2017年09月11日

活字に踊らされて古平へ

木曜日の夕刊に釣り情報があり、太平洋は至る所で釣果がパッとしていない中、そこそこの釣果が出ているらしい記事があった。

newspaper.JPG

釣り専門紙の情報は一字一句違わぬ同じ記事が次の年も載っていたのを見付けてからここ数年自分で購入したことは無い。

おまけに一週前の情報だから当てにしてならないのは分かっているが今年の太平洋は昨年よりも釣果が落ちている様なので、鮭釣りで行く事のない積丹方面に初めて行って見る事にした。

この場所、サクラシーズンには年一度は必ず訪れるので河口の状況は見当が付いていた。

現地に着いて仲間入り。

一時間ロッドを振るが自分ばかりか周りにも釣果は見られない。

諦めて磯上がりする人が増えて河口近くの場所が空いたのでそこに場所移動。

しかし、釣果が見られない。

7時過ぎテンション0%になって車に戻り休憩。

Riv.furubira.jpg

(明るくなってからの河口の様子)

鮭で日本海は数年前に増毛に行ったきり来た事がなかったが太平洋道央圏と違い

日本海のサケ釣りはアングラーが多いのに殺伐としていないし、何より駐車場、釣り場が綺麗なのにおどろいた。

いつも行く釣り場は駐車場に仕掛けや間食物の袋などゴミが散乱、釣り場にも多くのゴミが持ち帰られずに放置のままである。

この日、偶然隣にいた二人組の方は誰かが自分の車の前に放置して行ったゴミを分別して袋に入れ自分の車に積んでいた。

そして、ここでも勿論、河口規制があり標柱が立っているのだが、見ていた限り規制内に入って釣りをしている人を見掛けなかった。

磯に並んでいても隙間があれば割込んで来るようなアングラーはいないし、人の後ろからロッドを振るような気のふれたアングラーも居なさそうである。全体的にマナーの良さを感じた。

kinshi.jpg

この後、鮭の釣果を見ることはなく、ロッドをたたみ帰路に就いたが、日本海でのサケ釣りが好きになりそうである。

posted by key (キィ) at 06:40| Comment(6) | サケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

今年もサケは良くないらしい

9月最初の日曜、札幌は秋の気配が漂い、天気は良いが外は寒さを感じるくらい

土曜の天気予報によると台風15号の影響で太平洋、オホーツクの海は波浪注意報・警報が出ており、日本海は時期が早いと読み、早々とサケ狙いは止めた。

今朝の道新にはこんな記事も出ていた。

dosin.jpg

昨年も24年ぶりの不良だったそうだが今年も豊漁は見込めないらしい。

どうりで、8月に3回も規制前のメッカに出向いたのにすべてボの字に終わったのは腕ではなかったのだ (- -;)

そんな訳で今日は久々に美味しい塩ラーメンで昼食をとることとなった。

kitirin.jpg

手稲区星置にある「らーめんきちりん」

琴似駅そばにあったお気に入りのラーメン店が閉店してから塩ラーメンと言えばここにしか行かなくなったのだが、札幌・石狩に3店ある「きちりん」の中でも本店が私の一番のお気に入り。

12時過ぎに着いたらポケベルが渡されて順番待ち。

15分ほど待って入店

sio reren.jpg

当然、塩ラーメン

最近、自身でも「これが年をとったと言うことだろうか」と思わせるのがラーメン店に入ってラーメンしか注文しなくなったこと。

10年ほど前ならラーメンにチャーハンかカレーライスがセットで付いていた。

あっさりしているのにしっかり出汁が取れている。手を掛けたことが私にでも分かる、そんな塩ラーメンでした。


帰りに新琴似にある釣具店「天狗屋」に寄ってきた。

平均して他店より低料金設定の値札。

最近釣具用品の価格が上り、かつ目くらましの消費税外税の店が多く、しっかり計算しながらレジを通過しないと予想外に出費して月末前の財布がひっ迫することがよくある。

好きな釣りをするにも工夫無では遊べない時代になってきた。

と言う、空も海も財布も寒く、ラーメンだけが美味しかったって話し。
posted by key (キィ) at 23:34| Comment(8) | 食いしん坊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

今年の鮭は昨年以上に不漁なのか

今週も先週と同じ場所に行ってきました。

釣り場の様子は先週と変わらず、特に釣果が上り始めた様子もありません。

導流堤間の河口で数本の成果はあったようです。

なので状況写真も止めました。

こちらゴンベイが近づいて来たので写真を撮ろうとしたら命も吸い撮られるとでも思ったのか逃げ腰です。

gon.jpg

若干先週と景色が違う様に見えるのは

misoji lady.jpg

この釣り人、頭と腰の回りにモザイク掛けましたが女性です。

ladys.jpg

アップするとこんな感じ。

近頃、サクラマスやヒラメ釣りでは女性のアングラーを良く見掛けるようになりましたが、ほとんどは男性やグループが一緒で単独女性アングラーを釣り場で見る事はありませんでした。

今日、河口に現れたオリンピック、ワールドカップの女子レスリングで敵無しだったALSOCの伊調 馨に似たこの女性、鮭の釣り場に単独で来たようです。

一瞬、目が合ったのですが大きめの顔で眼光鋭く睨まれたので、顔とあれが小さい私はおずおずとその場から退散してきました。

でも、ある意味良い時代ですね。

男の趣味だと思われていた釣りに女性が単独で参加できるようになり、磯で肩を並べてキャスティング出来る時代になったのです。

しかし、鮭はkeyの様なスケベ心はありませんで、たとえ磯に女性が居ようとも大勢して岸寄りするようなことはありませんでした。
posted by key (キィ) at 20:49| Comment(7) | サケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

今年は激薄?錦多峰河口

河口規制まで残す処10日ほど

170820nishitappu1.jpg

例年なら河口にはもっと多くの釣果が上っているはず

今朝も全体(と言っても導流堤内河口の一部で)で片手ほどの成果だった模様、午後の状況は誰かがUPすることと思います。

こんな低確率の中、当然私に釣果があるはずもありません

170820nishitappu2.jpg

夜が明けると海面にサケの背ビレが多数見え、キャストすれば鈎に引っ掛かるんじゃないかと思うほど岸寄りしていたのが今では遠い昔のように魚景はなし

本来立入禁止場所である導流堤先端部(ただし、河口規制前なので内水面漁業調整規則違反ではありません)の一等地でさえ釣果を見ることさえなく

岸から150mほど沖のボート釣りにさえ釣果は確認できません

170820turibune.jpg

もしかするとサンマ・イカと同じようにサケ・マスも日本200カイリに入る前に中国や台湾の漁船団に根こそぎ水揚げされているのかもしれません。

釣人はこの日曜も例年並みに押寄せていますが鮭の遡上が本格化するのは中国漁船団がサケマス漁に飽きた後の河口規制期間入(9月1日)以降なのでしょうか。

当分の間、いただいたコメントは承認制とさせて頂きます
posted by key (キィ) at 22:13| Comment(4) | サケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

規制前の河口

規制前の錦多峰河口

本日(19日)午後3時過ぎの状況

170819nishitappu.jpg

「朝2本釣れたのを見たって言う人がいて、今日はまだ2本だけらしいよ。釣れてないらしいけど折角餌も持って来たからこれから少し振っていこうかと」と、様子を見に来ていたご主人が用意をして河口に行きました。

わたくし、今日は車に釣り道具は忍ばせておりません。

夕間詰めの状況は分かりませんが遡上して来る鮭より釣り人の数が多いのは疑いの無い事実の様です。

明朝、ロッドを担いで仲間に入るべく、今夜はもう寝ます。

当分の間、いただいたコメントは承認制とさせて頂きます m(_ _)m

posted by key (キィ) at 22:15| Comment(2) | サケ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする