2019年11月03日

カレーと湯を求めてニセコへ

先週末にインフルエンザ予防接種を受けて来たkeyです。

鮭シーズンも遅場以外はピークを過ぎ、私の鮭釣行は10月で終漁しました。

来週からはカジカとマツカワを求めて太平洋に出没しようかと準備中です。


多くのサラリーマンは三連休の11月第一週末ですが、私の会社は行事により土曜は出勤でした。

目覚めたら空は快晴、しかし昨日夜は打上げもあり釣り準備は出来ません、

なので、今日は温泉と美味を求めて国道230号を南に向けて走りました。

目的地の第一はここ

191103 St.Nupuri.jpg

10数年後の新幹線開業でも停車駅「新ニセコ駅」は計画に無いそうです。

在来線がどうなるのか分かりませんが、現在のニセコ駅舎の中に「ヌプリ」と言うカレー屋さんが有ります。

このBlogにお越しの皆さんにも、この店を訪れた方は多いと思います。

Curry Nupuri.jpg

柱時計に

Curry Nupuri2.jpg

ランプ

ここのカレーを食べるためにニセコまで出かけてきました。

Curry.jpg

ヌプリ特性カレー

札幌にも人気のカレー店が有りますが、その一つ「K」のカレーより、ヌプリのカレーが私の舌とは相性が合います。

191103 Udon.jpg

妻がお気に入りのうどん。倶知安名物、豪雪うどんより

あっさりとしていて美味しいと言います。


10年以上訪れていない比羅夫のスキー場周辺も大きく変わったと言うので訪れてみました。

191103 Hirafu.jpg

ニセコアルペンホテル前より羊蹄山を望む(山頂は冠雪)

191103 Ski Slope Hirafu.jpg

ヒラフスキー場ゲレンデの姿です。

この一帯、まったく様変わりしておりました。

木造のペンションの殆どは姿を消し、鉄筋コンクリート造の4・5階建ての都会的な箱物ばかりです。

「セイコーマート」と「ふじ鮨」の看板だけが北海道の地であることを証明していました。

アジアのサンモリッツ。。。20年後に廃墟だけが遺産として残らなければ ・ ・ ・ と、願うばかりです。


そして、この日第二の目的地

191103 Yukititibu.jpg

久々に訪れた雪秩父もまた、建替えられ姿を変えておりました。

191103 Yumoto.jpg

いつ来てもここの泉質は私のお気に入りの一つ、雪秩父の源泉です。

この日、ニセコ界隈での車外における最高気温は10度でした。

帰り道の稲穂峠頂点ではカーナビに「凍結注意」のサインが表示されました。

今週末前にはタイヤ交換が必要になりそうな天気予報でした。

やれやれ、温泉と鍋が恋しい季節がやってきます。
posted by key (キィ) at 23:08| Comment(4) | 食いしん坊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

釣りにならない三連休

先の台風19号で命を落とされた方が35名、行方不明者が18名にもなるとニュースで聞いて、車の運転が完全自動化になるほど科学技術がどれだけ進歩しても自然の驚異の前では人間は無力だと改めて知らされたのだと思えてなりません。

物理学博士のスティーブン・ホーキング氏は「完全なAIの登場は人類の終焉につながる」と人々に警鐘を残されました。

最先端技術を追い求め富を夢見る人々は今一度立止り、便利で贅沢で汗しない生活を考え直す時なのだと自然からのレッドカードなのかもしれません。



話しは変わって釣りで親交があり、Blogerでもあるやみいさんより「ブドウ収穫の季節」を知らされ、やみい菜園にぶどう狩りに行ってきました。

菜園家やみいさんは「風邪気味で体調不良なので勝手に収穫して行ってください」と連絡をいただき、遠慮なく10.8kgもいただいて来ました。

やみいさん体調はいかがでしょう?いつもながら美味しい葡萄でございました。


2019th.yammy garden.jpg

この葡萄、毎年心待ちにしているのはワタクシではなく連れなのです。

やみいさんの葡萄はいつも甘くて美味しいし、無農薬と聞いて安心していただけると毎年そのほとんどは妻の胃袋の中です。


そのやみい菜園に行く途中、小樽でラーメンをいただきました。

あっという間に品切れになると言われる「らーめん渡海家」に初入店する予定でしたが午後1時半に到着した時には、すでに品切れで閉店の札が掛っており、その近くで比較的我々の好みに合いそうな店に立寄りました。

ramen.kyoya.jpg

ramen.kyoya2.jpg

注文したのは鶏塩のこってり系とあっさり系でしたが、スマホで撮った写真が保存されていませんでした。

文字だけの報告ですが、麺はちぢれの太めスープはこってりが鶏ガラ白濁、あっさりが鶏の透明なスープで、食べ終わっても味くどさが残らない、小樽のラーメンで初めて美味しいと言える一杯でした。

ただ一つ残念なのは、チャーシューが赤肉ばかりでとろ味がなく、いつまでも噛んでいなければ喉を通らないと言うところ。

やはりチャーシューは脂身も適度にあり、ゆっくり白湯で煮てから味付けをするくらいな方がトロッとして美味しいです。



携帯電話がサラリーマンに1台が一般的になってから時計をしない私が先週末より時計をしています。

c_P1050020.jpg

実はこれ、スマートウォッチです。

流行物を欲しがる「いいふりこき」ではありません。

以前より会社から社員の業務管理の為にスマートフォンを支給すると通達があり、先週全社員に格安のiPhone7が渡されました。

c_P1050021.jpg

あくまでも業務用であり私用は禁止だとのお触れまで来ました。

じゃぁ、今までのスマホはどうすればいいの?となり、二枚持ちとなりましたがポッケに二枚は重すぎる!(怒り

なのでカバンに入れて持ち運ぶことにしたら、「それじゃ連絡したい時に取れないじゃない!」と言われスマホと連携できるスマートウオッチを持つことになったという、自己負担だけが大きくなった訳の分からない会社に転職してしまった、と言うお話し。

おまけに会社の携帯は社内の総務が管理権を持っており社員が勝手に設定変更したり、アプリを入れたりは出来ず、さらに!google地図と連携させると社員の行動がリアルタイムで把握できるという、鈴を付けた猫状態。

おちおち息抜きも出来なくなりました。



お前はいいよね〜。食べる、寝る、しゃべるがお仕事で。

cha.jpg

8月に骨軟骨異形成症と診断され痛みで歩行に不自由さが出ていたちゃ太郎ですが最近はサプリのおかげでキャットタワーにも昇るようになりました。


さて、今度の週末はなにを狙おうかな。


posted by key (キィ) at 15:37| Comment(6) | オヤジのたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

週末がダメなら振替休日

美味さが格別な自前のイクラ丼

ikuradon.jpg

成人病真っ只中で思い切りとはいかない高カロリーのイクラ

こんな美味しい物を心行くまで食べたいが毎月高額医療費を費やしているので控えめに載せました。

240gのご飯に70gのイクラ、やはり自作は尚に旨い!



好調なうちにと思うが、先週も今週も週末になると低気圧がきて海が荒れる

ならば、平日に振替休日を出すしかないよね

一昨日、その振休を取って禁断の平日釣行を敢行した。

いつもこのポイントに行くと右に立つか、左に立つか悩むが先週の余波を信じ左に立った。

ところが、時合いになると右ではバンバン上がるが左はさっぱり釣れない。

それから1時間半もして、ついに左側に時合いが来た

1時間ほどで3本

191010 choka.jpg

♂1本、♀2本  色もほとんど入らず綺麗な魚体である。

満足度100%で竿をたたんだ。

帰宅後、キッチンに並べてもう一枚

191010 kitchin.jpg

実は腹を開けるまで♂1本、♀2本だと思い込んでいた。

真ん中だけがオスだ思っていたのだ。が、下1本だけがメスだったのだ。

なので、釣果は♂2本♀1本

最近は男女がなかなか見分けられない世界は人間界だけではない、鮭界にも余波が広がっている。


ところで近年の釣りブームで釣具も多数の製作者が現れて、ポテンシャルもスペックも多種多様で選ぶ側にしてみたら選択肢が広がって嬉しい事ではある。

メーカーや製作者の販売策略もあり、鮭の浮きルアー仕様のスプーンも形状やカラーリングが多種あり、その戦略についつい乗ってしまい毎年1枚は増え、タックルボックスの中には一度しか、または一度も使用したことの無いスプーンが沢山ある

今年も2枚ほど購入したが未だに未使用である。

ここ三年ほどの傾向を見ていると鮭の世界にハヤリと言う感性は無い様だ。

昨年も今年も、自分が釣果をあげた鮭スプーンは昔ながらの .maru のみである。

.maru.jpg

しかも、今年は♂3、♀3とどちらでも釣れる。

もっとも、今年は古くなったスプーンをリメイクしたのは昔ながらのカラーリングばかりであり、これ以外は装着していない。

まぁ、これは自分勝手な見解であるが

鮭浮きルアータックルは

@ 柔らかい11f〜12fのロッド
A 4000#〜5000#の8千円以上のリール
B PEラインなら1.5〜2号のライン
C フロートとスプーン仕掛けラインは6〜8号の柔らかいナイロンライン
D スプーンとタコベーは古くからある基本パターン
後はその場のタナをいかに早く押えるか。

やっとここに行き着いた。

勿論、こうではないスペックで釣果を上げている強者は沢山いる。

そろそろカジカも始まるし、ヒラメのシーズンも来ている。

「二兎追うものは三兎を獲る」 これがkeyの格言である。

posted by key (キィ) at 09:05| Comment(2) | サケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

自分にも来た。鮭シーズン

二ヶ月振りの更新

最近、ブログを開ける事さえなく、当然更新する気にもなれず、放置状態のブログである。

釣りに行っていなかった訳でもなく、ネタが無い訳でもなかったが、ただ単に年々生臭くなって来ただけである。

なぜか今日は5時に目覚め、コーヒーをのみ、PCをONにしたら更新する気になった。



昨日、太平洋に浮きルアー用具をかついで出掛けて来た。

潮は大潮、波はほぼベタ、今シーズンの中で一番の好条件、「行かない選択肢はないやろ」であった。

190928 sake.JPG

午前5時半に1本目 銀ピカの♀がきた。

それから1時間後、ビーチで焼いて来たのか、コンガリ色付いた♂が来た。

本当は食べておいしい♂は銀ピカが欲しかったのだが、贅沢を言っちゃいけないと思いキープした。(この時点では)

ここで満足度200%に達していた。

190922 sake.jpg

実は先週も1本キープしていた。

10月の連休もあることだし、乾物屋でもないので、旬に食べるだけあれば十分満足なのである。


2週つづけて天気も良く西の太平洋方面は「今でしょ」の真っ盛りらしい。

190928 umi.JPG

少し早目に上がって今日の内に捌かなければと思い7時過ぎには帰路に就いた。

はじめに♀を捌き、2本目の腹を開けたところ、日焼けしリリースまで頭をよぎったオス鮭は、なんとメスだった。

190928mesu.JPG

ビックリ! クチばしを見てオスだと思い込んでいた。

釣り場で目の前に来た時、すっかりオスだと思い、色づいていたのでリリースしようかと一瞬迷ったがキープしておいて良かったとホッとした。

190928 hurf.JPG

「ん〜〜〜っ。最近は鮭界の女性も男型化し始めているんだ〜」とつくづく思った。


先週の鮭は石狩鍋仕立てでいただいた。

190922.jpg

今回はチャンチャン焼きにしてみた。

190928.JPG

これで、10月の連休は銀ピカのオスをあげて、新鮮な刺身がいただければ満足度300%である。

さて、それまでにもう少しフック作りにでも勤しみますか。

hook.JPG

今年は飾りを付けないシンプルフックにしてみました。

posted by key (キィ) at 07:57| Comment(8) | サケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

もう直ぐあのシーズン

気が付いてみれば三週間もブログ放置、7月もまもなく終わり。

お盆が来て、夏の暑さも恋しくなり始めたら北海道はまもなく初氷が張り、冬が来て年末を向える。

最近、夏から大晦日がもの凄く短く感じるのは、やはり加齢?

でも、その前に北海道では一大イベントが始まる。

釣りを始めた頃は「絶対に足を踏み入れまい」と思っていたのだが、一度踏み入れたら麻薬のように抜け出すことが出来なくなった。

そろそろ「季節だな」と、二週間ほど前から傷んだルアーのリメイクを始めた。

19sakelure.jpg

ルアーカラーリングのセオリーを破ってみた。

どうせ他と同じなら隣に先を越されるだろうと思うから。

シールを貼ったり、塗装を施したり、実はこの時の方が釣りより楽しい時がある。


しかし、今年はその前に親父の初盆でオホーツクの田舎に里帰しなければならない。

なので、こんな物もウレタンコーティングして準備をした。

19karafutolure.jpg

人は出逢った時から別れのカウントダウンが始まると言う。

まぁ、「残りの人生を楽しんでいる」と墓前に報告でもすれば、墓掃除そっちのけで釣りに狂っていても許してくれるだろう。


そう言えば3連休にこんなルアーを忍ばせて釣りをしてきた。

19.07.13 hiramelure.jpg

道はそんなに甘くなくアタリさえ無かった。

19.07.13 hirame.jpg

写真より海は底荒れと波が荒かった。

19..07.13hiramehunter.jpg

同行した二人もお疲れ気味。


盆前にもう一度挑戦したいヒラメ狙い。でも、今週末にはもう八月、カラフト鱒、鮭釣りが目の前である。


【ペットは家族と言う方に】

この週末、チエーン展開しているペットショップのリニューアルオープンチラシが入って来た。

我家のちゃ太郎に妹でも探してみようかと妻と二人出向いてみた。

店には犬、猫がケージに入れられ来客も駐車場が満車になるほど多かった。

生後11ヶ月を過ぎた猫が30,000円の札が付けられ寝入っていた。

気になってその猫を手に見せて欲しいと願い出たところ、

ネコは、とてもまもなく1歳になるとは思えないほど、やせ細り、ストレスであろう抜け毛が激しかった。

店の方に聞くと「他店で兄弟と暮らしていた仔が一匹で移動して来たので、ストレスで痩せ、抜け毛が激しい」と言うのだ。

でも、お店ではストレス状態のペットを店頭に並べ、客が見せて欲しいと言ったらストレスも考えず手渡してくれ、「とっても性格の良い仔ですよ」と商売に余念がない。

余りに残酷な店の方針に「この店ではやめよう」と、1歳まで売れ残って、おまけに痩せ細り、禿るほど抜け毛が凄い子猫が心残りではあったが店を出た。

このブログにお越しの方で、ペットをと考えている方がおいででしたら店名は伏せますがこのチエーン店ではペットを商売道具にしか考えていません。

少なくても私には愛情ある飼育をしている様には思えませんでした。

可愛い家族の一員になる仔が遺伝性の病気も構いなく繁殖した仔だったら悲しい結果の可能性が大きくなります。

せめて愛情あるブリーダーか、販売者か、難しい事ですが見極めましょう。

posted by key (キィ) at 22:08| Comment(9) | ルアー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする