2017年04月30日

小樽市忍路で久々の投げ釣り

GW入りした初日、前日までの天気予報は雨っぽく釣りになるのか心配しておりました。

久々の釣りはマガレイ狙いで余市小樽忍路か積丹入舸を予定、

釣り友やみいさんにメール確認すると思惑が一致、ご一緒させていただきました。

4時に現地待ち合わせ、やみいさん、一年振りのKさん(ちなみに私もKさん)と3名。

空が白み始めた頃忍路の岬の岩場に渡しで到着。

船頭さんが薦める岩場で竿セット完了4時半

0429set.jpg

心配していた一時雨の予報も外れ釣り日和になりそうです。

投竿して10分も経たぬうちに竿先が揺れて回収してみると手の平級のマガレイとギスカジカ

両名、海にお帰りいただいて再び投竿.....竿先に反応があるものの本乗りせず

20分も経過した頃、大きく竿尻が上り、慌てて合せを入れるとカレイ特有の首振りがありスピンが大きく反り

0429_No1.jpg

揚げてみると満足のいくサイズ。

手尺で30cmオーバー。

この時お隣のKさんと共にクロガシラカレイだと思い込んでおりましたが、後にやみいさんに指摘を受け裏面を見ると尾に黄色い縁取りがありました。

メージャーで測ると34cm、結果この日カレイのNo1サイズとなりました。

この後カレイが付くもののサイズは手の平から25cm前後が多く、キープしたカレイは10枚程度でした。

この日投げ釣りを一番楽しませてくれたのはコイツでした。

0429ezoiname.jpg
40cmのエゾアイナメ(アブラコ)でした。

ラインを巻いている時の抵抗が半端ではなく投げ釣りを堪能させていただきましたが我家でアイナメは愛されておらず、やみいさんにご進呈させていただきました。

釣り座をお隣に構えたKさんは、フルスィングでブッ飛ばし型物が数枚、30枚以上のお持ち帰りをしました。

しかし、この場所もギスカジカの攻撃が頻繁にあり、カレイ狙いが楽しいのも終盤化かもしれません。


0429 Mt.shakotan.jpg

積丹の山はまだ多くの雪冠を被っており西から吹く風はまだまだ冷たいです。

0429 kabutomisaki.jpg

腰に持病を抱える私は、この海岸で釣りをするのは今年が最後となりそうです。

出来ればGW後半にもう一度訪れたいのですが、きっと希望は叶わないでしょう。

ありがとう、竜ケ岬。



ところで、鮭シーズンの太平洋で河口規制がかかる前、ここ数年狂ったように祭り化する苫小牧の河口海岸。

その数週間が過ぎると河口横の空地には膨大なゴミが残されます。

その駐車場を利用しているのは圧倒的に地元民ではなく札幌ナンバーの車。

そんな跡形を見るにつけ、きっと近い内に立入禁止措置が取られると思っておりましたが、ついに屈強な鉄剛が設置されたそうです。

周囲には空地はあるものの釣り場までは距離があり、その空地も同じことになれば即立入禁止になるだろうと地元の釣り通が教えてくれました。

近年は白老の外防波堤のゴミの散乱も殆ど見られなくなり釣り人のマナー向上を感じていたのですが、苫小牧の河口海岸の釣りはアングラーと言うより俄か鮭採り人が多く、旅の恥はかき捨てという狩人が多いことは残念なことで、この措置は当たり前と言えば当たり前。

マナーも無い人々によって釣り場がこれ以上減らないことを願って止みません。


posted by key (キィ) at 07:56| Comment(13) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

仕掛け作りの日々

日曜の今日、空は快晴、海は穏やかそうで絶好の釣り日和、道東の一部では降雪もあったとニュースになっておりましたが道央圏は春らしくなってきました。

しかし、長年腰を酷使しためこの春で3回目の手術により釣りの最盛期に出撃ももう少し我慢せねばなりません。

こんな日は来る日のために仕掛け作りに精を出しております。

ふり返ると16年の投げ釣りで周りの人や自分の釣果が良好だった仕掛けの鈎飾りはこんな物でした。

2016 jisseki.jpg

@ シリコン製エッグボール。日本海で好調なのを目にしました。意外と黄色ではなくオレンジがマガレイに食いが良かった様です。

A ルミックスサンダー。自分が日本海で釣れたマガレイのほとんどはこの飾りでした。なぜなら春のマガレイはコウナゴの子を捕食するからだと思われます。昨年日本海で釣った大型マガレイの消化器にはコウナゴの子がいました。

B ウイリー。太平洋での自分のカレイ釣りではこれが一番効果的でマガレイもクロガシラもこの飾りが一番でした。

C 黄色シモリ玉。遠投用の一本鈎の時に使用したのですが風の抵抗が少なくけっこう目立つのでソウハチやマガレイで効果的でした。

以上を踏まえて仕掛け作り。

自分の仕掛けは手間を掛けません。

消耗品なので糸は複雑に結ばず、かつ結び放し。

dotuki.jpg

↑ オーソドックスに胴付き仕掛け

katatenbin.jpg

↑ 片テンビン仕掛け

yudoh.jpg

↑ 遊動仕掛け (この仕掛け北海道の釣りからパクリです)

dansa.jpg

↑ 片テンビン段差鈎仕掛け。段差バリにしたときは上部に仕掛けを付けると飛距離が極端に落ちるので付けません。

先週、今週で投げ用の仕掛けは30以上作りました。17年分には十分だと思います。



腰を痛めてから岸壁でのサビキ釣りにも辛いものがありました。

↓ 車止めに竿掛けで竿を置くのですが、その度に腰を曲げるのは腰痛持ちには非常に辛いので立ち姿で釣りが出来るよう改良しました。

saokake.JPG

改良用品(寸切ボルト、アルミパイプ、ワッシャー、ナット)締めて3,000円くらいです。

さて今週末からはいよいよGWですね。

今週末で術後1ヶ月が経過します。

フルスィングは無理としても、何とかカレイかサクラを狙いに出撃したいと狙ってます。

posted by key (キィ) at 20:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

手打蕎麦 たぐと

突然ですが喫茶店とカフェ、違いはお分かりでしょうか . . .

50〜60代の人はカフェと言うより喫茶店の方が馴染みがあることと思います。

『喫茶店』とは : コーヒーや紅茶を中心としたソフトドリンクやお菓子類を提供するお店
法律的には『喫茶店営業許可』が必要です。


『カフェ』とは : 喫茶店のようにソフトドリンクやお菓子類の他にアルコール類や軽食、パスタやカレーライス、サンドイッチなどが提供できます。
法律的には『飲食店営業許可』が必要です。

しかし実際は喫茶店〇〇やカフェ□□など、お店の名前と法的な営業の形態とは関係がないそうです。

『喫茶』という言葉ですが、元々は鎌倉時代に中国から伝わったお茶を頂いてその効用をたしなむ習慣や作法を指す言葉だったそうです。

『カフェ』は、明治の終わり頃、社交の場としてカフェが利用され、そのカフェは夜になるとお酒を提供して女性スタッフいわゆる"ホステス"さんがお客さんを接待していました。

『喫茶店の日』の由来は1888年(明治21年)の4月13日、東京上野に日本で初めての喫茶店がオープンしたことに由来します。

お店の名前は『可否茶館(かひさかん)』といいます。他にも違う読み方があるようです。

『可否茶館』は、実業家の鄭永慶(てい・えいけい)さんが開いたものでフランス語の『カフェ』を文字ってこの名前を付けたそうです。

実際に西洋で見たカフェを意識して店内にはたくさんの雑誌や西洋の最新の雑貨が並べてあったそうですが、時代がまだ追いついていないこともあって、この『可否茶館』は3年程で閉店してしまいました。

以上、喫茶店とカフェについてのミニ知識でした。《提供は『鈴木杏樹のいってらっしゃい』より抜粋》


札幌市西区にある手稲左股通を走っていると一瞬「喫茶店?今風にはコーヒーショップ?」と見間違えるような建物がある。

札幌と言えば自分が社会人になった頃、刑務所がある苗穂地区や飛行場がある丘珠地区は広大な玉葱畑が広がっており、玉葱貯蔵用のレンガや石造りの倉庫が畑の隅に建てられていたものであるが、現在では一帯が市街化区域に開発され、倉庫はコーヒーショップや飲食店に改装されレトロな造りが人気を呼んでいるらしい。(因みに北海道で石造りの倉庫で有名なのが小樽運河である)


ここで、建築を本業で生計を立てるものとして 「用途が倉庫である建築物を飲食店など他用途に変更する場合、建築基準法及び消防法により用途変更の申請と確認」が必要となる場合があります。(エッヘン)


そのレンガ造倉庫を改装したそば店が 『手打蕎麦 たぐと 』である。

taguto ENT.jpg

運転しながらは、こう見える

taguto side.jpg

札幌市内でそば店を検索すると数あるサイトの多くで上位人気の蕎麦店であるが日祭日は休業、平日も日昼営業11時〜17時で蕎麦が無くなり次第閉店となるので行く機会がなかった。

先日、退院をした日にタイミングが合ったので妻と二人でお店に行ってみた。

初入店の掟を破ってオーダーしたのは

tenpura seiro.jpg

「天ぷらせいろ」

蕎麦は完全「更科そば」である。

sarashina soba.jpg

更科蕎麦らしく透通る白さでハタチ前の生娘の「白魚のような手」を連想してしまうのは、ただのスケベェなオヤジだからである。

そして菜の花の天婦羅が季節感を漂わせてくれた。

tenpura.jpg


では、keyの感想を率直に書こう。

更科であることをウエブ上で知りながら来店してなんだが蕎麦には蕎麦特有の風味が感じられませんでした。

そば汁も淡白と申しましょうか定温で寝かせたマロヤカさが感じられません。

蕎麦店でのもう一つの楽しみでもある蕎麦湯もとろ味があり、のど越しは良いのですが風味が感じられません。

決して不味い訳ではありませんが自分の好みの蕎麦とは若干相違があったと言うことです。

しかし、天婦羅は絶品でしたよ。

衣が薄く揚げ上がりもパリパリで素材の旨味を生かした天婦羅でした。

巷にある天婦羅専門店よりも美味しかったです。

西区にはもう一店更科系のお店に入店したことが有りますが、どちらも上割れ粉純度100%の蕎麦で高級感この上ないのですが貧乏に育った自分としては二番粉・三番粉の少し黒味が残っているが蕎麦の香りが残る蕎麦の方が口に合います。


以上、戴く人によって蕎麦の楽しみ方も様々だと言うお話でした。

posted by key (キィ) at 08:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 食いしん坊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

仮出所

先月下旬に実に三回目になる腰の手術を受けてきました。

手術も入院も慣れたものですがやはり人生、健康が一番。


前々日に入院、当日に各検査を受け中一日で手術。

全身麻酔で背開き切開、気が付いた時には背中に血抜きドレーン管、チン〇〇には尿管がいつものように付いておりました。

後日の先生の説明によれば切開した状況は非常に悪かったらしく、なんでも2回分に相当するくらいの手術をしたそうです。

大変だった手術の割にはドレーン管・尿管は翌日には外され前回より苦痛は半減しました。

170329 ope.jpg
汚い素肌で申し訳ない。

左側の糸はドレーン管を抜いた後の縫合跡です

ここまで来ると後は時間が経ち回復を待つのみです。

来る日も来る日もベットの上で新聞を読み、タブレットでウエブを徘徊、3度の食事を摂るの繰返しです。

自分の場合、高血圧の薬を服用している身なので食事も制限があり味付けは超薄味

Brf.jpg

これはある日の朝食。塩分制限食事は朝食にしか味噌汁が付きません。

lun.jpg

これはある日の昼食。

ひと月に一回だけ昼食に「ごちそうの日」と言うのがあるそうでその日の昼食が

Goc.jpg

そして、これある日の夕食です。

Den.jpg

おかげで入院中に2kgの減量に成功しました。


術後7日目には抜金(傷口はホッチキスのような金具で止められていたので抜金と言うのだそう)

170405 basshi.jpg

翌日からリハビリ開始です。

当初は15日が退院の予定日でしたが昨日になって急遽退院が言い渡されました。

なんでも手術の入院患者が増えベッドが不足だそうで術後の順調な方から外来での診察となりました。

自分としては退屈な病室暮らしより自由が効く外来の方がありがたい。

シャバに出ると外気温は想像より低く、世間の冷たさが身に染みました。

ドクター曰く、切開部が元に戻るのに3ヶ月、手術の効果が整うのに1年だそうで、1年間はフルスィングは控えたいと肝に銘じております。


しかし、もう2週間もするとGW突入です。

身体を冷やさず、無理をせず養生をし来る連休の釣行に備えたいと思います。

近年の釣り具の進化により、力んで体にストレスを与えずともロッドの性能だけで釣りは出来ます。



chataro.jpg

こちらは春の気配に益々元気なちゃ太郎

posted by key (キィ) at 22:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする