2017年06月24日

爆食・快便・快眠な猫

cha-4.jpg

cha-5.jpg

いつまでも治らない鼻炎以外はいたって元気なちゃ太郎

世話係りが抗生物質を90日に渡って服用させて終了した途端再発した。

体重の割には投与量が少なかったのかもしれないと倍の量で再び服用が始まった。

あまり間が空いては耐酸性抗体が出来てからでは大変と一週間も置かずに始まった。

本猫にしてみればまた苦い薬を呑まされて迷惑なことだろうが、このまま一生続くのは何とも可愛そうと世話係りは毎日無理やり口を開け服用させている。


先日コンビニに入ったらこんな本をみつけ思わず買ってしまった。

book.jpg

¥539の本、帰って開いてみたが特に新しい発見は無かった。・・・が日々チェックが大切であることを再認識したしだいです。

毎日食欲が衰えることは無く、これ以上デブにならないようにと食欲が落ちない低カロリーフードをやっと見つけ同量しか与えなくても減らない体重。

しかし、便と名の付く物は毎日すこぶる快調そのものである。

cha6.jpg

遊びも全開

cha-2.jpg

飼い主が帰宅して新聞を読んでいると「遊んでよ」と新聞に座り動かない。

cha-7.jpg

良く食べて、良く出して、良く寝て体重が増えないのならそれはそれでダイエットも必要ないかと諦める飼い主です。

cha-1.jpg

朝、起きたら何があろうと二度寝は出来ない飼い主でした。


posted by key (キィ) at 07:29| Comment(2) | TrackBack(0) | ちゃ太郎日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

大型宗八鰈を釣りに内浦湾へ

ここ数週間は週末になれば天気が崩れ釣りから引き気味でしたがこの週末は久し振りに好天に恵まれましたね。

しかしこの一週間は色々あり週末近くなっても釣りに行こうと言う気乗りがして来ません。

それでも土曜の夕方イソメを買って帰宅。

「一夜干しの宗八が食べたいな」と思っていたら「そろそろ内浦湾で大型の宗八鰈が釣れ始める頃」だと気付いた。

いつものように夕食をすませ、転寝をして目覚めて「行く気になったら行くかな」程度でイソメを塩エビ粉で締めておいた。

深夜1時頃目覚めて「行くの?行かないの?歯磨きなさい」と言われ歯磨きをしていたら「やっぱり行ってくるか」とエンジンがかかり始めた。

釣り具を車に詰込み眠気覚ましのモリピンを一本。目指すは長万部漁港。

3時半過ぎにとうちゃこ、カートに釣り具を縛り付け外防波堤をトコトコ歩く。

釣りハイシーズンのはずなのに釣り人があまりに少ない。

釣り座も前回と同じ場所にし4時半第一投完了。

170618 oshamanbe.jpg

一分もしないで竿先にぴくぴく反応・・・

「今週は良いんでな〜い」 やっと来て良かったと気持ちも期待度もアップ

170618 FirstHit.jpg

しかし期待とは裏腹にイシモチカレイと手の平程度の宗八カレイ。

この時期になるとイシモチは流石に匂いがキツイだろうとリリース、宗八も余裕でリリース。

ところが後からこの宗八が本日一番大きかったことに気付く。

キャストすればすぐに当りが来るものの、マガレイもスナガレイも宗八カレイも良くて唐揚げ用かリリースサイズばかり。

稀に竿尻が上るほどの当りはイシモチカレイ。

結果キープしたのは8枚のみ。

唐揚げにしかならないマガレイとスナガレイばかり。

リリースはその3倍くらい。

カンカン照りの空の下で投げては巻きの繰返し。

170618 sohachi.jpg

釣れてくる宗八はこんな手の平にもならないサイズばかり。

170618 sohachi AVsize.jpg

7−11の割箸の長さは20cmなので宗八がいかに小さいか・・・

疲れ果てて9時に納竿。

大型宗八の一夜干しを楽しむ目論見は見事に却下された。

170618 manbegyoko.jpg

帰りがけに撮った長万部漁港。

来月もう一度宗八狙いで出撃を目論んではいるが、今度は内浦湾を離れる予定である。
posted by key (キィ) at 21:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

飼い主に運命を預けるペット

この仔は私が勤める会社の町内会にある運送会社で番犬を務める若かりし頃のライ君です。

rai1.jpg

回りは住宅街ではないので夜になると広い敷地の一角にひとり、大雨で暴風の日も猛吹雪の日も飼い主から与えられたハウスで番を務めます。

ある夜、もう少ししたら犬小屋も床上浸水になるような大雨に小屋の上に乗り心細そうにしていた日、雨水が流れる様に溝を掘ってやり頭を撫でてあげたのがライ君との付合いの始まりでした。

次の日から飼い主に見つかって「いらぬお世話だ」と叱られても困るので帰りがけこっそりとおやつをあげる様になって1年ほど。

rai3.jpg

keyの車の音を覚えたようで、帰りがけ通ると囲いに手を掛けておやつをねだるようになりました。

ある日、飼い主である運送会社の社長と思しき人から「いつもすみませんね〜」と声を掛けられ運送会社の関係者の皆さんとも会話かわすようになりました。

今年の冬、仕事の関係で運送会社は地方に出稼ぎだったようで、給仕を頼まれたであろう男性が朝晩ライ君にご飯だけを与えに来ているだけで遊んでもかまっても貰えず3ヶ月ほどが過ぎました。

その頃、私は現場を持っており現場へ直行・直帰の毎日でおやつをあげることも、撫でてあげることも出来ませんでした。

そして春、3月頃、いつもならおやつを持って行くと早くと急かすのですが元気が有りません。

身体の調子が悪そうだと直感した私は、出過ぎた事とは思いながらも従業員の方にその旨を訴えたら数日後に動物病院に診てもらったようで皮膚がただれているとのことで塗薬で手当てしてもらったそうです。

薬で治療してもらっているはずなのに元気は元に戻っていないような気がしてました。

そして5月下旬頃、いつもの様におやつを持って傍まで行ってもハウスから出てこないのです。

だるそうに出て来ておやつはいつもの半分も食べずにハウスに戻って行きました。

身体も痩せたままで元気な頃のライ君の影がありません。

「これは絶対おかしい。病気なんじゃないか」と思ったkeyは飼い主の方にそう尋ねると「最近元気がないんだ。近い内に病院に連れて行こうかと思ってる」と言われたのでその時は安心しました。

そして日も長くなった6月の初旬、帰りがけふと囲いの中を見ると、リードが網に無造作に掛けられていたので「やっと病院に連れて行ってもらったのだな」と思っていましたが、数日経ってもライ君は戻ってきません。

きっと病院で診た後、自宅に連れて帰ったのだろう、完治するまでしばらく逢えないのだと安心しておりました。


ところが今日、帰りがけに見ると犬小屋も囲いの金網も跡形なく片付けられていました。

「まさか」と思い車をとび降り、会社の方に聞くと「死んじゃったのさ、社長もあんたに伝えたくて寄ってくれないな」って言ってたんだよ。

「あまり元気がないので皆で社長に散歩でも連れて行った方が良いんじゃないかってことになって社長が散歩に連れて帰ってきたら、その場にばったり倒れて慌てて病院に連れて行ったけどダメだった」

「なんでも肺に水が溜っていたらしくて・・・・・」

お父さんに散歩に誘われた時ライちゃんは身体が辛くて歩くのも嫌だったと思います。

でも、久し振りにお父さんに散歩に誘われてそれはそれは嬉しかったに違いありません。

身体の辛さを忘れて散歩に行ったもののそれはそれは辛い散歩だったはず、それが読み取れるだけになお更不憫でなりません。

飼い主でもないkeyが病院へと催促も急かすことも出来ません。

会社とはいえ全ての会社が利益が順調な訳でも、高額な動物病院に繁盛にペットを連れていける経済状態とは限らないかもしれません。

具合が悪そうでも忙しくて時間が無かったのかもしれません。

これがライ君の運命だったのかもしれません。

でも、余りにより所がなかった宿命に涙が止まりませんでした。

生き物には寿命が有ります。その天寿を全うした上での運命なら黙って見送りも出来ましょうが、わずか6歳で逝くとはこの世に未練もあるだろうと思えてなりません。

ライ君は去勢を受けてはいないのですが二世はいないそうです。

その時期が来るととっても辛そうだったその姿を覚えています。

願わくば、直ぐに病院に連れて行ってくれたならと思えて、残念で残念でなりません。

どうかペットを飼われている皆さん、小さな我が子を育てている皆さん、ペットも小さな子供も周りが気付いてあげなければ自ら訴えることが出来ない事を肝に銘じてください。

子供が親を選べないように、ペットも飼い主を選べないのです。

親の思いの分、飼い主の思いの分だけしか命をもらえないのです。

ぶつけようのない気持ちでまとまりのない更新になってしまいました。

ライちゃんの冥福を心から祈ります。

rai2.jpg

ライちゃん、長い旅をどうかご無事に。

posted by key (キィ) at 22:26| Comment(6) | TrackBack(0) | ちゃ太郎日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

春の山菜料理

cacoo2.jpg
最近は札幌近郊でも渡り鳥カッコーの鳴き声が繁盛に聞かれるようになりました。
カッコーも恋の季節なのか日暮れ時にいつまでも鳴いておりました。
「恋の季節」と言って「ピンキーとキラーズ」が真っ先に頭に浮かぶワタクシは壊れているのでしょうか 。
今週は春の山菜を美味しくいただきました。
蕗の炒め物。我家は野で採れない季節はスーパーから買ってくるほど蕗好きです。
Fuki nimono.jpg
やはり採り立て、天然物は断然美味しいです。
udo warabi nimono.jpg
こちらはワラビとウドの炒め物。これに薄くスライスしたコンニャクがあれば尚goodなのですが生憎冷蔵庫に在庫有りませんでした。
udo sumiso.jpg
ウドと言えば定番、ウドの酢味噌和え
今年初めてチャレンジしたウドとワラビの酢漬けです。
suduke.jpg
レシピはクックパッドを利用したのですが米酢に30%ほど黒酢ブレンドしたことです。
そして甘味はてんさい糖を使用することです。
酢漬けして一週間ほど冷蔵庫で寝かせると酢の角がとれてまろやかな味になります。
warabi suduke.jpg
食べる2日ほど前に昆布を入れるといっそう旨味が増します。
内浦湾はマガレイ釣りも今がピークだと情報が出ていますがマガレイはもう十分です。
さりとて今年から始めてみようと準備したイナダ狙いも、春のイナダは匂いが着いて美味しくないとか、なので秋の戻りイナダに狙いを変えました(笑
そろそろ大型の宗八が釣れる時期のはず。
明日は釣りはお休み、大通公園に各地のアイスクリーム万博(あいぱ)が開催されているとか.....
次の日曜は宗八狙いを企てております。
以上、UP記事が無いので無理やり山菜料理のお話でした。
posted by key (キィ) at 13:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 自給自足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

札幌中心部での駐車は料金にご注意!

昨日3日、土曜日だと言うのに札幌駅前付近の某所で講習会があり受講してきた。

開始時間が12時20分、何とも中途半端な開始時間でもある。

職場の仲間と自分の社有車で相乗りしてパーキングに車を入れ5時終了の講習を受けることにした。

会場となるビルの側に青空パーキングがあり11時過ぎに駐車して会場があるビルの1階喫茶コーナーで昼食を摂り受講会場に入ることとなった。

ここで大失態をしてしまったというか「まさかこんな事になっているなんて」思いもせずパーキングに駐車してしまった。

5時に講習会が終了し帰るべく駐車場へ行くと何やら精算機の前で車を出せないドン臭い車があり、なかなか駐車場から出られない。

やっと順番が来て車を出そうと料金精算をしていたら.....駐車料金が4,800円也 (超!オドロキ)

思わず機械の故障かと思い確認すると駐車時間6時間・・・・・これは正しい、同じ駐車場に駐車していた他の人達も精算にあたふた。

どうやら駐車料金は正しいのだそうだ。

あいにく千円札は財布に2枚、小銭が千円...駐車料金が高額なのに精算機は一万円札が使えない。

一旦車を戻し慌てて近くのコンビニで万券をくだき再び精算したら時間経過が響き、料金は5,200円になっていた。

いくら中心部と言え今までなら駐車料金は時間当たり400円が相場だった。

Parking Fee.jpg

これが一般的で、せいぜい高くてもプラス80円

いくら会社で精算してくれると言っても、とんでもない料金に腹立たしくネットで検索するとこんな記事が載っていた。


Profiteer Price.jpg

この料金が高いと感じる皆さんは札幌中心部で車をパーキングに駐車する前に料金のご確認を。

念のためお断りして置きますがこのパーキング、決して違法ではありません。

駐車料金は2面に大きな文字で掲示してあります。

確認をしない利用者が悪いのですが、まさかこんな事になっているなんて思いもしない人は沢山いるはずです。

2、3百メートル歩けば料金は大きく下がります。

でも、こんな駐車料金バブルが始まっているなら、ある日突然高騰していたなんて事もありますから、

入庫前には必ず料金確認しましょう!
posted by key (キィ) at 19:20| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする