2016年04月30日

今秋デビュー GAS1150

日曜に釣ってきたマガレイ・スナガレイ

我家定番のから揚げに甘酢あんかけでいただきました。

karei karaage.jpg

もちろん2枚もあげた40cmを超えるマガレイ(笑)はこのお皿に乗るはずもなく、まして肉厚で家庭用の火力ではから揚げにもできません。

今回は煮つけでいただきましたよ。



GAME AR-C のリメイクが完成

タイトル通り 改名してGAME AR-C SAKE1150をDAIGO風にGAS1150ってことで。

GAS1170.jpg

スレッドはなんと4回も巻きました。

ピンクの絹糸から黄色のナイロン糸、そしてシルバーのステン糸

sret maki.jpg

ステン糸巻いてみたら一般の糸と同じ仕舞い方では緩むことが分かり再び巻き直し。


スレッドのコーティングでも試行錯誤しました。

富士工業のマニュアルでは二液性エポキシコーティング剤がメインで記載されておりました。

本業柄、エポキシ樹脂塗料は黄ばむ特徴があることの少々の知識がありましたが専門のマニュアルにあるのだからと思い二液性エポキシ樹脂塗料を購入

ピンク糸や黄色糸では黄ばみは気になりませんがシルバー色だと明らかに黄ばみが出てしまいます。

一度薄く塗ってみて慌てて剥がしましたが多少黄ばみが残ってしまいました。

二液性ウレタン塗料無黄変タイプを購入

urethan.jpg

流石に5回目のスレッド巻はその気になれなくて、残った黄ばみの上からウレタンコーティング

GAS zoom.jpg

出来上がりのズームがこれです。

そうそう、余計なお世話かもしれませんが、コーティングを塗るときにはスレッドから0.5ミリほど離してマスキングテープ養生をした方が塗りのはみ出し防止になります。そしてそのマスキングは塗料が完全に乾く前に剥がすと無駄な作業が省けます。完全に乾燥するとマスキング縁が剥がれにくく、意外とやっかいです。

今年のスレッド巻はこれで完了したことにして、あとは実践に臨みます、 、 、 来年、またスレッドの色が変わってるかもしれませんが 。 。 。 

ライントラブルは無くなるか、理想の飛距離が出るか、本番が待ち遠しいです。

あっ、試投はしませんよ。

だって春に浮きルアー投げてたらどこかのオヤジに「おっちゃん、サケはまだ来てないよ」って馬鹿にされそうだし 。 。 。

posted by key (キィ) at 09:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ルアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

ヨンマルも・積丹マガレイ最盛期

春眠暁を覚えず ・ ・ ・ ・ ・

けっして寝ていた訳ではありませんがさっぱり釣れない日本海のカレイ

しかし、ついに本日 覚醒!しました。

先週後半、あまりにも釣れないワタクシを見かねた知人が 「釣らせてあげるから日曜一緒するよー」とメールをいただきました。

キビ団子は貰えないかもしれませんがキジ・サルが揃ったというので尻尾をふりふりイヌになりきってお供しました。


日の出も迎えた5時半、投げ開始

160424 JapanSea.jpg

すると間もなくお隣の方がタモの準備してます。

な・なんと、、、海面に現した姿はデカイです

160424 Junbo.jpg

計測するとヨンマル超えてました。

他人事ながらなんとなく今日は大物が来そうな予感



でしたが、周りでは釣れ始めているのにワタクシの竿先は沈黙が続きます。

6時もとっく回った頃、竿先が揺れかすかなラインふけ

来たよ〜〜〜   

か ・ ・ ・ ・ カワガレイ

160424 Kawakarei.jpg

このあとも、カワガレイ・スナガレイ・手の平マガレイは来るものの本命の良型マガレイは来ません



日も昇り上着を脱がなければ暑ささえ感じる7時半過ぎ、穂先が上下に大きく揺れラインがふけて、リールを巻くとCXの竿先が大きく曲がり大物を実感

上げてみると40ジャスト

160424 Yonmaru.jpg

やっと私にも春が来ました。

マガレイの40オーバーは釣り人生初体験です。

が、お隣には44.5cmが来ています。

そして、奇跡は再びやってきました。

160424 Yonsan.jpg

9時過ぎに竿を揺らしたのは43.0cm

盆と正月が一度に来た気分です。

昼前に釣り場上がりし、皆で釣果を並べ「あーだのこーだの」思いに浸ります。

160424 Tyoka.jpg

写真の中の8枚が今日お持ち帰りした結果です。

産卵前のカレイも多くおり日本海積丹方面のカレイは今が最盛期かもしれません。



我家のちゃ太郎はまだ、春眠暁を覚えず ・ ・ ・ ・ ・

shunmin.jpg

で、ございます。

posted by key (キィ) at 21:39| Comment(18) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

雨の磯

ちゃ:「ご飯になにかトッピングしてよ」

cha-shokuji.jpg

最近カリカリご飯だけでは満足しない一匹息子はフリーズドライのサケをまぶしてほしいとお母さんと睨み合いの攻防戦が続きます。

勝負はやる前から粘りに負けることは決まっていて、お母さん全戦全敗です。


そして最近もうひとつ、独りぼっちの留守番をお願いすると

ジャラシ棒や擬鳥をおもちゃ箱から出してきてキッチンの床に並べます。

cha-kohgi.jpg

cha-kohgi2.jpg

独りぼっちにされた時、せめてもの抗議です。




さて、日曜午前の天気予報は曇、南南西の風弱し、波穏やかを信じて余市の磯に行ってきました。

160417 tyoko.jpg

瀬棚の三本杉ではありません。

深夜2時に現着、以外にも車少ないんです。

それでも場所確保のため用意をしていると狙っていたポイントが同じだったお隣の車から声を掛けられまして、同じ岩場に乗ることになりこのまま現地に向かいます。

場所を確保し竿をセットして2時半過ぎ、夜明けまでこのまま待つことにしました。

4時半、ヘッドライトが無くても竿先が見える明るさになって開始

ところが海には多少のうねりがあり、曇りの予報のはずが雨がポツリポツリ

160417 turi.jpg

時々竿先に反応があるもののフッキングせず

ただ時間だけが

雨も強くなりバッグも竿ケースもベショベショ

そして時間だけが ・ ・ ・ ・ ・

携帯ラジオではこの後、空は下り坂、前線の通過に伴い雨と風が強く波も高くなるとか

8時で魚の姿を拝めないまま納竿

因みに、同じ岩に陣取ったお隣の方は30cm弱を1枚と手の平級マガレイを10枚ほどあげてました。

160417 misaki.jpg

こちらのポイントに入った2名様も見る限りでは1枚の型物を確認したほかは数枚のペラペラカレイが主体のようでした。

手の平もつかないワタクシ、腕悪しを実感させられました。

あとは寝るだけです。

posted by key (キィ) at 18:47| Comment(10) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

勝負は明朝

天気、週末ばかりパッとせんねー

yoiti nami.JPG

道央圏は日本海なら明朝は波が穏やかそう


天気は風邪の予防としては夜明けから9時までだわね

tenki.jpg

風も南南西だし背中で受けられるしね

日の出も早くなってきて5時前になったから今夜から

イソメ少しもって出掛けてみるか

posted by key (キィ) at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

レベル高ぇー

今日から四連休

貯まりに貯まった休日出勤、今日からその代休も含めて連休です。

そうなれば夢の平日釣行、もう行くしかありません。

そう言うことで、今年3度目の日本海サクラ釣行

午前3時出発、最初のポイントには5時過ぎに到着

今回は精進川河口から開始

160407shoujinn.jpg
本日の一枚 (ガラケーの写真も意外と鮮明) 

天気はこれからが下り坂のはずなのに海濁ってます。

隣の大河(尻別川)、雪代で茶色です。

1時間無反応のポイントを諦め寿都町樽岸へ

平日は貸切かと思っていましたが先客多数

ここでも1時間経過しても魚からのコンタクトなし。

こうなるとテンションはどん底

周りも不調で8時過ぎには皆、ご帰還体制

ここで帰るのではなく仮眠でもとって夕方までロッド振る気力が持ち堪えれば釣果も伸びるのかもしれませんが、気力も体力も著しい衰えを感じる今日この頃 (涙



今年3度目の寿都でしたが未だにウッチャリもくらってません。

北島くん、「レベル高ぇー、まじで」と感じているのは君ばかりでないのよ。



片道2時間半、ガソリン一釣行で17リットル

さて、しばしルアーから投げにロッド交換でもしましょうかね。

この連休にもう1回は磯に立ちたいものです。

でも、・ ・ ・ ・ ・ ・ 天気がねぇ
posted by key (キィ) at 22:52| Comment(8) | TrackBack(0) | 海サクラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

sake ロッド改造

久し振りに参上


ここ二週間ばかりは体調がイマイチで日曜は外出もしておりませんでした。


もちろん釣りにも出かけておりません。


しかし、引きこもり生活をするとそれなりにやることが見つかるもので3月から始めたタイトルにもあるロッドの改造に一層のめり込んでおりました。


2010-2-7AR-C.jpg

5年ほど前に購入したGAME AR-C1206はこの年から始めた鮭ルアーのためにヤフオクで購入したのですが使用しているとストレスばかりが溜るロッドでした。

長さに不満は有りませんがロッド重量があり、非常に体力が必要で腰に負担がかかるロッドでした。

AR-Cガイド.jpg

そして、ガイドはYガイドでローフレームであるためラインが絡みやすいこと、ルアーウエイト許容範囲が10-70gと幅があり穂先調が柔らかいためラインから伝わる感度と食込みは良いのですが45gのルアーがメインの場合、キャストの時先端がお辞儀をしてしまい飛距離にイマイチ感がある。

そんなこんなで昨年は新しいサケロッドを購入。

しかし、GAME AR-C には他のロッドでは味わえない粘りとパワーを備えていることを再認識、重量は我慢しガイドだけでも何とかリメイク出来ないものかと思案しておりました。

そんな折、富士工業のロッドクラフトのウエブ記事をみつけGAME AR-Cの改造を決心。

改造のメインであるガイドをKガイドSicハイフレームにすること、穂先を太くし軽量調子を取ることでした。

ネットを徘徊していると富士工業では生産中止のKガイド・Sicチタンハイフレームの9点ガイドが消費税込みで定価の半額で販売中!

即決でオーダー

T-KWSG3091.jpg

T-KWSG3091 セット

ただし、トップガイドが10-2.0であったため10-2.2を単品で注文

そして、本格的にGAME AR-C 1206 の改造作業が始まりました。

まず、現状装着のガイドを取り、ストリップにすることから始まります。

オネェちゃんの衣装をはぎ取るのは好きですがロッドをストリップにするのはそれなりの労力と時間が必要でした。〈 オネェちゃんの場合はカネとテクが必要(爆 〉

ストリップ.jpg

ストリップにしたGAME AR-C

ガイドを外す前に忘れてはいけないのがブランクのスパイン位置の印をつけておくことです。自分で見付けるのは意外と難儀です。

そして、まず#1の穂先1.55mmから太さ2.3mm位置12.0cm程度カットします。

実はここで私は切断位置を青テープで印付けをしたにもかかわらず女子サッカーワールドカップに気を取られブランク芯位置付けの黄テープでカットしてしまうと言う大失態をしました。結果、穂先の太さは2.4mmとなってしまいました。「まぁ、いいっか」と諦めざるを得なかったのですが・ ・ ・ ・ ・

取付けるガイドをマスキングテープで仮配置しリールを着けラインにテンションをかけブランクの曲り調子を確認します。

この作業が意外と時間がかかります。

ガイドセット.jpg

ガイド仮付けの状態

ガイドセットアップ.jpg



次にスレッド巻ですが私は専用のスレッド糸を使わずナイロンのミシン糸を使用しました。

スレッドマキP.jpg

ピンク色の絹糸でスレット巻した状態

最初、その妖艶な輝きに、絹糸のピンクを巻いたのですが仮止めのエポキシを塗ったところで問題を発見しナイロン糸に巻きなおしました。  

そして、スレッド巻が完了したところです。

スレッドカンセイ.jpg

EスレッドUP.jpg

これからスレッドのクリアー塗装仕上げに入るのですが、実はミシン糸の太さは意外と一定ではなく太かったり細かったりで、塗料を塗った段階でロッドの色が透けることが判明。

スレッドケッテン.jpg

今回のブログアップはここまでです。


スレッドの仕上塗装から以降は完成したらアップします。

ねがうは今年の鮭、爆釣です。

posted by key (キィ) at 23:06| Comment(8) | TrackBack(0) | ルアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする