2014年02月27日

春にはお別れ

ココは毎日出勤のために通るミュンヘン大橋

先週までココを通る時はヘッドライトが点いていた

asa0226.jpg

しかし昨日ココを通る時には陽がこの場所まで昇っていた

あの凍て付く季節ともお別れし、もうすぐ北海道にも春が訪れる

凍て付く寒さの中で毎日雪をかきながら過して来たから、春が尚更嬉しい



そして、今年の春どうしてもお別れしなければならないモノがもう一つある

長年慣れ親しんできたOS、WindowsXPのサポートが3月末で終了とのことで、長年働いてもらったHDと共にお別れすることになった

今日、OSインストール済みHDが我家にもやってきた
NewPc.jpg

なぜかこの時期になって急に人気が殺到中のWindows7OSwin7.jpg

果たして入替え完了はいつになることやら・・・

と言う事で、このブログの次回アップはいつになるか不明

皆さん、良い春をお迎えください(爆)
posted by key (キィ) at 22:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

お引越ししました

この度、KDDIのブログサービスが廃止されることになり

seesaaブログに引越しを致しました。

デザインも一新され心機一転しました。

おいおい新機能も充実させていこうと思います。

これからも『現場監督の休日』をよろしくお願いいたします。
posted by key (キィ) at 23:36| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

そば 『 目 分 料 』

「十勝でそばを食べるならここかな」と知人に教えられて入店してみて「なるほど」とメモしたお店がある

前回はカメラも持参せずの来店だったのでブログにUPも出来なかった

先日スキーで新得町に行った時わざわざ遠回りをして来店し、写真もバッチリなのでご紹介しようと思う


そのそば店は札幌中心部から道東自動車道を利用して約2時間半、清水ICを下りて国道274号で清水町中心部に入ると間もなく左手に町役場が見えてくる

その役場前の信号機のある交差点を右折するとすぐ左手に蕎麦店『目分料』がある

ここで「十勝で蕎麦を食べるのになぜ有名な新得町ではなく清水町なのか」と思われる方もいるかもしれない

が、あくまでも独断と偏見と個人的好みでここなのである



ここでちょっと北海道の蕎麦に関する知識を

北海道食材ものがたり(道新TODAY)より抜粋

農水省札幌統計情報事務所によれば、平成8年の全国のそばの作付けは26,000fで、うち北海道は8,900fを占めるが、幌加内町だけで2,100fと全国の1割近くに達する。
府県単位でも、この町にかなうところがない。道内産地で2位以下に続くのは深川市の1,000f、旭川市の460fなど。そばどころとして有名な十勝の新得町は260fにすぎない。

空知管内幌加内町はそばの生育に適した寒冷地でしかも昼夜の温度差が大きいのでデンプン質が乗っておいしくなる。
8月末、幌加内町で「日本新そば祭り」という催しがあった。
長野、静岡、広島など全国各地からそれぞれ特徴あるそばが出店し、地元のそばとともにその味を競うイベントだ。
(昨年は蕎麦打ちで有名な高橋邦弘氏も来場している)
広場にテント屋根のそば屋がずらりと並び、その裏側では職人たちが休む間もなくそばを打ち続ける。
応援の自衛隊員が野戦用のタンクで湯を沸かし、店に供給する。上水道の太い本管が特別に引かれ、ゆでたそばが大量の水を使って冷やされる。
店頭には待ちわびた客の長い列ができ、会場全体が身動きできないほどの込みようだ。

新得町をはじめ鹿追町など十勝は昔からのそばの産地。
新得町では乾そばメーカーがそば打ちも体験できる大型そば店をオープンさせ連日客が押し寄せている。



と言う事で新得町にオープンした蕎麦店も行ってはみたが私の中で勝ち組は『目分料』になった



目分料 正面.jpg

駐車場からの目分料

この日も訪れた開店10分前には既に車2台が開店を待っていた



開店は11時、その日打った蕎麦が無くなれば閉店(そもそも閉店は午後2時)

目分料 入口.jpg

玄関



目分料 店内.jpg

テーブルから入口を見る


古物商が好みそうなタンスがやけに目につく
keyの目分量からすると ¥?,?00,000 、7桁は下らないであろう



もちろん注文は『もり』

目分料 もり.jpg

そばつゆに何もたさず蕎麦を4・5本汁に付け口にすると

つゆは蕎麦店にありがちなカツオが前面に出た味ではなく手間がかかっていることが窺える

そばの香りは鼻先では強くなく噛むと口の中でふわっとした香りがたち、コシがしっかりではなくきちんとあると表現して分かってもらえるだろうか

そばつゆにはネギとわさびが付いてくるが個人的好みから言えばわずかなわさびを入れるか一味唐辛子をわずか入れるかしてネギなどは使わずにいただいてほしい


十勝方面でお蕎麦をいただくなら、keyがお奨めするそば店です
posted by key (キィ) at 20:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 食いしん坊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

特訓!in サホロリゾート

この週末は1泊2日で十勝の新得町にあるサホロリゾートでスキーを楽しんできました (本当はあまり楽しめなかった)



初日サホロに向かう道東自動車道の路面は乾燥状態で大量の融雪材散布により舗装路面は真っ白に

道東道塩カル.jpg

トンネル内は視界を遮り健康に影響は無いのかってくらい融雪材の粉が舞い上がっていた


十勝清水ICで自動車道を下り新得町に向かうと例年よりも積雪量は半分も無いようでいつものこの時期なら路面はアイスバーン化し決して走りやすい路面ではないはずなのに今年は雪も少なく大変走りやすい

十勝雪無し.jpg



札幌中心部から約3時間、サホロリゾートスキー場

サホロリゾート.jpg

ロッジで昼食中のクラブの皆さんと合流

昼食.jpg

(今回は全員顔出しでいきます)


約2年振りに会う人、前に会った時はパパに補助バンドでつながれていたこうた君も小学一年生になりどんな斜面も一人でスイスイ

子供の成長は本当に早い!・・・・・ってことは我々はそれだけ老いているってことです



ゴンドラを下りたゲレンデからは十勝連峰が望めます

十勝連峰.jpg



久々に滑るロングラン斜面では自分の筋力の衰えを痛感、たしか2シーズン前は不整地斜面もそれなりに降りていたはずなのに、腰は引け脚でスキーを押せずコントロールが出来ません

頭では滑れるのですが身体が付いて行かないのです

年寄に多いタイプ、昔取った杵柄ってやつでしょうか・・・・・


ショックを解消する事無く一日目は終了





大浴場で汗を流し、珍しく久し振りにいただいた缶ビール(350ml)の旨かったこと


夕食はフレンチのコース料理

夕食.jpg

メインは牛ロースステーキだって言ってました

ステーキ.jpg

感想? 「まぁ、・・・・・本物の赤身ばかりの牛肉でしたよ」


皆さんそれぞれの部屋に戻りオリンピックで盛り上がっておりましたがワタクシは疲れて早目に就寝



翌朝、年寄りらしく5時には目覚めますが同室の仲間も年寄りで迷惑を掛けずに済みました(笑

バイキングの朝食をガッツリいただき、スキーの準備をして表に出てみてビックリマーク

雪の朝.jpg

新雪が30cm以上積もってます


「新雪だぁーーー」 と、喜んだのも束の間・・・・・自分の足前を忘れてました


足腰は降雪による不正地バーンの連続で、緊張と疲れでパンパン


午後から滑る体力は残っておりません


冒頭の「あまり楽しめなかった」はこれが原因です


お昼でスキーを止め、皆さんとお別れし恒例のスキー合宿は終了しました


次回はもっと脚力をつけて望みたいと思います




清水町から自動車道に入ろうとすると『事故のため、通行止め』の電光掲示が・・・


本当に「行きは良い良い、帰りは恐い」の週末であったとさ
posted by key (キィ) at 21:53| Comment(6) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

真冬の日曜

今日も朝から藻岩スキー場へ

今週末にはスキークラブのお泊り会があるので足慣らしでもしておこうかと

それにしても北海道は寒さから抜け出ない

今日はお試しでスキーブーツ底のつま先にカイロを入れてみたらコレがベリーグット


まぁ、人によっては足裏感覚がどうのこうのとおっしゃる方もおいでかもしれないがワタクシ足裏1ミリ2ミリを争うような卓越した技術も兼備えていませんから温かい方がずっとスキーが楽しいくて宜しいです

カイロ.JPG

札幌より格段に冷え込む週末のサホロスキー場対策はコレでキマリだ





朝一番のダイナミックコースから

藻岩Dより.jpg

リフトではゾクゾクとスキーヤーが上がって来て、本日もスキー場は大混雑しておりました





寒いのは人間ばかりではなく猫も同じなようで



【暖をとる猫】

暖ネコ.jpg

最近ちゃ太郎は飼い主の保護者 (^o^) が椅子に腰掛けているとさり気なく腰元に寄添い暖を摂る日が多くなっています

甘えることなど本猫にとってプライドが許すはずも無く、「寒いから温まっているだけ」と言うことです





【速読する猫】

速読するネコ.jpg

飼い主が新聞を読んでいると側に来て新聞を読む猫が一匹

「おいおい、新聞がサカサマだけど・・・」





【ハンモックが嫌いな猫】

ハンモック.jpg

仕事の帰り用事がありホームセンターに行ったついでに

ペットコーナーでハンモックに気持ち良さそうに寝ている猫を見て

月末で財布にチョッとお小遣いが残っていたのでちゃ太郎にも奮発した

ところが!、ちゃ太郎は、この安定しない物に乗ることが気に入らないらしく5,000円以上も費やしたハンモックは一人寂しそうに猫トイレの前に佇んでいる
posted by key (キィ) at 19:57| Comment(4) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

カサカサ

突然ですが皆さん

新聞をめくるとき、本をめくるとき知らず知らずに指先を舐めてませんか?



我社にもこんなオヤジが数名いまして、差出した書類を捲る時に指先にベットリ唾液を付けて、見終わったらそれを平然と返してくるんですね

書類のあちこちが唾液でくっ付いて剥れないんですよ

その書類を再び捲る時はノロウイルスにでもやられたら大変なのでニトリル極薄手袋でもはめないと触れません



この季節はそんないや〜なオヤジが急増殖してきます



昔からそんなオヤジにはならない様にと思っていたのですが、、、、、

最近は指先の脂気もなく、チョッピリそんな年配者の気持ちがわからないでもないような・・・・・



あっ!でもですね、keyはそんなオヤジクサイことしないように気は使ってますよ。。。

でも、気付かぬうちにやってるかも・・・




北海道は先週から24時間冷凍庫の中の様な日々が続いており

外ではからっ風にさらされ、家の中では暖房機の乾燥した温風にさらされ

身体中の細胞が老化してゆく現場監督のお肌はカサカサでスベスベしたお肌はどこにもありません

背中が突然に痒くなって孫の手を探し回る、こんなことありません?

我家では「老人性カゅイカゅイ病」と診断してます(ゅは発音しない)

考えてみればカサカサは冬だからじゃなくて加齢によるものなのかもしれません





最近フッと気が付くと口ずさんでいる歌があるんですよ

皆さんもご一緒にいかがですか?



では、唱歌『たき火』に乗せて



さ〜ん、ハイッ!

「♪ お肌のお肌の曲がりかど〜
    
    
    シミだコジワだアカギレだ〜
     
     
     のーばそうかサプリ飲もーか
      
      
      エステが手招き呼んでいる〜♪ 」




で、keyが最近愛用しているのがこのハンドクリーム

P1010940.JPG

塗った後がベトつかずサラサラでお気に入りの一品です





毛繕い.jpg

こんな季節で愛猫ちゃ太郎もロン毛がパサつくのか毛づくろいに余念がありません






以上、このブログオーナーも脂の切れたオヤジだって言うくだらないUPでした
posted by key (キィ) at 21:50| Comment(8) | TrackBack(0) | 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

スキーとラーメン武蔵

今日も朝一番から藻岩山スキー場に行って来た

ほぼ2シーズン振りのスキーは自分で思っていたよりも技量も筋力も著しく衰えを痛感したので感だけでも戻ればと今日は朝から

moiwa.jpg

朝は快晴のスキー場



ウサギ平から北方面を望むと石狩平野の大きさを実感する

M-usagi.jpg



冬季オリンピック年だからなのか、スキー人口が減り周辺のスキー場が経営難で閉鎖されているからなのか、このスキー場だけは最近客が増えたような気がする

この日もバッジ検定が開催されていたが一時期よりは受講者が多く盛況なようである

M-kentei.jpg



そんな検定斜面でリフト待ちの列に並んでいると、脇で漫画に出てくる教育ママキャラの黒縁眼鏡と真っ赤な口紅を指したお母さんが小学校3・4年生くらいのジュニア検定を受けるであろうゼッケンを付けた女の子にお説教中

教育ママはスキーウェアーを着用しているわけでもなくタウンスタイルで我子の付き添いで来ている風



ストックで雪面にS字を描き

教育ママゴン : 「ココとココでターンをするの、そしてね※&#%■アーデモナイ&%$#!▽コーデモナイベラベラ・・・・・先生も言っていたでしょ!」

仙人 : 「あ〜お母さん、ワタシもたかがナンチャッテスキーヤーですけどね、それきっとまちがってますよ〜」

子供はすっかりお母さんの講釈に飽きて横を向いてストックで雪玉を突いて遊んでいると

ココでお母さんがキレタ!

あろうことかストックで女の子の背中をバシッ!!!

教育ママゴン : 「お母さんの言ってることちゃんと聞きなさい!」

そして再びバシッ!!!

仙人 : 「あっちゃ〜、
      
      お母さん、自分の子供の頃を思い出して・・・。楽しくなきゃ上達しないしょ。
      
      コレでスキー嫌いが一人増えちゃったよ」



最近良く見かける光景の様な気がします

大衆の前で子供を大声で怒鳴りつける、殴るなどの体罰を与える

こんな環境で育った子がこの母親であり、この子も又、この母親のようになるんだろうか・・・・・

この女の子が哀れでもあり、やり切れない気持ちにさせられた

上村愛子のような、高梨沙羅のような逸材かもしれない子供がまた一人、スキー嫌いになったとさ



「この女の子、バッジテストは合格したのかな〜?

合格していて欲しいな〜・・・」と、帰宅してからまで心配な仙人なのでした





一人でのスキーも飽き12時でスキーを脱いだ





お昼時だったので帰り道沿いにある入店したことのないラーメン店へ

札幌ラーメン 『 武蔵 』 藻岩別邸店 

musashi.jpg

なぜ別邸と言うのかは不明


注文したのは 『 塩 』

musasi-sio.jpg


味はくどさがない飽きの来ない味

個人的好みからすると麺が硬過ぎ、玉ネギのキャラが出すぎ、でしたが美味しい一杯でした

来店客も平均年齢が高め(keyもその一人)で、店の内装も含めて大人の味と言えるお店でした




我家の3歳児ちゃ太郎はツマの思う通りにはならず格闘中

kakutoh.jpg
posted by key (キィ) at 19:08| Comment(4) | TrackBack(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする