2009年02月07日

52cmメタボ計測なら・・・

立春が過ぎましたが北海道は流氷初日が報道されたばかりで春遠しです。

流氷接岸でおかっぱりなど当分無理なオホーツク沿岸の少数のブロガーの間では「投げはやっぱり遠投だ!とか、いやいや資源が豊富なオホーツク沿岸で遠投なんてナンセンスだ!」などとイロリ程度に炎上しているようです。(笑

今週から仕事で室蘭行の辞令(ではなく命令)が発令され毎日、札幌から通勤です。

そこで、あの日の感動の岸壁を久しぶりに訪れたのですが・・・


muroran-1huto.JPG














2003年6月8日午前10時

室蘭港の座布団カレイも、そろそろ終盤を迎えたとは言え相変わらずの人気です。知人と前夜から室蘭西1号埠頭の人ごみの中、わずかばかりのスキマに竿をセットし夜明けを待ちます。
夜明けと共に遠、遠、近と3本をキャスティングします・・・しかし、1時間が過ぎ、3時間が過ぎても竿先はピクリともしません。

痺れを切らしたkey、先ほど出港して出来た岸壁の空きに移動しますが埠頭先端角というセオリーを捨てたわけですから釣果は期待できません。

眠気も襲い車中で知らぬ間に1時間ほど過ぎ、そして撤収を決めリールを巻きます。

・・・が海中で大きなビニールでも絡んだようになかなか仕掛けが回収できません。

やっと仕掛けが水面に現れた瞬間「タタタッタモ!!!」・・・と心で叫び準備していないタモを一目散でセットします。

ここで横の知人が、やっと事の重大さに(おおげさ?)気がつきタモ入れをしてくれ座布団が岸壁で暴れます。

「おおおーーー大きい」計測すると52cm。そして、その記念がプロフィールの写真となりました。

この釣果は暇なタクシー運転手の港内放送により他の埠頭から確認者も現れる時の人となりました。(しかし室蘭港はkeyより大物を揚げる強者が沢山います)

このkeyのポイントは岸壁から約4色半。
この日同じポイントに4組9本の竿が出て40cm以上ばかりが9枚。

そのポイントが写真の船の先端当りです。

そんな名ポイントもSOLAS条約とかでフェンスが張られ立入ることが不可能になりました。

やっぱり、飛ばないより飛んだほうがいい・・・です





posted by key (キィ) at 22:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読んでしまった・・・座布団!
おっと、お早うございます、イロリ炎上Blogからやってまいりました(笑
こんな大きなカレイが釣れると書くから行きたくなるんですよ、太平洋。
オホーツクでも、船に乗って行けば座布団を凌駕する畳級が釣れるらしいのですが、そこまでして大物を釣りたいとは思わないし。
今年こそ、チョイ投げでも座布団が狙える稚内や苫小牧、室蘭に足を伸ばしたいものです。
しかし、その前に・・・遠投派の少ないオホーツク、自己満足で投げ続けます。
Posted by kijihokkaido at 2009年02月08日 08:11
kijiさん、やっぱり読んでしまいましたね。
これは釣り人にしか効かない麻薬ログです。
お待ちしてますよ、太平洋で・・・(笑
Posted by key at 2009年02月08日 16:47
お久し振りです
大物が釣れたポイントはなかなか、捨てがたい。
毎年、竿を入れますね。(無駄とは、解っていても?)
川は居つく場所は大体わかりますが。広い海では私には解りません。
ブログを見ている感じでは休憩時間に釣りできそうな感じですが・・・
keyさんもぼちぼち、戦闘開始ですか・・・・?
Posted by 職人s at 2009年02月08日 23:09
職人sさん、こんにちは。
休憩時間に釣り?いや〜本当にやってしまいそうな自分が怖い!
keyは戦闘開始のためのF45に給油中ってとこですかね。
職人sさん出撃されたんですね、カキコしてきませんでしたが拝見いたしました。
北海道の渓流は、まだまだですけど・・・。
SOLTもそろそろ平物の釣果が聞こえてきましたので準備を急げ!ですかね。
Posted by key at 2009年02月09日 12:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/389456190
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック