料理方法が多い魚かもしれません

いえいえ、自分でオババなどとおっしゃらず、赤いパンツ着けてる方でもガールと自称していますから釣りガールと自称してもOKですよ(笑
Posted by key at 2012年01月13日 21:49
あ・・・・・
もっと早くこの記事見ていれば、ニシンも成仏できました。^^;
レシピをメモメモさせて頂きます。
煮付け旨そうですね。^^
Posted by カッチ at 2012年01月18日 12:56
カッチさん

この程度のレシピじゃ役に立たないでしょうに
煮付けは始めに塩で少し身を締めて置くのが良いみたいです
ニシンももう終わりだしさて春までどうしましょうかね
Posted by key at 2012年01月19日 22:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック