2016年03月21日

樽岸から兜まで

3月のプチ・ゴールデンウィーク ・ ・ ・ ・ ・ 何だかストレスだけを貯めてしまいました。

19日 意気込んで再び樽岸へ

着いて海岸の様子を見たら目の前でロッドが弓なり ! 「今日はもらった〜!」

急いで支度をし海岸に降り  時・5時50分

160319tarukishi.jpg

11時まで粘りましたがサクラとのコンタクトなし

あの一瞬の出来事はいったいなんだったんだ? サクラじゃなかったのか?

この日視界内で釣果は確認できません。


心もすっかり折れ道草もせずまっすぐここへ

160319Mikan.jpg

一度訪れたかったラーメン店 『みかん』

午後2時半過ぎでも客足が止まることがありません。

しかし、その多くは観光客らしく言葉のイントネーションが北海道弁じゃないんだよね。

もちろんオーダーは塩ラーメン

160319Sio.jpg

豊平区にある「◎まる」に似た味ですが、はっきり言って「みかん」の方が美味しいです。

「昔風の家庭の味」とでも申しましょうか、きっと鶏ガラがベースのスープにチャーシュー・玉ねぎ・もやし・長ネギがトッピング

スープ味から味噌ラーメンの方が良かったかなと思いました。



不完全燃焼で終わった夕方、「なら、投げ釣りでも行ってくるか」と急遽イソメの買い出しに

イソメ、むちゃくちゃ値上がりしてますね。

武美があった頃は価格も市内でも安い方だったのですが経営権が変わって○○センターに改名してからは便乗値上げじゃないかと思うほど商品価格が高騰、イソメ150gパックで¥915、、、、、もう投げ釣り止めようかと思いました。

確かFランドでももう少し安かったような・・・・・



で、20日深夜3時に自宅出発、兜到着5時過ぎ

一等地はすでに満員御礼、入る余地はありません。

荷物を背負い急な斜面を下り釣り座を構え、第1投を終えたのが5時50分

160320senjo.jpg

ここからなが〜い時間が

やっと竿先揺れたのは7時10分過ぎでした。

160320tyoka1.jpg

20cmにも満たないスナガレイ 即、小さな命、海にお返ししました。

間もなくして再びスナガレイ

160320tyoka2.jpg

25cmほどあったのでから揚げにキープ

時合いが来たかと思いましたが、再びまったりモード

一等地の先端では順調に釣果を延ばしているようで途中京都名物八つ足もあがってました。


8時20分、突然大きなあたり

やっと来たね〜と合せを入れ

160320tyoka3.jpg

32cm 久々に30UPの平物を捕らえました。

しかし後が続かず、11時半納竿。


なんか、モヤモヤが残る連休、、、さすがに最終日3日目は疲れが出て休漁日です。

そろそろ、カレイも爆釣する時期のはず・・・・・なのですが

posted by key (キィ) at 10:06| Comment(10) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

'16 初の日本海

いっや〜〜さぶ〰〰〰い

日が昇り始めても外気はマイナス。

南国育ちの身にはこの気温が沁みます(笑

160313 suttsu.jpg

2016年の初釣行、寿都町樽岸に行ってきました。

午前6時半、この湾一帯には30名以上のアングラーが居ます。

肉眼で見える範囲にロッドが弓を描いている様子はありません。


160313Wind Lip.jpg

海岸に立ちロッドを振りますが、10分もしないうちに手がかじかんできます。

キャストでラインを押えない左手は防寒ゴム手にホッカイロを入れ寒さに耐えますが右手はどうしようもありません。

160313 suttsu2.jpg

対岸にも多くのアングラーが居ますが7時半を過ぎて着いた時より減ったような気がします。

折れそうな心を持ち堪え、ミノーをとっかえひっかえキャストしますが生体反応ゼロ。

周りでウミアメが2本ほど上がっているようですがサクラの釣果は見当たりません。

後で聞いた話ですが昨日、先週と型物が上がったらしいのですが今年は本数が出ていない様子。

8時を回ってついに心折れました。



160313 shojin.jpg

帰りがけに寄ってみた精進河口

10名以上のアングラーいますが釣れた様子はなく、40分ほどでやる気失せました。



積丹・岩内方面に行ったら帰りに寄るのが

160313 Luky.jpg

春先に売出しをしていて、お得な時があるのですが残念ながら今回はやっていませんでした。



さて、来週は連休

投げにするかルアーにするか悩むところです。
posted by key (キィ) at 18:39| Comment(13) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする