2017年04月30日

小樽市忍路で久々の投げ釣り

GW入りした初日、前日までの天気予報は雨っぽく釣りになるのか心配しておりました。

久々の釣りはマガレイ狙いで余市小樽忍路か積丹入舸を予定、

釣り友やみいさんにメール確認すると思惑が一致、ご一緒させていただきました。

4時に現地待ち合わせ、やみいさん、一年振りのKさん(ちなみに私もKさん)と3名。

空が白み始めた頃忍路の岬の岩場に渡しで到着。

船頭さんが薦める岩場で竿セット完了4時半

0429set.jpg

心配していた一時雨の予報も外れ釣り日和になりそうです。

投竿して10分も経たぬうちに竿先が揺れて回収してみると手の平級のマガレイとギスカジカ

両名、海にお帰りいただいて再び投竿.....竿先に反応があるものの本乗りせず

20分も経過した頃、大きく竿尻が上り、慌てて合せを入れるとカレイ特有の首振りがありスピンが大きく反り

0429_No1.jpg

揚げてみると満足のいくサイズ。

手尺で30cmオーバー。

この時お隣のKさんと共にクロガシラカレイだと思い込んでおりましたが、後にやみいさんに指摘を受け裏面を見ると尾に黄色い縁取りがありました。

メージャーで測ると34cm、結果この日カレイのNo1サイズとなりました。

この後カレイが付くもののサイズは手の平から25cm前後が多く、キープしたカレイは10枚程度でした。

この日投げ釣りを一番楽しませてくれたのはコイツでした。

0429ezoiname.jpg
40cmのエゾアイナメ(アブラコ)でした。

ラインを巻いている時の抵抗が半端ではなく投げ釣りを堪能させていただきましたが我家でアイナメは愛されておらず、やみいさんにご進呈させていただきました。

釣り座をお隣に構えたKさんは、フルスィングでブッ飛ばし型物が数枚、30枚以上のお持ち帰りをしました。

しかし、この場所もギスカジカの攻撃が頻繁にあり、カレイ狙いが楽しいのも終盤化かもしれません。


0429 Mt.shakotan.jpg

積丹の山はまだ多くの雪冠を被っており西から吹く風はまだまだ冷たいです。

0429 kabutomisaki.jpg

腰に持病を抱える私は、この海岸で釣りをするのは今年が最後となりそうです。

出来ればGW後半にもう一度訪れたいのですが、きっと希望は叶わないでしょう。

ありがとう、竜ケ岬。



ところで、鮭シーズンの太平洋で河口規制がかかる前、ここ数年狂ったように祭り化する苫小牧の河口海岸。

その数週間が過ぎると河口横の空地には膨大なゴミが残されます。

その駐車場を利用しているのは圧倒的に地元民ではなく札幌ナンバーの車。

そんな跡形を見るにつけ、きっと近い内に立入禁止措置が取られると思っておりましたが、ついに屈強な鉄剛が設置されたそうです。

周囲には空地はあるものの釣り場までは距離があり、その空地も同じことになれば即立入禁止になるだろうと地元の釣り通が教えてくれました。

近年は白老の外防波堤のゴミの散乱も殆ど見られなくなり釣り人のマナー向上を感じていたのですが、苫小牧の河口海岸の釣りはアングラーと言うより俄か鮭採り人が多く、旅の恥はかき捨てという狩人が多いことは残念なことで、この措置は当たり前と言えば当たり前。

マナーも無い人々によって釣り場がこれ以上減らないことを願って止みません。


posted by key (キィ) at 07:56| Comment(13) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする