2014年08月31日

2014年、鮭初ゲット

「突然ですがワタクシ苫小牧に引越しします」 (爆


今朝の苫小牧錦多峰川河口の海を見たならkeyでなくてもきっとそう思うはず

この河口付近には鮭が大挙して押寄せ「どんだけ〜」って言うくらいあちらこちらで背ビレを見せ、もじりがあります

しかも、群れは入って間もない様で銀ピカの釣果が目立ちます



土曜に仕事で午後から苫小牧に出向いたkeyが目論んだことはバレバレかもしれませんが、「今日(土曜日)仕事が早く終わったら夕マズメ鮭にご挨拶でもしてこようかな、もし今日がダメでも今夜は車中泊だ」とひらめき急きょ釣り具一式を積んで苫小牧に向いました

案の定、人使いの荒い会社はそう簡単に釣りに行かせてくれるほど甘くはなく夕マズメは諦め翌朝に賭けることに



さて、明日から河口規制に入る苫小牧錦多峰川と登別川、激混み必至だが魚景の濃い錦多峰か、先週の状況からまだ魚景は薄いだろが錦多峰ほど混まない登別か思案した結果、今回は釣果重視で錦多峰川とすることに

土曜の8時過ぎ現地に入りますが河口では真っ暗な中、ヘッドライトが無数にうごめいています



しかし私は3時まで仮眠をとり鋭気を養うことにします

0時を過ぎた頃から札幌以上に深夜は気温が下がること、車が頻繁に通りその度目が覚めることで1時以降はうつらうつらさえ出来なくなったので予定よりかなり早く戦闘開始することに

導流堤の上と導流堤に挟まれた河口は好ポイントですでにかなりの人が貼付いて夜中だというのにポツポツ鮭が揚っています

最初からこの場所は諦めて右岸に入ろうと決めていたのですが右岸の砂浜もかなりの人数がすでに入っています

余裕のある隙間に入れていただき今シーズン2回目の浮きルアー開始です

周りではポツラポツラと竿が弓なりになっていますがkeyの竿には時々当りがあるものの、もうひと食いがありません

yoake.jpg

ヘッドライトも必要無いくらい世間が明るくなった5時10分頃、ロッドから伝わる鮭の捕食の当り

しかし、ガツンときませんで口に入れては吐き出すようなかる〜い当り

何度か繰り返されても咥えてくれないのでロッドを少ししゃくるとガッツリ鈎が掛ると同時にスレ掛りじゃないかと思うくらいの強烈な引き、波に乗せては引きを繰り返しやっと引き揚げ成功

一年ぶりに鮭の引きを堪能させていただきました

14farstSAKE.jpg

60センチ強のオス鮭

この後、メスを狙ってキャスト&リトリーブを繰り返しますが2度ほど当りはあったものの早合わせで乗せることは出来ず8時で終了としました

今シーズンは例年より早く釣果がありましたので、あとはオネエチャン鮭をたぶらかしてイクラ丼を早く食べたいなぁ〜



今日の朝、この河口では全体で50本以上は揚っていると思います

右岸導流堤上に陣取った人たちだけでも20本は超えていると思います(カウントは取っていない)

中河口の釣果は分りませんが右岸砂浜でも10本は超えていますからひょっとすると70本を超える勢いだったのかもしれません

maninonrei.jpg

keyも規制前にこんな凄い釣果と鮭の遡上を見たのは初めてです

まして夜中にこんなに釣れているのを見たのも初めてでした

今更凄いと書いてもこの河口、明日からは導流堤上や河口で釣りは出来ません

どうしてもやりたいならやっても良いのですが前科一犯となり人生をダメにするかもしれません

今更どうしようもない情報かもしれませんが来年の為に覚えておくのも良いかもしれませんね。

ginpika.jpg

銀ピカでしょ?



でもですね、飼い主の喜びなど知らぬふりです

siranhuri.jpg

鮭を見せても無反応なちゃ太郎
posted by key (キィ) at 15:50| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

鮭調査 太平洋胆振中部 “いるわいるわ”

昨夜、眠い目をこすりながら記事を打込んだのにキーボードのどこかに触れたらしく警告ダイヤログの標示もなく一瞬にして文章も写真も消えた。Seesaa BLOGとは本当に相性が悪い。





太平洋胆振中部では例年より早く釣果が出ているとかで、ここ数日はその数も好調らしい苫小牧錦多峰川河口

いつもなら8月下旬頃からやる気が出てきてあれやこれやと準備をして最終週の日曜に出るのだが皆が「今年は鮭はやいよー」とささやくものだからそわそわして土曜深夜に太平洋に向けて出発してしまった

”人の口に戸は立てられぬ”と言うが噂話と言うのは意外に通信速度が速いらしく週末の苫小牧現地には、到着した午前0時を回ったばかりというのに既に60台あまりの車がひしめいて、鮭ハンターが“いるわいるわ”そのほとんどが札幌ナンバー

当然、これからこれに地元室蘭ナンバーが加算される訳で、あの狭い河口の周りで100本以上のロッドが振り回されるのかと想像しただけで腰が引けてしまい20分程でこの場を後にした

よけいな話だが河口横に隣接するホテルもこの夜は盛況だったらしく満室の電光掲示板が輝いており、この週末苫小牧錦岡の一部地域だけはイベントが開催されたくらいの混み様だった



ここから30分たらずの登別川河口に場所を移し、3時半にタイマーセットし仮眠に入る

4時過ぎに砂浜に立つが人の多さが魚景の濃さと言うことなのか、ゆったりとしたスペースで20数名ばかりがロッドを振るが当りさえない

Noboribetsu Riv.jpg

この浜でこの朝の釣果は2本(たぶん)しか確認出来なかった

そんな中でくじ運に人一倍弱いkeyがラッキーカードを引ける訳もなく8時過ぎでこの場所を離れた

アヨロや白老辺りの状況を見ながら再び苫小牧へ向かったがアヨロ川沿いの一帯は早くも投げ竿が林立し空いている場所がない



すっかり太陽が昇った頃の錦多峰川河口

Nishitap Riv.jpg

釣果を足元に置いて一服する人、空いた場所を見つけてロッドを振る人、車に戻って一休みする人

周辺にはまだ、車が50台以上は残っており、立ち聴きによると「今朝あれだけ上がったから今残っている奴らは帰らないで3時頃にはまた混むぞ」と言うことらしい、今朝はよほど釣果が良かったようだ

Dainamu Kaigan.jpg

河口左岸(俗に言うダイナム裏)には投げ竿が林立しシーズン真っ盛りを思わせる光景だ

これから鮭シーズンが本格化する北海道はオホーツク海、太平洋、日本海と北海道地図をなぞる様に海岸一帯に所狭しと竿が並ぶ

ただ、悲しいかな人が集まる所はいずこも同じでゴミが大量に散乱し見苦しいのなんのって

この場所もなぜか”よそ者”ナンバー車の周辺に散乱物が目立つ、平均年齢は釣りファンよりも圧倒的に若いであろうサッカーサポーターの精神を見習ってほしいものだ.....と


ところで今年は何回通えば鮭と出会えるのか

好調なのだからこのワタシの処にも一本来てください <m(__)m>

posted by key (キィ) at 19:00| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

カラフト軍団は?

今年も道北の田舎に帰省してきました

枝幸から網走あたりまで今年も(昨年も盆のカラフトは良くなかった)情報が芳しくないカラフトを狙ってオホーツク海に繰り出してきました

出撃先を何処にしようか考えた末、紋別は河川に濁りが入り易く抜けにくいので台風11号の影響が抜けていないと思い沙留か雄武と考えまず沙留へ

4時に海岸に立ち4時半にたった一度だけライズを見たもののあとは音沙汰なし

5時半には釣り人ほとんど退散

カラフト'14.jpg
退散時に撮った一枚

続いて雄武川河口に入ってみたものの、河川敷を歩いて行くと帰りの人々が次々と

誰もカラフト抱えていません

一時間ほどロッド振ってみますが当り無し、周りに釣果なしでロッドをたたみました

ちなみに雄武では40〜50人ほどが入っていましたが釣果を確認できたのは3本のみ

一人2〜3本が当り前の時期に全体で3本、カラフト軍団はこの付近の海岸にはまだ到着していない模様

人伝いによると稚内から枝幸まではそこそこ良いらしいのですが・・・

翌日は出撃するほどの意欲もわかず、今年のカラフト巡業は終わりました

posted by key (キィ) at 08:30| Comment(8) | TrackBack(0) | 樺太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

ラーメン 追風丸 and 千太

お盆ですね

北海道では暑さも盆までなどと良く言われますが迎え盆の今日、札幌地区では秋を思わせるようなひんやりとした心地よい風が吹いておりました

消費税増税後から6月までの国内GDPが年率換算で6.8%のマイナスだったとか、失われた20年の間に建設業界に携わる就労人口も激減して仕事量が溜るばかりで利益が上がらない割には多忙な日々が続いております

そんな現場監督も明日から4日間の連休でオホーツク海に釣り三昧に行ってまいります

ってな訳で連休前のブログアップは貯めてあったラーメンの話し



【北海道らーめん奥原流 追風(はやて)丸】

石狩からの仕事の帰り、追分通りを通ると一人の客もいない日を見たことが無いラーメン店がある

きっと美味しいんだろうなと“釣りと食べることしか書いていない手帳(あ、ちゃ太郎の誕生日もメモってある)”に記しておいた

で、日中暑かった夕方、ツマが「台所に立ちたくない」なんて我侭を言うものだから(夫は炎天下で倒れそうになりながら仕事をしてきた)多少涼しくなったので追風丸に行ってみることにした

ラーメン風追丸.jpg


注文はもちろん、ツマが塩、オットは醤油

混んでいる割にはたいして待つこともなくラーメンが出てきた

塩〔風追丸〕.jpg
塩ラーメン

醤油〔風追丸〕.jpg
醤油ラーメン

スープの醤油を一口、次いで塩を一口

むちゃくちゃ味が濃い

濃過ぎて梅干しが使われていることは解ったが後はさっぱり□▼※×○◆×△???

身体も内臓も老齢化して消化力の落ちたオヤジにはやっぱりラーメンのコッテリ系は苦手だわ


【ラーメン 千太】

「塩ラーメンの美味しい店がある」と聞いて釣果も芳しくない太平洋からの帰りに寄ってきました

駐車場は店の裏側にあり平岸通りから細い道に入りさらに右折して路地に入って行く

ラーメン千太.jpg
平岸通りからの千太

注文は色気のない自販機が受けている


千太 塩ラーメン.jpg
塩ラーメン¥700だったかな

スープは透明、味は確かに塩味だった

麺はストレート麺、茹上りに生臭さが残る

確かに飽きのこない味ではあるが、もう少し店主の思いが伝わる味ならいいのになぁ〜


posted by key (キィ) at 21:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 食いしん坊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

ちゃ太郎の話し

一時は血尿が出たり、治ったかと思えば下血をしたり、食が細く元気がなかったりと心配しておりました

かご猫.jpg
最近お気に入りのランドリーかご

一日のほとんどを一緒に過ごすツマは多少太くても食欲がなく元気がないことよりずっと良いと毎朝、秤で正確に計測して食事量を管理していた飼い主の隙を見てねだられるままにおやつを与えていたそうで毎週金曜日に測定している体重が徐々に増加し、ここ1ヵ月半ほどで500gも増えてしまいました

食べる猫.JPG
とにかくよく食べ


寝る猫.jpg
良く寝

良く遊びます


そして運動の後は「ごは〜ん」と催促し「今日の分は終わりだよ」と言って出さないと出るまでじっとツマを見つめます
ねだる猫.jpg


そしてちゃ太郎の奥の手は「ひもじくて悲し〜い」って目を細めて見つめます
演技する猫.jpg

この目にツマはひじょうに弱く、ついついおやつを与えてしまいます

人間の500gなら問題ないのですがちゃ太郎の体重からすると1割も増加したことになります

最近は呼吸も大きく心臓に負担がかかっているのではないかと心配になります

飼い主はGWの爆食いが祟って、定期受診で医者から「次の受診で血糖値と体重が落ちていなかったら糖尿の薬をお出ししますね」なんて脅かされて今月に入りやっと3kgほど減量に成功しました

食が細く元気がないのも心配ですが元気が良すぎて体重が爆進していくのもまた、心配事であります


「なぁちゃ太郎、何事もほどほどが大切なんだけれどわかるかい?」

親の心子知らず.....


posted by key (キィ) at 23:15| Comment(4) | TrackBack(0) | ちゃ太郎日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

Xデーが来ないS港

今年のS港にXデーは来ないのでしょうか

たしか数日前にどなたかが「S港は釣れてないよ」ってブログに書いてましたよね
他人様のお言葉は素直に受止めるものだと実感させていただきましたよ

ここ一ケ月ほど仕事と荒天で竿を出していないのと来週も釣りには行かれない事情があったりでこの休日はどうしても竿を出したい「そろそろ来てもいいんじゃないか〜?」と思うS港にマガレイを狙って出掛けてきました

土曜深夜に現地に着き場所を確保すべくあの長い防波堤を短足を精一杯広げて急ぎ足で行くとさすが日曜前夜だけあって中間付近からすでに釣りを開始している気の早い投げ師や場所取りの三脚が15m間隔くらいに置かれたりで明朝はけっこう混み合う気配

600番付近でやっとスペースを見つけとりあえず場所を確保し仮眠を。

2時過ぎ頃から頻繁に車が来、ドアを閉める音と準備の話し声で寝ていられません。
こんなに集まるってことは「やっぱりけっこう釣れてるんじゃないか」なんてスカリいっぱいのマガレイを想像していたら3時になってしまい起きてキャリーに荷物を乗せコトコト600番を目指します

薄暗い防波堤を歩いているとヘッドライトを付けたハタチ過ぎくらいの太いオネエチャンが正面から近づいて来てうら若き乙女のような心を持ったオヤジに声を掛けて来ました

「すみませ〜ん。私、釣り初心者なんですけど <どぉ〜〜って伸ばさないところに好感度3%アップ> 魚釣れたんですけど鈎の外し方がわからなくって、釣れた魚が小さいので海に帰してあげたいんですけどお願いしてもいいですか」

「ポッチャリのオネエチャンなら安定感と抱き心地が良くって好きなんですけどね〜、太いのは嫌いなんですよ」と本音を口にしたらこの場で泣かれても困るな、なんて思い手の平より小さいガヤ(蝦夷メバル)を鈎から外してあげると

な・なんとこの太いネエチャン、「海に帰してあげたい」なんて言いながら、鈎から外れた魚をつま先でひと蹴り、そしてまたひと蹴り、蹴りが外れてもう一回蹴りっ!

おいおい、それって「返してあげたい」じゃなくて「おまえら、目の前から失せろ」って態度じゃない?

「だから神経が脂肪に化けたデブはガサツだから嫌いなんだよ」と思いながら自分まであの太い足で蹴られたらひとたまりもないのでそそくさとその場を後にしました

無駄に時間をロスしたところで場所まではまだ遠く、途中で高価そうな並継ぎ3本を準備中のお兄ちゃんに「最近ここはどうなんですか?」なんて声を掛けると「先週の新聞にも20枚とか出てたし大丈夫じゃないんですか〜」って返事

「あー、同じ記事を翌年にも一字一句違わず使うあの○○ね。私も中吊りで見ましたけど・・・」と心で思いながらも「そうですか、お邪魔しました」と目的ポイントに脇目も振らず進む


やっとポイントに到着

空は曇り模様、日の出は4時36分で周りはまだうす暗く、小潮・第一満潮は7時15分頃、これから潮が込んでくる「いいんじゃない」

140803 asa.jpg
暗くて画層が粗いが日の出前の防波堤の様子

4時10分、第一投目 腰痛のためキャスティングで腰に捻りを入れられないので剣道の面打ち投法、竿の性能だけに頼る投法で100mには届かず3色半が精いっぱい

140803 set.jpg


第一投から20分、まだ竿先はピクリともせず、やっぱり活性時期には入っていないと実感する

4時40分、竿先がピクピク・・・・・そしてまたピクピク、竿先が震えるように。これってマガレイじゃなくってチビ宗八の当り

140803 sohati.jpg

ちなみにペットボトルのサイズは約21cm

それから暇な時間が過ぎた5時半過ぎ、突然竿尻が50cmほど横へ「うぉー」

リールを巻くと重い、こんな時ダイワのベーシア45は軸が曲がるんじゃないかと思うくらい非力

力糸が海面から出て来ているのに魚が浮いてこない・・・「タモ準備してないしな」

やっと物が浮いて来て海面に白い腹を見せる「デ・でかい!」

・・・と思った瞬間、鈎が外れ痛恨のバラシ「ボーぜん」

あまりのショックにこの後、キャスティングでのクラッシュや力糸断裂のトラブルで時合いを逃す

そして本日最後の当りでもやっぱり付いて来たのはソウハチでした

140803 end.jpg
写真が変ですが

マガレイは一枚も揚がりませんでした。朝の防波堤では全体でもマガレイは10枚に届かずの様子

結局この日のお持ち帰りはゼロ



取り逃がした奴はきっとイシモチカレイだったに違いありません

・・・絶対にそうです

・・・・・と信じたい(爆



さて、盆休みに備えてカラフトマスの準備でもしましょうかね

それとイメージトレーニングもね 

「巻いて、止めて、巻いて、止めて、・・・」<本当か?>(大爆)何の事だか一般の人には解らないハズ



それでは皆さん、良い夏休みをおむかえください(まだ早い・・・てか?)


posted by key (キィ) at 21:11| Comment(8) | TrackBack(0) | 投げ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする