2017年01月29日

ペットと暮らすお家造り

どうも、年明け12日から本格的に腰痛が再発し、仕事も釣りも侭ならない現場監督です。



Kentikutishiki.jpg

この雑誌 「建築知識」と言う月刊誌である。

建築の豆知識なら企画設計から現場施工まで多岐に渡り広く記事が扱われている。

建築業界に足を踏み入れた人なら一度は目にしたことがあるはずの雑誌である。

しかし知識を浅く広く求める人には良いかもしれないが狭く深く求める人には物足りない雑誌であることも否めない。


なぜ突然ここで「建築知識」かと言うと2017年の第1号は『猫のための家づくり』特集なのである。

こうなると建築の知識がさほど必要ない日常を送っている人でも、いつか戸建てのマイホームを考えているとか、今住んでいるお家の改修を考えている人も、もちろんマンション住まいの人も「えっ!?」と興味が湧くはず。

猫がより快適に生活する居住性、つまり人間側からのアメニティではなく猫側からの居住空間を考える特集が組まれているのである。

今更と思う方もおいでだろう、一昨年あたりから建築士が設計したペットと暮すリフォーム特集がTVでも企画され時々放映されている。


いつか書いたかもしれないが私の伴侶、又は妻とも言うが自分と同じく建築業界で生計を立てる身である。

しかしジャンルは我々施工屋泣かせの設計屋である。なぜ建築家ではなく設計屋と施工屋が呼ぶのかのウンチクは又の機会にしたいと思う。

その妻がこの本は絶対に買わなくてはと先日手に入れてきた。

Cat1.jpg

読んでみると「なるほど」と言うか猫とともに生活しているとごくごく当たり前のことが書かれている。

ただ猫にも一匹ずつ個性があって必ずしも専門書が正しいとは限らない。

Cat2.jpg

我家の一匹息子ちゃ太郎を手本にしてみるとこの本とはかなり間があることも分かった。

我仔を褒めることになるが、ちゃ太郎とともに生活をして6年になるがちゃ太郎は棚の上に登ることも、棚上の物をいたずらして落としたことも、0才児の時に一度教えたキッチンに上がることはダメなことも守らなかったことがない。

だからコンロや熱い鍋が危険だとか、棚に入られて悪戯されるとかの心配もない。

食物は飼い主か僕(しもべ)がお皿に出してくれる物だと思い込んでいるらしく留守中にうっかり食物が出ていても袋を開けてフッ散らかっていたことは一度もない。

ちょっと怪しいなと思うのは鰹節とフリーズドライの鮭くらいだが容器に入れておけば開けることにチャレンジすらしない。

ただ、押入やクローゼットの中が大・大スキでうっかり扉を閉め忘れると布団や服類が毛だらけのとんでもないことになることがある。

あまりに良い仔過ぎて手本にならないかもしれない。

ペットばかりではなく世の中マニュアルが100%正しいとは限らないが、猫好きが猫の基本を知るために一冊手元にあっても良い雑誌だと思うのです。

我家もこの一冊の購読を機に「ペットと暮らすお家造り」などと成功しそうにない店名で設計から施工までの工務店経営にでも乗り出そうかと小指の先ほどばかり思う今日この頃です。

ペット(猫専科)と暮らすお家の新築・改修をお考えの方は是非、当店までご用命を!(大爆)
posted by key (キィ) at 07:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 本業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

ドライブレコーダーを取付け

今日1月15日は成人の日でした...そう遠い昔は

新世紀では今日15日は只の日曜日であって特別な日ではありません。

こう書いていて自分がいかに年寄であるか実感した次第です。

先週の始め釣りに行くには余りにも寒すぎるし久々にスキーにでも行こうかとブーツを出しては何年振りのスキーだろうと年代物を感じさせるスキー用具をみて感慨に耽っておりました。

木曜の朝、昨年の10月頃から違和感を感じていた右脚に痛みが走り次第に腰にも痛みと痺れが走るようになりました。

15年に手術をした腰痛が1年程は何もなかったのですが今回は右半身に出始めたようで、スキーどころではなくなりました。

少し様子を見て、ひょっとすると又手術になるのかと憂鬱な今日この頃。



昨年頃から爆発的な売行きらしい車載ドライブレコーダー(DR)。

我家の車にもやっと搭載する事が家族会議で承認されました。

スキーも釣りも出来ない今日、このDRを自分で取付けてみました。

AとかJとかカー用品店で購入して取付けてもらうと総額37,000円を超える出費(microSD128GB ¥4,600は含まず)となりますが、本器はネットで購入し不足部品は専門店で購入、取付けは自前としたら総額出費は約25,000円超(microSD128GB込み)くらいで済みます。

もちろんワタクシkeyは車の事となるとセルフでガソリンを入れること、夏冬のタイヤを交換することくらいしか知識も経験もありません。

しかし、そこはネット社会。取付方法をネットで検索すると必要な部品から取付け手順までYOUTUBEで動画付きのデモが沢山ヒットします。

本業は腕ではなく口で生計を立てているワタクシですが商売ではなく自分の車だという気楽さもあり、ここは奮闘して世帯主の威厳を見せようと自分で取付けてみることにしました。

では実体験談を。

購入したDRはKENWOOD DRV-610

DRV-610.jpg

本器はコンパクトで軽量です。

DRV-610B.jpg

予めDRは付属されてくるシュガーライター接続キッドによりSDカードを入れない状態で充電しておいた方が良いです。

このDRは駐車中の録画機能もあり、専用電源のケーブルキッドも必要です。

CA-DR150.jpg

キッドはこんな感じのものです。

CA-DR150B.jpg

このケーブルキッドにヒューズボックスから電源を接続するにはエンジンを始動中の配線と停止時の配線が必要となります。

そこで私はエンジン始動中に電源を供給するアクセサリーヒューズからの配線とエンジン停止中に電源を供給する室内灯ヒューズからの配線をすることにしました。

そのためのヒューズ電源部品が下の写真

Buhin.jpg

ネットで色々調べるとDR本器に付属されてくる記録媒体microSD16GBでは容量が小さいらしく128GBを別購入

microSD128Gb.jpg

左が付属のmicroSD16G、右が別購入した128G

そして、室内のパネル剥がしや検電テスターを購入

Cogu.jpg

その他にドライバー、メガネスパナ、電工ニッパ、一芯の電線数メートル(リード線用)程度があれば作業できます。

体験してみて苦労したのはやはりヒューズボックスから電源を配線することです。

車のヒューズ一つにしても3形状あるので電源部品を購入の際は実物を確認するか一つ外して持って行くのが良いと思いました。

配線引出しを完了した写真

Fuse hikidashi2.jpg

そして中でも一番苦労したのが(−)側のアース接続でした。接続できる場所は沢山あるのですが専用工具が無いため多くの既存配線によりスパナが入る場所がなく内貼りを数か所剥がす余分な作業が発生しました。

ここまで配線の接続が完了したらDRを接続してみて作動確認してから配線をまとめインシロックなどで束ねます。

次にDRとの接続配線ですがDRの設置する場所を決めます。

DRを取付けたら配線を内貼りやパネルを剥がすなどして隠します。これも初めてでは手間取る作業です。
そして専用のパネル剥がしなどの工具は内装を傷付けずに作業できるのであると重宝します(価格もお手頃)。

ここで再び接続をして通電作動を確認しておきます。

DRを設置完了した状況

DR settiB.jpg

カメラ設置の時には設置用部材の方向に気を付けた方が良いです。何気に作業すると反対に付けてしまうことになりかねません。自分はそれをやってしまいました。3Mの両面テープは強力でした。

DR setti.jpg

(見苦しいピンクのラインが写っていますが駐車場屋根材がフロントガラスに写っているだけです。)

取付け位置は出来るだけバックミラーの裏側の方が運転の邪魔にならなくて良いようです。

最後にスイッチOFFの状態でmicroSDを挿入し長押しでON、DRのセットアップをして完了です。

DR gazo2.jpg

初めての取付け作業、所要時間は3時間でした。慣れれば半分程度で済むと思います。

以上、初体験をしたけど(DR取付作業で)色々な体位になってしまったので痛み(腰の)が残ってたまらないと言うお話でした。

posted by key (キィ) at 22:58| Comment(10) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

2017年 初詣

amaterasu.jpg

sinnen.JPG

本年も皆様のご健勝、ご多幸を心より御祈願申し上げます。


札幌を住まいにして四半世紀強、初めて三ヶ日中に初詣に行ってきました。

八時前に訪れたのですが、すでに参拝客が大勢、日本人にとって天照大御神様は特別な存在なのでしょうね。

ワタクシですか? 我家の一匹息子の誕生日だったのでこれからも健やかに育ってくれることをお祈りしてきましたよ。


境内では朝早くから初詣客を迎える準備に裏方さんが精を出しておりました。

junbi.jpg

そして境内に通じる通路両脇には、もう開店をした出店が所狭しと並んでおりました。

sando.jpg





今日1月3日で満6歳になったちゃ太郎です。

cha 6th.jpg


皆様、本年もよろしくお願い申し上げます。 m(_ _)m
posted by key (キィ) at 10:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする