2011年03月28日

「神様のいたずらと缶コーヒー」

「神様のいたずらと缶コーヒー」    著:遠藤美也子さん

 驚くべき一日であった。昔の彼に偶然に出会ったのだ。何と20年も前につきあっていた彼に。40歳を過ぎた頃からもう私の人生にサプライズなんて起こらないだろうと思っていたのに。

 都内での用事を終えて、東京駅から電車に乗った。社内点検を終えたばかりの始発電車はどこも空いていた。4人掛けのシートに座り、ゆっくり本でも読もうと思っていた時だった。

 ふらりと電車に乗り込んできた彼。高い身長を少し屈めて電車に乗り込む姿は昔と同じだったけれど、スーツ姿なんて見たこともなかったのにすぐ彼だとわかった。気が付くと彼の座ったシートの横に立っていた私。何故そんな勇気が自分にあったのかもわからない。

 彼がふと顔を上げ、驚いた声で私の名前を呼び捨てにした時、一瞬だけ20代の自分に戻ったようだった。何からはなせばいいのかわからず、ふと彼が持っていた缶コーヒーを見て「そんなの飲むようになったんだ?」と言った私に「最初の一言がそれかよ?」と笑った彼。

 そう、だって20年も前から大のコーヒー好きだった彼は缶コーヒーは不味くて飲めないと言っていたのを思い出したから。「今は缶コーヒーも美味しくなったんだよ」。缶コーヒーをきっかけに私たちは別れてから20年を簡単に語り合った。とても簡単に。お互いの全てを知りたい訳でもないし、現在幸せに暮らしていることがわかれば充分だった。昔と変わらない笑顔なのに髪に白いものが混じり、眼鏡をかけている彼はなんだか不思議だった。到着までの30分はあっという間で、その間私たちの座った4人掛けシートには誰も座ってこなかった。

 連絡先を交換することもなく「じゃあ、元気で」と降りようとする私に「あ、これあげるよ」と彼は飲むタイミングを逸してしまった缶コーヒーを渡してくれた。誰にも言えないような、話してしまうのが少しもったいないような出来事だった。
 
その日、冷蔵庫に見慣れない缶コーヒーを見つけた娘が「めずらしい、飲んでいいの?」と聞いてきたので「それはお母さんのだから」と答えておいた。翌朝、めずらしく早起きした息子が、見るとあの缶コーヒーを飲んでいるではないか。一生大事に取って置くつもりなどなかったけれど、一瞬のことにあっけにとられて息子を見つめてしまった私に「あ、これ結構美味いよ。じゃあ、行ってきます」とコーヒーを手にしたまま玄関を出て行ってしまった息子。
「せめて缶だけでも置いていって・・・」と心の中で叫んではみたけれど。なぜか一粒だけ涙がこぼれた。

40代のセンチメンタルな思い出なんかこんな風に簡単に終わるのだ。
 
翌朝目が覚めると、息子からメールがきていた。「昨日はコーヒー飲んじゃってゴメン。あの後姉ちゃんからメールで『お母さん泣いてたよ』って聞いてビックリ!?これはオレからのプレゼントです。」見ると食卓の上には8本もの缶コーヒーがハート型に並べてあった。ああ、私はなんて幸せな母親なんだろう。当時の彼と同年代に成長した息子はいつの間にかこんな素敵な青年になっていたのだ。

ハート型を崩すように一本の缶コーヒーを取り上げてプルタブを勢いよくあける。彼のオススメのコーヒーはちょっとほろ苦く、少しだけ懐かしい味がした。








今月?のある日、ラジオから流れて北海道ではちょっとした反響を呼んだエッセイです。

最近、仕事で遠出をするkeyはラジオが友達です。釣りブログに女性なんてほとんど訪れることも無いでしょうけど感性が鈍いkeyでも感動したエッセイ。

まだ目にしたことがない方がいらっしゃればと思い記載いたしました。

落字には注意しましたが原文をそのまま読みたい方は→【コーヒーストーリー大賞 最優秀賞】

posted by key (キィ) at 20:59| Comment(8) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

育メン なう

東北関東大震災で被災された方々の悲しみ、ご苦労はいかばかりかとご察し申上げます。


国中が暗い雰囲気の日本。気分だけでも少し和む話題を・・・・・






『子育て』と申しましても、子孫繁栄能力も意欲もすっかり減少(って言うか消滅しちゃったんですけど)したkey家で妻が出産したわけではなくkeyの強力なお願いで20日から我家の家族になったのは↓この子。


tyataro-1.jpg

名前は『ちゃ太郎』 名前の通り男の子です。




これからは親ばかぶりをいかんなく発揮しブログにもちょくちょく登場するかもしれませんが宜しくお願いいたします。




我家に来たその日に環境の変化による精神的ダメージでお腹を壊し下痢ピーになり、砂を掛ける前に自分で踏んでしまいその足で家中を走り回り、おかげでkeyと妻はその始末に翻弄されるハプニングが。


tyataro-2.jpg



でもスコティッシュの性格なのか人見知りせずジャレ好きで少しヤンチャですがすぐに家族になりました。


tyataro-3.jpg

ただ朝4時頃にはウンチの始末で起こされ夜は寝てくれるまで人間の都合で親から引き離された仔が寂しくないようにとご機嫌を取り育メンをしています。



子育て経験のないkeyは「子育てって大変だぁ!」と今しみじみ感じています。



ただいま子育て奮闘中! (一日中傍にいる妻はもっと大変かもね)
posted by key (キィ) at 22:36| Comment(6) | TrackBack(0) | ちゃ太郎日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

時代錯誤か認知症?

どうでも良いことなんですが今日【日をまたいでしまいましたので正確には昨日】プロ野球セントラルリーグの開幕スケジュール決まったようですね




『プロ野球:「25日開幕」に意欲 渡辺恒雄会長
 財界人による巨人の応援団体「燦燦(さんさん)会」の激励会が16日、東京都内のホテルで開かれた。
 あいさつした巨人の渡辺恒雄球団会長(読売新聞グループ本社会長)は、「開幕を延期するとか、プロ野球をしばらくやめるとか俗説があったが、戦争に負けた後、3カ月で選手や監督から試合をやりたいという声があがって、プロ野球を始めた歴史がある」と過去の例を挙げ、予定通り25日に開幕することに強い意欲を示した。
 また、「明るい活力を大衆に示すことができるのはプロ野球選手。選手が命がけでいいプレーをすれば元気が出るし、生産性も上がる」と持論を展開した。』




ナベツネさん、早い内に一度診察を受けた方が宜しいんじゃないでしょうか?


巨人・大鵬・玉子焼きの時代は遠い昔、今は2011年ですよ


それとも認知症の症状でも出たのでしょうか?


また野球ファンを逃がしてしまいましたね。。。
posted by key (キィ) at 00:41| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

東北地方太平洋沖地震に思ふ

震災が発生した11日午後は帯広へ仕事に向かうべく準備中で会社にいた。

午後3時チョット前(正確には14時46分頃だそうだ)、地震に気づくが揺れがなかなか終わることなく次第に大きくなり30秒後くらいには大きく揺れだす。

長い揺れが治まりインターネットを見ると地震の即報が。

まもなく帯広へ向かわなければならないので車で道央高速道から道東高速道へ。地震直後で速度制限はあったが通行止めではなかった。

ラジオでは地震の凄まじさが刻々と伝えられ午後5時過ぎ用事で会社に携帯電話で電話すると不通となっていることを知った。

(会社名などは文面で誰もがわかるので実名で表そうと思う)



つづく
posted by key (キィ) at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

心よりお見舞い申し上げます

この度の

『東北地方太平洋沖地震』で

被災された皆様に心中より

お見舞い申し上げます

posted by key (キィ) at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

十勝のスィート

先の週末は日本海へ出撃の為、他人様に餌の仕込をお願いまでし準備を進めておりましたが土曜の夜になって改めて天気予報を確認すると明け方より強風とみぞれ交じりの予報に変わっており心がすっかり折れ今年最初のカレイ釣りはあっけなく中止となりました。



今週こそと意気込んではいますがコロコロ変わる天気予報も今日のところは週末は気温も上昇し按配も良さそうですが空の心はいつ変わるのか





そして今週は月曜より十勝方面に出張、昨日戻って再び明日の夕方帯広入りし土曜に仕事を済ませて戻るつもりとちょっとハードで果たして週末まで体力が温存出来るかが問題です





仕事先はこんな特産品もある農業の村

sarabetu.poteto.jpg



つづく
posted by key (キィ) at 22:21| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

ゴンベルツ曲線について語る (笑


ohinasama.jpg



<情熱大陸・窪田等さんのナレーション風に>

「今日3月3日は日本古来からの国民的行事『ひな祭り』である。

しかし人知れずひっそりと40wのはだか電球の下でわずかばかりの貯蓄で買った回転寿司のにぎりを食べ緑茶をすすり記念行事を行う家庭もある。

春もまだ遠い北海道、道都札幌の山麓でひっそり暮らすkey家である。

今日は3月3日が結婚記念日であるkey家にゴンベルツ曲線について語ってもらった。」           (/_<) ナケルネェ〜 (Kッチさん風に)




ナレーションはここまで

少しはホロッとしてくれました?(笑



つづく
posted by key (キィ) at 22:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする