2020年01月01日

新春 2020年

takoage.JPG

2020年も、よろしくお願いいたします。




gingoo 1.jpg

新年午前七時には北海道神宮鳥居で一礼

境内には既に多くの参拝客が押し寄せています。

jingoo 2.jpg

偶像崇拝は私の本位とする処ではありません。

さりとて、実像崇拝者でもありません。

困った時の神頼みだけの自己中は今年も健在です。

気持ちばかりのお賽銭を捧げ

「平凡で健康な毎日を見守りください」

と、両手を合わせて参りました。



gingoo jutai.jpg

七時半現在で参拝者の車列は北一条〜環状通り西27丁目円山墓地まで達しておりました。



chataro CatTower .jpg

この3日で満9歳になる ちゃ太郎です。

昨年は関節の軟骨が出る病が出ましたが、その後サプリで何とか病状を抑えています。

寒くなった最近は父ちゃん手製のキャットタワーの上がお気にいりです。



hohekyo Front.jpg

息子の役目を一昨年に終えたワタクシ、今年は田舎に帰省する役目もなく

大晦日には「豊平峡温泉」で一年の垢を落としてきました。

oke SOBA.jpg

その豊平峡温泉で年越しそば

SOBAzoom.jpg

ここへ来たら蕎麦にしようかカレーにしようか大変迷うところですが

大晦日ですから蕎麦を選択しました。

蕎麦は時節柄、新蕎麦でしたが甘みがあり十割そばなのに

あのボソボソ感が無く久々に「美味しい蕎麦」と言える蕎麦をいただきました。


Nan.jpg

「これはナンだ・・・?」

はい、ここの温泉では本場インド人によるカレーが評判でライスではなくナンが定番です。

ナンってこんなに美味しい物なのだと、すっかりファンになりました。

まだ、訪れたことのない方は是非、温泉も蕎麦もカレーもお奨めです。

ただし、最近は国のインバウンド政策で、この場所も例外に漏れることなく

ジャパニーズ以外の言語が飛び交っておりました。



食べてばかりの年末年始、すでに体重は1.5kg追加されました。

このままでは服用薬が増えそうです。

年末は最悪だったニシン釣り、網が入る前にもう一度チャレンジです。 
posted by key (キィ) at 17:20| Comment(6) | 食いしん坊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

「らーめん竹馬」と「手打ちそば さくら」

前回更新したのいつだった?と、言うくらい最近は無精になっている

Windows7だったMyPCも、まもなくサポートが終了するというのでハードだけWin10にバージョンアップした。

会社のPCはすでに10だったので特に違和感もなく使っているが、実はリユース品でSSDを組込んだものを3万円程度で見付けたので飛びついた(妻が)。

なのでOfficeは時代遅れバージョンである。まぁ、使い勝手はたいして悪くないので気にもならない。

ブログも新機種になってから初めての更新である。



釣りにも行っていないので、ここ一ヶ月で新規入店したお店を取り上げる。

日曜の昼、ラーメンに行くことになり自分より保守派の妻を説き伏せ新規開拓することにした。

ラーメン竹馬.jpg

西区にある「らーめん竹馬」

入店すると目の前に券売機があって食券を買い求めるシステムである。

はっきり言って、この接客を省略化しているとしか思えないシステムが私は嫌いだ。

とは言え、ここで帰る訳にもいかず妻は塩ラーメン、自分は味噌ラーメンを注文した(もとい、「の券を買った」が正しい表現でした)

塩ラーメン(竹馬).jpg

妻の塩ラーメン

スープはシンプルで美味しい。

味噌ラーメン(竹馬).jpg

私の味噌ラーメン

季節の変わり目で久々に味噌が食べたくなった。

味噌もあっさり系で実に美味しい。

しかし、自分はちじれ麺の方が好きで、九州によくあるストレート麺は小麦粉の匂いと麺の生臭さが食感と香りに付き、あまり好みではない。

案の定、麺に腰がなく、小麦粉の生臭さがある。

そして何よりチャーシューがいただけなかった。

はっきり言うと、スーパーから買ってきたの?と聞きたいくらい独自性に欠けていた。

自分にはスープは美味しいのに、満足度がいまいちな一杯でした。



この週末、義母の見舞いもあって札幌市の東はずれまで行ってきた。

見舞いの前に以前から一度入店してみたいそば店があったので昼食を先に摂ることにした。

sakuraan.jpg

新聞に記載されたことのある平岡にある「手打ちそば さくら庵 本店」

sansaisoba.jpg

初入店の店では「もり」しか注文しない自分だが、なぜか「山菜そば」を注文してしまった。

siba.jpg

麺を見やすくして撮ってみました。(色づいて見える麺は照明の関係です)

そばつゆは薄味でちょっと物足りなさを感じた。

蕎麦はきしめんの様に平打ちで、よく落語に出てくるような喉越しの良い蕎麦ではなく、腰が強く、しっかり噛まなければ喉を通らない蕎麦である。

しかし、喉を通る前にしっかりとした蕎麦の味がし、実に甘みのある麺に仕上がっている。これほど甘みを感じる蕎麦には初めて出会いました

失敗したのは、やはり「もりそば」をいただくべきだったこと。

更科そばが好みの妻には、きっと満足度の足りない昼食だったに違いない。

次、行く機会があったなら一人で盛りそばを注文して、ゆっくりと味わってみたい、そんな一店でした。


posted by key (キィ) at 18:58| Comment(5) | 食いしん坊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

カレーと湯を求めてニセコへ

先週末にインフルエンザ予防接種を受けて来たkeyです。

鮭シーズンも遅場以外はピークを過ぎ、私の鮭釣行は10月で終漁しました。

来週からはカジカとマツカワを求めて太平洋に出没しようかと準備中です。


多くのサラリーマンは三連休の11月第一週末ですが、私の会社は行事により土曜は出勤でした。

目覚めたら空は快晴、しかし昨日夜は打上げもあり釣り準備は出来ません、

なので、今日は温泉と美味を求めて国道230号を南に向けて走りました。

目的地の第一はここ

191103 St.Nupuri.jpg

10数年後の新幹線開業でも停車駅「新ニセコ駅」は計画に無いそうです。

在来線がどうなるのか分かりませんが、現在のニセコ駅舎の中に「ヌプリ」と言うカレー屋さんが有ります。

このBlogにお越しの皆さんにも、この店を訪れた方は多いと思います。

Curry Nupuri.jpg

柱時計に

Curry Nupuri2.jpg

ランプ

ここのカレーを食べるためにニセコまで出かけてきました。

Curry.jpg

ヌプリ特性カレー

札幌にも人気のカレー店が有りますが、その一つ「K」のカレーより、ヌプリのカレーが私の舌とは相性が合います。

191103 Udon.jpg

妻がお気に入りのうどん。倶知安名物、豪雪うどんより

あっさりとしていて美味しいと言います。


10年以上訪れていない比羅夫のスキー場周辺も大きく変わったと言うので訪れてみました。

191103 Hirafu.jpg

ニセコアルペンホテル前より羊蹄山を望む(山頂は冠雪)

191103 Ski Slope Hirafu.jpg

ヒラフスキー場ゲレンデの姿です。

この一帯、まったく様変わりしておりました。

木造のペンションの殆どは姿を消し、鉄筋コンクリート造の4・5階建ての都会的な箱物ばかりです。

「セイコーマート」と「ふじ鮨」の看板だけが北海道の地であることを証明していました。

アジアのサンモリッツ。。。20年後に廃墟だけが遺産として残らなければ ・ ・ ・ と、願うばかりです。


そして、この日第二の目的地

191103 Yukititibu.jpg

久々に訪れた雪秩父もまた、建替えられ姿を変えておりました。

191103 Yumoto.jpg

いつ来てもここの泉質は私のお気に入りの一つ、雪秩父の源泉です。

この日、ニセコ界隈での車外における最高気温は10度でした。

帰り道の稲穂峠頂点ではカーナビに「凍結注意」のサインが表示されました。

今週末前にはタイヤ交換が必要になりそうな天気予報でした。

やれやれ、温泉と鍋が恋しい季節がやってきます。
posted by key (キィ) at 23:08| Comment(6) | 食いしん坊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

釣りにならない三連休

先の台風19号で命を落とされた方が35名、行方不明者が18名にもなるとニュースで聞いて、車の運転が完全自動化になるほど科学技術がどれだけ進歩しても自然の驚異の前では人間は無力だと改めて知らされたのだと思えてなりません。

物理学博士のスティーブン・ホーキング氏は「完全なAIの登場は人類の終焉につながる」と人々に警鐘を残されました。

最先端技術を追い求め富を夢見る人々は今一度立止り、便利で贅沢で汗しない生活を考え直す時なのだと自然からのレッドカードなのかもしれません。



話しは変わって釣りで親交があり、Blogerでもあるやみいさんより「ブドウ収穫の季節」を知らされ、やみい菜園にぶどう狩りに行ってきました。

菜園家やみいさんは「風邪気味で体調不良なので勝手に収穫して行ってください」と連絡をいただき、遠慮なく10.8kgもいただいて来ました。

やみいさん体調はいかがでしょう?いつもながら美味しい葡萄でございました。


2019th.yammy garden.jpg

この葡萄、毎年心待ちにしているのはワタクシではなく連れなのです。

やみいさんの葡萄はいつも甘くて美味しいし、無農薬と聞いて安心していただけると毎年そのほとんどは妻の胃袋の中です。


そのやみい菜園に行く途中、小樽でラーメンをいただきました。

あっという間に品切れになると言われる「らーめん渡海家」に初入店する予定でしたが午後1時半に到着した時には、すでに品切れで閉店の札が掛っており、その近くで比較的我々の好みに合いそうな店に立寄りました。

ramen.kyoya.jpg

ramen.kyoya2.jpg

注文したのは鶏塩のこってり系とあっさり系でしたが、スマホで撮った写真が保存されていませんでした。

文字だけの報告ですが、麺はちぢれの太めスープはこってりが鶏ガラ白濁、あっさりが鶏の透明なスープで、食べ終わっても味くどさが残らない、小樽のラーメンで初めて美味しいと言える一杯でした。

ただ一つ残念なのは、チャーシューが赤肉ばかりでとろ味がなく、いつまでも噛んでいなければ喉を通らないと言うところ。

やはりチャーシューは脂身も適度にあり、ゆっくり白湯で煮てから味付けをするくらいな方がトロッとして美味しいです。



携帯電話がサラリーマンに1台が一般的になってから時計をしない私が先週末より時計をしています。

c_P1050020.jpg

実はこれ、スマートウォッチです。

流行物を欲しがる「いいふりこき」ではありません。

以前より会社から社員の業務管理の為にスマートフォンを支給すると通達があり、先週全社員に格安のiPhone7が渡されました。

c_P1050021.jpg

あくまでも業務用であり私用は禁止だとのお触れまで来ました。

じゃぁ、今までのスマホはどうすればいいの?となり、二枚持ちとなりましたがポッケに二枚は重すぎる!(怒り

なのでカバンに入れて持ち運ぶことにしたら、「それじゃ連絡したい時に取れないじゃない!」と言われスマホと連携できるスマートウオッチを持つことになったという、自己負担だけが大きくなった訳の分からない会社に転職してしまった、と言うお話し。

おまけに会社の携帯は社内の総務が管理権を持っており社員が勝手に設定変更したり、アプリを入れたりは出来ず、さらに!google地図と連携させると社員の行動がリアルタイムで把握できるという、鈴を付けた猫状態。

おちおち息抜きも出来なくなりました。



お前はいいよね〜。食べる、寝る、しゃべるがお仕事で。

cha.jpg

8月に骨軟骨異形成症と診断され痛みで歩行に不自由さが出ていたちゃ太郎ですが最近はサプリのおかげでキャットタワーにも昇るようになりました。


さて、今度の週末はなにを狙おうかな。


posted by key (キィ) at 15:37| Comment(6) | オヤジのたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

週末がダメなら振替休日

美味さが格別な自前のイクラ丼

ikuradon.jpg

成人病真っ只中で思い切りとはいかない高カロリーのイクラ

こんな美味しい物を心行くまで食べたいが毎月高額医療費を費やしているので控えめに載せました。

240gのご飯に70gのイクラ、やはり自作は尚に旨い!



好調なうちにと思うが、先週も今週も週末になると低気圧がきて海が荒れる

ならば、平日に振替休日を出すしかないよね

一昨日、その振休を取って禁断の平日釣行を敢行した。

いつもこのポイントに行くと右に立つか、左に立つか悩むが先週の余波を信じ左に立った。

ところが、時合いになると右ではバンバン上がるが左はさっぱり釣れない。

それから1時間半もして、ついに左側に時合いが来た

1時間ほどで3本

191010 choka.jpg

♂1本、♀2本  色もほとんど入らず綺麗な魚体である。

満足度100%で竿をたたんだ。

帰宅後、キッチンに並べてもう一枚

191010 kitchin.jpg

実は腹を開けるまで♂1本、♀2本だと思い込んでいた。

真ん中だけがオスだ思っていたのだ。が、下1本だけがメスだったのだ。

なので、釣果は♂2本♀1本

最近は男女がなかなか見分けられない世界は人間界だけではない、鮭界にも余波が広がっている。


ところで近年の釣りブームで釣具も多数の製作者が現れて、ポテンシャルもスペックも多種多様で選ぶ側にしてみたら選択肢が広がって嬉しい事ではある。

メーカーや製作者の販売策略もあり、鮭の浮きルアー仕様のスプーンも形状やカラーリングが多種あり、その戦略についつい乗ってしまい毎年1枚は増え、タックルボックスの中には一度しか、または一度も使用したことの無いスプーンが沢山ある

今年も2枚ほど購入したが未だに未使用である。

ここ三年ほどの傾向を見ていると鮭の世界にハヤリと言う感性は無い様だ。

昨年も今年も、自分が釣果をあげた鮭スプーンは昔ながらの .maru のみである。

.maru.jpg

しかも、今年は♂3、♀3とどちらでも釣れる。

もっとも、今年は古くなったスプーンをリメイクしたのは昔ながらのカラーリングばかりであり、これ以外は装着していない。

まぁ、これは自分勝手な見解であるが

鮭浮きルアータックルは

@ 柔らかい11f〜12fのロッド
A 4000#〜5000#の8千円以上のリール
B PEラインなら1.5〜2号のライン
C フロートとスプーン仕掛けラインは6〜8号の柔らかいナイロンライン
D スプーンとタコベーは古くからある基本パターン
後はその場のタナをいかに早く押えるか。

やっとここに行き着いた。

勿論、こうではないスペックで釣果を上げている強者は沢山いる。

そろそろカジカも始まるし、ヒラメのシーズンも来ている。

「二兎追うものは三兎を獲る」 これがkeyの格言である。

posted by key (キィ) at 09:05| Comment(2) | サケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする