2014年10月26日

お泊りコースは痛いよ〜

先日、事業所健康診断があった

年に一度、従業員の健康診断を義務づけられているが意外とこの健康診断で病気が見つかることがある、、、らしい

我社の健康診断コースは次のようなものだ

8時から受付が始まり(問診票提出)→採尿→看護師による問診票確認→採血→身長・体重・肺活量測定→血圧測定→心電図検査→聴力検査→医師診察→視力測定→眼底写真撮影→肺レントゲン写真撮影→胃バリュウム検査→下剤を飲んで着替えをして再び朝の受付で受診表を返したら終了

多少順番は変わるが検査項目はこんな感じで約2時間半のコースなのだ

まぁ、注射針が怖い訳でもないのでバリュウム検査以外は特に抵抗感もない

強いて言うなら毎年挨拶しても返事がない無粋な年配の男性医師の診察は受けたくないと毎年思うのはkeyだけだろうか


問題はバリュウム検査である

今年の検査の先生は女医さん

ちょっと歳は行っているが知的で品があって、この手の女性にkeyはめっぽう弱い

欲を言うなら美脚フェチでもあるkeyは脚が健康的に細ければもっと嬉しい、ただ細いのではなくふくらはぎが健康的にふっくらしていて足首がキュッと締まった細い足が好きなのだ

まぁ、中年の助べえなオヤジの好みそのままなのだがこの知的で品がある先生はこの日スラックスだったのでその辺は不明だった

この女医さんの指示で検査台に乗せられてあっち向いてこっち向いて、逆さまにされたり右に左に一回転させられたりと「まな板の上の鯉」状態でなされるままだった

このッバリュウム検査が終わると健康診断は終了なのだが最後に看護師が現れる

看護師:「お通じは便秘がちですか、下痢はしやすい方ですか」

key:「便秘がちです。昨年もその前もバリュウムには毎年苦労してます」

看護師:「じゃぁ、下剤は5錠お出しします。今すぐ2錠飲んで出なければ4・5時間後に2錠飲んでください。それでもダメなら夕方残りの1錠を飲んでください。」

key:「それでもダメなら?」

看護師:「お電話をいただくか病院を受診していただくことになります」

しかし、毎年最後の1錠で夕方頃には無事出産するので今年もそんなものだろうと思って仕事に戻った

夕方、最後の1錠を服用して「家までもつかな〜」と心配しながら8時頃職場を後にし、楽〜に自宅に着いてしまった

夕食を摂ってもモヨーしない


unpi.jpg

最近すっかり元気になったこいつは羨ましいくらい毎日快食快便である


「やばい、明日病院か?」と思いながら深夜をむかえたが何事もおこらず朝を迎えてしまった

出勤途中にモヨーして来たが最近はコンビニが何処にでもあるので大して心配しないでいると職場に到着

仕事の手配を完了してコーヒーを飲んでいたら急に来た

「大変だぁー!下着の替えは無いぞ」と思いながら駆込みセーフだった

・・・が、いつもは夕方にチェックアウトするのに今回はお泊りコースを選ばれたものだから難産になって痛いのなんのって・・・・・切れてしまった

「現場の、しかも和式の落着けないトイレではいかん」と思い、ホームセンターの暖かくて掃除したてのガッツリ落着けるトイレに移動した

時は10時ちょっと前、無事今年も真っ白なバリュウムが出ました

それにしても痛かった!





健康診断結果が昨日届いた

そこには「要:大腸検査」だった

ってことは、、、、、健康診断の前から切れてた?

なににしても、来週は肛門科の前に胃腸内科を受診することにした

はぁ〜〜〜


posted by key (キィ) at 21:12| Comment(8) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

釣れないね、いないね

ピークを過ぎた感のある道央圏の鮭

今日は苫小牧の海岸に行って来た

札幌周辺は朝、雪予報も出ていたので極寒かと覚悟して行ったが以外にも温かい

141022-1.jpg

平日なので場所も取り放題

しかし、鮭の姿は見当たらない

投げ釣りの竿にもヒットした様子はない

1時間もしたらモチベーション無くなった



続いて白老へ

141022-2.jpg

こちらは苫小牧より魚景は濃そうで朝方本数が出たのが分かった

だが着いた時間が遅かったので跳ねは有るものの仕掛けが届く距離ではなかった


今日で鮭用の道具は箱に仕舞い来年まで棚の奥となりそうだ



納竿が早かった本日も観光地経由で帰宅した

141022-3.jpg

道央は今が紅葉の盛り

深紅色の樹

141022-5.jpg

山吹色の樹

141022-6.jpg




しかし先日の強風ですっかり葉が落ち、木漏れ日がまもなく来る冬の支度のように見える林道もある

141022-4.jpg


まもなく寒くて夜が長い冬が来る


posted by key (キィ) at 20:39| Comment(7) | TrackBack(0) | サケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

ご来光参拝の日々

今日もご来光を参拝に行って来た

141015asa.jpg



試に竿など出してみたが、昨日通過した台風のうねりが残っており

鈎についてくるのは海底にある藻屑ばかり

夕方までいればもしかして鮭の顔でも拝めたのかもしれないが一日中竿を出している元気も無いので8時でやめた

信心深いkeyはこうしてご来光の写真の為だけに海で朝を迎えるのは何回目だろう



さて、その台風で紅葉真っ盛りだったはずの支笏湖は木々の葉が落ち、紅葉シーズン終了も近い装いだった

1410shikotsuko.jpg

秋のカレイ・カジカシーズンでもあるし、そろそろ鮭を追いかけるのも終了かもしれない
posted by key (キィ) at 16:29| Comment(6) | TrackBack(0) | サケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

弱った人間と元気な猫

今日は振替休日で仕事はお休みなのですが先週より腰に違和感を覚え、ついには日曜に違和感が激痛に変わり多少痛みは消えたものの昨夜は釣り具を担ぐ気にもなれませんでした

おまけに先週の水曜は、またしても両隣りが釣れたのに自分だけが釣れないと言う憂き目に会い、もう釣りをやめたい気分です

10-01 kitayoshiwara.jpg





季節が移っても、飼い主が調子が悪くても、最近元気倍増の猫

一時は血便やら血尿やら原因不明の高熱やらと心配な日々が続いておりましたが最近は食欲が旺盛になり有り余ったエネルギー発散のため20cmほど高くなったキャットタワーを早朝から登りとダッシュを数本こなす日々

タワー猫.jpg

9月の連休に突然ソファーを購入した我家

今までソファーで爪磨ぎなどしたことの無かったちゃ太郎ですが、このソファーの肉球心地がよほど良かったのか新しくしたばかりのソファーで爪磨ぎをするようになり、挙句はソファーに爪を掛け伝い歩きをする始末

伝い歩き猫.jpg

そんなに高級でも高価でもない椅子ですからいいんですけどね(涙

でも、今迄ソファーの上でこんな風にノビーっと寝ることなど余り無かったのに最近はこんな姿をよく見かけます

寝る猫.jpg

きっと心地が良いのでしょうな〜


そして、最近お気に入りの場所は棚の上にある予備に買っておいた爪とぎの上

爪磨猫.jpg


まぁ、見守る家族に元気でこんなに癒しをくれるなら多少のヤンチャもソファーの傷みも大したことではありません
posted by key (キィ) at 09:39| Comment(4) | TrackBack(0) | ちゃ太郎日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする