2014年09月28日

鮭釣り人が消えた海

日曜の今日は仕事だった

しばらくは日曜が仕事だったり休みだったりと変則的な勤務が続く


しかしその仕事が今日は早く終わった

「仕事の日に"公私の私"を混同してはいけない」と立派な企業人のkeyは釣りの用意など勿の論してこなかった (^ ^;

なので、ちょいと様子だけ見ようと出掛けたが台風の影響か海は底荒れで青い海と呼ぶには程遠いねずみ色だった


tomanisikioka.jpg

苫小牧錦岡海岸で15時頃

日曜は場所取りさえ困難なこの場所が青空のこんなに良い天気の日に竿が一本も立っていない

数人の暇そうな男たちが悩ましげにじっと海を見つめているだけだった



siraoi.jpg

白老のこの岸壁ではサケ釣りではなくルアーロッドでサビキ仕掛けに10号ほどのナス錘を付け引きずり方式でサバを狙う人が数名

siraoi2.jpg

そして、ずらり車が並んだ岸壁ではファミリーが多く、みなサバを狙っているようだったが

いずこもサバが釣れた場面は確認できなかった


胆振中部の太平洋は空は好天、海はうねりが付き底荒れで海岸はどこも赤茶けた色をしていた

siraoi umi.jpg



それにしてもこんな姿が情けない

gomi.jpg

と、言いながら片付けて来た訳でもなく偉そうなことは言えないのだが



何とか週の中には穏やかな海に戻って欲しい・・・・・

posted by key (キィ) at 22:47| Comment(6) | TrackBack(0) | サケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

趣味は用具収集です

高校生のとき「君のデッサンは小学生並みだね」と美術の先生に言わせたワタクシですが

今度はこんな物を購入してしまいました

airbrushi.jpg

エアーブラシなる物なんですがね

仕事でひょんなことから、こんな物があるんだって知りまして、急にプライベートでも欲しくなってプラモデル屋で購入して来ました


こんなになったスプーンやミノーを再生出来ないものかと以前から思っていたのですが

P1000428.JPG

なにせ指先が不器用と申しますか、人並みのセンスが無いと申しますか

魚が豚になるかもしれませんが折角購入した道具

何もプロ級の腕になって商売しようってんじゃありません

せめて元が取れるくらいのカラーリング技術は身に付けたい・・・


ムリなのかな〜〜〜

posted by key (キィ) at 21:27| Comment(8) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

アウト!

いつもの通り釣り具を担いで

深夜11時過ぎ我家を出発して約100km先の目的地を目指して高速道路をぶっ飛ばし

日付が変わって午前1時に目的地に到着

今回はいつもの釣り場を諦め、違う場所に入ることにした



道央北海道もこのところの明け方の気温は一桁台となり車中泊もシュラフなしでは過ごせない

案の定、この日の現地もかなり冷え込んでいた

シュラフを出し、明朝使う物を出していたら

??? 目

あれ? あせあせ(飛び散る汗) あせあせ(飛び散る汗) あせあせ(飛び散る汗) 

無い ふらふら


痛恨! 餌が無い

なんと...釣り餌を忘れた

当然、札幌でもないので24時間営業の釣具屋はない

隣町まで行っても店が開くのは7時


これ以上ここに居ても何にもならない

家に帰って寝るべ〜 バッド(下向き矢印)

                  バッド(下向き矢印)

                       バッド(下向き矢印)


ガソリン代 ¥3,300 高速代 ¥2,180 は藻屑と消えた


悲 し い 〜 っ 

posted by key (キィ) at 20:52| Comment(12) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月18日

平日釣行

遡上する猫

Fight2.jpg




先日、工事の完成引渡しをし昨日、今日と代休をいただいている

当然、平日だから釣り人は少なく、場所取りは自由、爆釣を夢見て

昨日はいつもの海岸に出向いて来た



深夜に現地に着いて海岸の様子をヘッドライトを照らして見ると、先週の避難勧告が出るほどの記録的な大雨で河口の様子が一変していた

河口は規制ラインから80mほど遠のき、釣れないのではないかと移動も考えたが代わりの場所が思いつかず、とりあえずここで仮眠をとることに

4時に目が覚めたが日の出が遅くなり、まだ辺りも確認できないほど真っ暗闇である

周りに車が集まり始め釣り人が増え始めてきたことを横目に支度をし海岸に出てみると

なんと、あれだけ集まっている釣り人の姿が1人しか確認できない

幽霊じゃあるまいにどういうこと?



闇が白み始め辺りが見え始めた頃、その訳が分かった

やはり規制ラインから河口が遠のいたことで釣果が上がらなくなったらしく

地元人と思しき釣り人達はヘットライトを消し、ケミホタルも装着せず闇に塗れて河口直下(河口規制内)で鮭を狙っていたのである

日の出を向えた頃にはその姿が容易に確認でき、鮭がバンバン釣られていた

当然、河口から遠のいた規制外では鮭の当りも無く、その気配すら感じられず6時前にはこの場所を後にした

arasinoato.jpg

一変した河口の様子



次に入ったのが白老海岸

tkeurakaigan.jpg

砂浜にはブッ込の投げ竿が林立していた



ここで隙間を見つけロッドを振る

・・・が、何故か釣れるのは右隣ばかり

「腕の差だな」と分っちゃいるが、やたら力が入る

タナを変え、スプーンを変え、リトリーブ速度を変えてみるが当りは数度あるものの乗らない

そうこうしているうちに左隣にも来てしまった

真ん中にいるkeyだけがすっかり鮭に嫌われてしまったようだ

もしや、この一帯の鮭は姫ばかりなのか?


8時頃にはライン切れのトラブルもあり、ここで納竿とした


出掛ける前の思いとは裏腹に結果は散々だった

もちろん!帰りには新しいスプーンを仕入れたことは言うまでも無い

今日は朝からフックを磨き、スプーンをカラーリングして 次に備えている


しかし、なぜ自分だけが釣れなかったのかの答えは出ていない

ただ、ロッドを振った数と釣果は比例しないものの腰痛は2乗に比例する方程式は見つけた

posted by key (キィ) at 13:20| Comment(6) | TrackBack(0) | サケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

釣果をいただく(久びさ編)

今朝は腰痛が強いこと

先日の記録的な大雨で胆振方面の河川はまだ濁りが残っているだろうと思われること、、、で

釣りはお休みした



なので、久々に自給自足の近況などを

先日釣った鮭、2週続けてオスだった

定番のあら汁

sakearajiru.jpg

「写真撮るなら早く言ってよ」などと訳の分からぬゴタクを並べながら「彩りがいまいち」だと我家の調理人が反省していた。

どんぶりの中がグロテスクだが、魚はこのカマの部分が美味しい



食べて美味しいのはオス、でもなかなか簡単に美味しくいただけないのが白子

鮭を捌いていて何故か唐沢寿明が頭に浮かんだ (このCMって北海道だけ?)

yukimisake.jpg

ネーミングは「雪み鮭」にでもしようかと思ったがポン酢をかけたら爆発直後の火山のようになってしまった

白子をブツ切りし塩とコショウで下味を付け、オリーブオイルで焼いて、大根おろしをたっぷり乗せ、上からポン酢をたっぷりかけて完成

味も自画自賛したくなるほどグットである

大根おろしをたっぷり使ったことで胆嚢の消化酵素が弱わくても後から胸焼けすることがない (人体実験済み)

かんたん! おおぉーーーサクセス!!!

出来上がりからすると下戸のkeyがいただくより、呑んべぇな方のお酒のお供にした方がずっと良いかもしれない



そして、我家の定番

nanbansake.jpg

鮭をから揚げして、たっぷりのネギやピーマンを乗せて、熱い甘めの酢をかけて出来上がり

これが意外と飽きることなく美味しい



以上、お父さんは海にサケ狩りに、お母さんはスーパーに野菜狩りに、老いた夫婦の自給自足の近況でした(爆


posted by key (キィ) at 07:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 自給自足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

またオス。それも1本だけ

今日は登別へ

実は昨夜から現地入りしていたにもかかわらず今朝目が覚めたのは5時半

先週は音でほとんど眠れなかったので昨夜は耳栓をして寝た

目覚ましアラームの音も、集まってくる釣り人の車の音も聞こえず爆睡して目覚めたらすっかり夜が明けていた

急ぎ支度をして海岸に降りるとあちらこちらに無造作に鮭が放置されている

明け方の調子の良さがうかがえる

(今回は釣り場の写真はなし)

6時になってからでは良い場所も無く鮭の活性も一段落ついたようでkeyのキャスト力では沖でモジリが湧いている場所までは届かない

若いとは羨ましいことでオニイチャン達は並み継の投げロッドで浮きルアーをガンガン飛ばしている

きっとkeyより1色半は遠投されているであろう

当然、モジリの奥にまでキャストされ釣果も上り、はるか遠くからロッドに任せて馬車のように鮭が引きずられてくる

何とも羨ましい限りだ




当りも気配も無い場所でやる気モードも消えかかった7時20分頃、突如紙芝居が始まる

鮭  :「沈み根の周りはご飯があるんだよね〜 ♪」

釣り人:「沈み根周りには鮭が集まりやすいんだよね〜 ♪」

鮭  :「ほら、やっぱりご飯があった。パック〜ん?」

釣り人 「あら、沈み根の昆布にでも引っ掛かったかなー? ぐいっ」

鮭  :「ありゃ、ご飯が何かに引っ掛かっちゃったよ。ぐいっぐいっ!」

釣り人:「えっ? これって鮭の引き? ぐいーん!」

鮭  :「えっ? これって釣り鈎? 大変だぁ!逃げなきゃ!ドッーーーん」

ここで釣り人、足場にしていた岩石の上から鮭の引きに耐え切れず海に引きづり落とされる

かろうじて転倒せずにすんだ釣り人と鮭の戦いが続く

巻いてはドラッグが唸りラインが出ていくを繰り返すこと数回、やっと鮭が疲れ波にのせて浜に引き上げられた


140907noboribetu.jpg

ナイスファイト 70cmほどのオス

ダブルフックがガッツリ顎を捉えており、数年ぶりにこんなファイトを楽しめました

先週といい今年の鮭はパワーが違います


辛うじてボーズを逃れてやる気も「もう、いいかな」モード

8時半、お腹も空いて納竿



ところで今回の釣果、それより嬉しかったのがスプーンとフックは自作だったこと

jisaku.jpg

スプーンはリメイクしたもので鉄板カラーシートとアワビシートを貼ったものに蓄光シートを貼ってみた

フックはサクラマスでは何度か自作フックを使って問題が無かったが

鮭のような強烈な引きにも耐えられたことでアシストライン巻きに問題が無いことを実戦で証明できた



帰宅して改めて計測したら71cmありました

140907sake.jpg

それにしても体高もあり丸太のようです

140907sakeshori.jpg

3枚におろしラッピングして保存(密封することで冷凍焼けから長持ちできます)



最後に出刃包丁を研いで終了

hotyo.jpg

大きな方の包丁は寿司屋を営んでいたツマの父親の形見分けです(何が欲しいと聞かれてツマは包丁と答えたそうだ)


ああ〜サケ釣り、楽しかった!

posted by key (キィ) at 21:14| Comment(6) | TrackBack(0) | サケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月03日

らーめん きちりん

札幌創成川通りを北区茨戸から石狩市役所前を通る道々273号をいくと石狩市花川東1条4丁目の交差点右側にこのラーメン店がある

きちりん.jpg

気まぐれ弁当屋の”愛妻屋弁当”が数日、気まぐれ休業だったので言い訳が立つの時にと混み合う12時より少し早く入店した

目当ては塩ラーメンだったが店内の「当店1番人気」の文字に誘惑されてカロリー摂取量を気にしながらも「チャーハンセット、ラーメン塩味」を注文してしまった



ほどなくチャーハンセットが出てきた

チャーハンセット塩.jpg

先ずは鶏がらがベースというスープを一口

きちりん塩.jpg

「んまい!」 手間をかけたスープであることが味蕾から伝わってきます

麺も縮れ過ぎず茹であがりも良くスープとのマッチングもいいです

次にチャーハンですが、人気メニューなのがわかります

出来上がりがサラッとしていて中華料理店でさえ良くある米粒同士が抱き合っているベタベタ感は全くなく、サラッサラッなのにモチモチ感があります

残すのじゃないかと思っていたチャーハンセット、美味しく完食させていただきました

私の好みからすると”きちりん”の塩ラーメンは西区の蘭句に次ぐ美味しさだと思います

蘭句の塩ラーメン¥840、きちりんの塩ラーメン¥750 と考えれば総合点ではきちりんの方に軍配かな

ちなみにチャーハンセットは¥1,000でした

店側の接客も良ろしく他人に自信を持ってお奨め出来るお店がまたひとつ

posted by key (キィ) at 22:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 食いしん坊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする