2017年05月22日

マガレイ求めて内浦湾へ

自宅を午前1:00出発 ・ 現地着3:40  所要時間2時間40分 、 走行距離145.3kg 長万部に行ってきました。

到着直ぐにキャリーに荷物を載せ、竿ケースを担いで外防波堤へ

目的の場所に行くと三脚がズラリ、わずか10mほど空いた場所に釣り座を確保しました。

この時期、4時を過ぎるとヘッドライト必要がありません。

170521 asa.jpg

4時30分、第一投完了

170521 manbe2.jpg

自分の釣座より右側

170521 manbe.jpg
自分の釣座より左側の様子 (この写真と自分の釣座の間にあと三脚が数台場所確保で置かれています)

まもなく左隣の釣り人3名も来た頃、内浦湾には陽が昇り、爽快な朝が来ました。

この時はまだ、この後のトラブルなんて予想だにしませんでした。

まもなく、竿先に海底からの糸電話がつながり、仕掛けを回収すると右隣の方のラインとかぶりテトラ上でラインを外していると、なんか自分のもう一本の竿先が揺れています。

直ぐに先ほど左隣の人のラインが自分のラインを越して目の前に落ちたのを回収しているのだと気付きました。

右の竿のトラブルを直し、左の竿ラインを見ると大きく糸ふけ。

ラインを巻くと異様に軽い、まもなく先ほどテトラで隣の人が何かをしていた場所でラインが切れていることに気づきました。

しかし、左隣の釣り人は何も言ってきません。

短気なkeyは隣人に「トラブルは付き物だから仕方ないけど、他人のライン切ったなら言ってほしい」と言いに行きましたら、とぼけて?な顔をし「気付かなかった」と言います。

証拠の写真がある訳でもないのですがピンと張られたラインが何もしないで切れるはず等ありません。

実はこの3名の内の一人は並継で遠投派のグループの以前にも見たことがある方でその方も知ってか知らずか、後に話しかけて来られたのでその後のライントラブルは有りませんでした。

6時過ぎ、最初のキープサイズがやっと来ました。

170521 36cm.jpg

本日のお持ち帰り第一号、36cm

今回、スナガレイはサイズが小さくから揚げ用4枚を残す以外は全てリリース。

7時過ぎ、この日初めて竿尻が上り大きく糸ふけし、三脚が倒れそうになる元気サイズが

170521 38cm.jpg

結果本日のNo1サイズ、38cmが来ました。

この後も、サイズ物を数枚追加して気分も上々。

所が、右隣は自慢話しと自分にはミスが無いと思い込んでいて周りのラインにかぶって迷惑をかけても周りが被って来たと思う年配の方で、流石に開いた口が塞がりません。

時間も9時を過ぎており、朝切られたPEラインが傷ついていたのか、当りを取った時再びラインが途中から切れたのを機に本日納竿としました。

本日キープ10枚

170521 choka.jpg

リリース数は覚えていません。

回りではスカリのロープが切れるのじゃないかと思う30枚以上キープしている人も数名居ました。

帰宅して身厚で38cmの大きさを知る。

170521 choka2.jpg

今回の真カレイは全て抱卵ものでした。



釣りは満足したものの、気分爽快とならない釣りでした。

釣り場では隣人に気を遣い、釣り天狗にならないことを自問させられる日曜でありました。

posted by key (キィ) at 07:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

季節からの贈り物

今年も自然の恵みをいただきました。

山菜の王者と言われるタラの芽。

自分が住まいとしている札幌近郊では競争率が高く現役の身では採ることなど不可能です。

なので、いつももっと疎開で高度の高い残雪が残る山の麓付近を狙います。

が、その場所も近年は多くの山菜好きに知れる処となり今年は収穫が半減しました。

新しい場所を開拓しなければならなくなってきました。

今年の収穫

170518 taranome.jpg

昨夜、ようやく天婦羅でいただきました。

山菜の天婦羅をいただくたびに思うのですが、

自家用に業務用高カロリーのガスコンロと銅製の大型鍋があればと

貧乏暮らしの人間には叶いそうもない夢をいだきます。

まぁ、生涯叶わないことは重々わかっちゃいますが.....

170518 taraten.jpg

ネット通販で仕入れた乾麺のザル蕎麦と一緒にいただきました。

山菜の天婦羅のお供はやっぱり蕎麦です。

美味しゅうございました。

お天道様、大地様、生き物様に感謝・感謝。
posted by key (キィ) at 06:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 自給自足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

今春初、サクラ狙い

先週、ドクターのお墨付きも貰ったので

17年初の海サクラ狙いに積丹東の河口へ

現着3時30分、東の空は白み始めていますが30分ほど車中で休憩して4時半に海岸に立ちました。

170514 asa.jpg

積丹はすっかり夜が明け、この河口では肉眼で10名ほどのルアーマンがキャスト

昨日の波浪状況が良くなかったためか底荒れしたようで波打ち際には多くの藻屑が打上げられています。

170514 umiare.jpg

キャストするたびに

170514 gomi.jpg

そして、周囲に釣果の様子はなく、自分のロッドにサクラからのサインさえありません。

ルアーを変え

170514 lure.jpg

振っても振っても、大潮の潮周りでも結果が出ません。
6時半過ぎ、痺れ切らして場所移動

170514 Toyohama2.jpg

170514 Toyohama.jpg

こんな磯でも振ってみました.....が、結果は出ませんでした。

170514 MtShakotan yukidoke.jpg

積丹岳も例年よりは残雪が多いような気がします。

今年、この周辺の情報も少ないようですしサクラの遡上も遅れ気味なのでしょうか。

170514 roasokuiwa.jpg

例年なら終盤のはず。
posted by key (キィ) at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 海サクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

大人顔な猫

一昨日、術後一ヶ月の受診に行ってきた。

退院後、時には太もも裏に軽い痛みや長く歩くと腰に重怠さはあったもののその翌日には症状も引き、至って順調な術後だと自分では思っていた。

170512 jutsugo.jpg

自分の肌ながらいつ見ても美しくない。

Drの問診で同じ思いを伝えたら「無理をしないでどんどん運動をして腰に筋力を付けましょう」とお言葉をいただいた。

自分の頭には直ぐに「フルキャストOK」の文字が浮かんだ。

と言うことで週末はサクラ狙い、来週は太平洋辺りにカレイ狙い、去年は行きそびれた日本海のあそこでカレイやホッケも狙いたいなどと釣り場の景色が頭によぎる。

「よし!バンバン釣りに行こう」と結論に至った。



GW、じいちゃんの所に里帰りしたちゃ太郎。

義叔母ちゃんに「ちゃ太郎、大人の顔になったねぇ」と言われた。

170507 chatower.jpg

確かに、年齢も6歳と5ヶ月になり人間でいうと42歳くらいで働き盛り、男盛り

飼い主も最近はすっかり大人顔だなと時々思ってきたが時々しか会わない人にはもっと顕著に老けたなと思わせるのだろう。

170507 chahako.jpg

窓から陽が刺そうが眠たくなれば寝る、そんな寝顔にも大人を窺わせる時がある。

飼い主にしてみればいつまでも子供子供でいて欲しいのだが。

しかし行動パターンはまだまだやんちゃ盛りで3歳児と変わらない。

そして、体重もまた増量してしまった。

170507 cha.jpg

ちゃ太郎よ、少しくらい(かなり)デブでもいいし、やんちゃでもいいから

いつまでも元気で飼い主や世話係りを困らせてくれ。

日曜には美味しいサクラマスミルクソティーでもご馳走してあげようではないか。〔ムフフ〕
posted by key (キィ) at 06:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ちゃ太郎日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする