2017年03月12日

ニシンはどこに居る

巷では群来が見えたとか型の良いのが釣れたとか、3週間ほど前から情報が出始めていた。

11日土曜の午後、苫小牧の西港界隈を見て歩いた(実際は歩かずに車で廻った)

西港の南岸壁(通称雑貨ふ頭)のやや半分は数年前から行われている耐震強化岸壁整備事業とやらで総長のおよそ半分は工事の仮囲いが施され立入禁止となっており、大型の輸送船が入港していたら竿を出せる場所はごく僅か

この日も工事と大型船の間のわずかな隙間はサビキ釣師達で賑わっていたが釣れるのはチカばかりでニシンにはお目に掛れなかった。

竿を出していたオッチャンに「ニシンはダメなの」と聞くと「ニシンはいないな」

釣具屋でオキアミを購入して夜9時に小樽に向った。

同じニシン釣りでも太平洋側苫小牧では日中にニシンを狙う、が日本海側小樽では日没後にニシンを狙う。

当然、アイテムが違うし夜釣りの方が重装備となる。

小樽に着いて準備をして釣りを開始したのは22時を回っていた。

170311nishinturi.jpg

来る途中色内ふ頭に立寄ったがニシン時期は渋谷のスクランブル交差点の様相が奥多摩のように閑散としていた。

ここ厩岸壁も釣り人が10人に満たない程度で閑散としていた。

干潮は21時半頃。

海面に撒き餌を打込むがただ沈んで行くだけ、流れない。潮が動いていないのだ。

周りの釣り人達も諦め退散して行く。

23時半、一人ぼっちになってしまった。

0時、ついに心折れ片付け開始。

何時になったらニシンは釣れ出すのだろう?

3月も中というのにこの数日は朝起きると雪が積もり雪が解けた舗装道路も圧雪状態。

asa.jpg

まだまだ、春は遠い。



ところで1月中旬に再発した腰痛。

50日ほど痛止め薬を服用して様子を見ることになっていたが先日Drから手術と診断を受けた。

今月末に背開きホッケにされる予定である。

GWに釣りが出来るかは微妙な日数にある。

なので、「どうせ手術するならその前に海サクラ狙いくらい出来るかな?」と思いルアーの準備はしている。

最近はジグやミノーばかりでなくスプーンも試したくなる物が出て来ている。

lure.jpg

身体が意のままにならないストレスを買い物で癒している。

さて、次週は連休だ、入院前に何とかニシンの型物だけでもを釣り上げたいものだ。

続きを読む
posted by key (キィ) at 16:55| Comment(8) | TrackBack(0) | サビキ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする